建設資材データベーストップ > 話題の新製品 > 環形蛍光ランプ30形とほぼ同等の大きさ・明るさのランプ LEDユニットフラット形『1700シリーズ』

東芝ライテック株式会社(本社:神奈川県横須賀市、代表取締役社長:渋谷 徹)は、『E−CORE(イー・コア)』LEDユニットフラット形に、環形蛍光ランプ30形とほぼ同等の大きさ・明るさを実現した『1700シリーズ』をラインアップし、専用器具とともに12月25日に発売した。

1700シリーズ

■製品の概要
薄形構造のGX53口金を採用し、独自の放熱技術や電源小形化技術を組み合わせることで、LEDならではの薄くコンパクトな形状を実現したLEDユニット。
電源内蔵のLEDユニットで、電球を取り替えるように自由に光源を交換できる。器具の施工後でも、用途や環境に応じて、器具本体を取り替えることなく光色を変更することが可能。
新シリーズは、従来シリーズと同様に薄形サイズ(外径205mm、厚さ30mm)を維持しながら、環形蛍光ランプ30形とほぼ同等の大きさ・明るさ(昼白色:1700ルーメン、電球色:1530ルーメン)を実現した。
また、専用器具として、マンションの共用部や住宅の玄関などに使用されることの多い小形シーリングライトを同時発売。今後も専用器具のラインアップを順次拡大する。

■問合せ先
東芝ライテック株式会社
TEL:03-5479-1079
http://www.tlt.co.jp/

 

同じカテゴリの新着記事

最新の記事5件

カテゴリ一覧

バックナンバー

の特集記事資料館フィード