建設資材データベーストップ > 話題の新製品 > カネシンが座金とボルトを一体成型した『座付フラットボルト』を発売

株式会社 カネシン(本社:東京都葛飾区、代表取締役:吉田 孝志)は、座金とボルトを一体成型した『座付フラットボルト』を10月1日に発売した。


■製品の概要
羽子板ボルトのかんざしや、ホールダウン金物用のボルトとして使用。
ハウスプラザ確認検査株式会社「くさび引張試験」において、JIS B 1051で規定する強度区分4.6、M12(並目ネジ)ボルトの最小引張り強さである33.7kNを上回る耐力を有し、頭部とボルト円筒部の付け根が破断しないことを確認済み。座金部裏面の突起が空回りを防止し、追い締めも可能。
7mmの座掘り深さで木材とフラットに仕上がるため、最小限の断面欠損で済む。また、ボルトと座金をセットする手間が省けており、施工効率の向上に寄与する。

■標準価格(税抜き)
ZFB-110:115円
ZFB-125:120円
ZFB-140:125円
ZFB-110BN:120円
ZFB-125BN:125円
ZFB-140BN:130円
※いずれも梱包は50本/ケース

■問合せ先
株式会社 カネシン
TEL:0120-106781
http://www.kaneshin.co.jp/

 

同じカテゴリの新着記事

最新の記事5件

カテゴリ一覧

バックナンバー

の特集記事資料館フィード