建設資材データベーストップ > 話題の新製品 > オートデスク「Autodesk Revit」と日積サーベイ「NCS/HEΛIOΣ」がデータ連携

オートデスク株式会社(本社:東京都中央区、代表取締役社長:ルイス・グレスパン)と株式会社 日積サーベイ(本社:大阪市中央区、代表取締役社長:生島宣幸)は、両社が提供する建築設計向けソフトウェアについて、IFC形式でデータ連携させる技術を共同で開発することを発表した。

「Autodesk Revit」「NCS/HEΛIOΣ」

■開発の概要
オートデスクの建築物の設計/施工向けBIMソフトウェア「Autodesk Revit」で作成された詳細な3次元設計情報から、積算に必要な情報をIFC形式で日積サーベイの建築数量積算・見積書作成システム「NCS/HEΛIOΣ」(ヘリオス)に取り込み、日本の建築数量積算基準に合った精度の高い積算・見積を簡単な操作で作成できるようにする。
今回の技術が提供されることで、これにかかる業務負荷や作成の人為ミスの低減が期待できる。また、設計途中でも精度の高い概算が可能になりますので、全体予算を考慮しながら設計を進めることができるようになる。さらにこれらの効率向上により、これまで積算・見積作成にかかっていた作業時間の大幅な削減につながる。
2013年4月より日積サーベイのヘリオスに搭載して提供開始する予定。

また、これに先立ち、10月31日より全国7拠点で開催される日積サーベイのセミナー「ヘリオスフェスタ」で、本技術のコンセプトを紹介する予定(ヘリオスフェスタ概要:http://www.nisseki-survey.co.jp/)。

■問合せ先
株式会社 日積サーベイ
http://www.nisseki-survey.co.jp/

オートデスク株式会社
http://www.autodesk.co.jp

 

同じカテゴリの新着記事

最新の記事5件

カテゴリ一覧

バックナンバー

の特集記事資料館フィード