建設資材データベーストップ > 話題の新製品 > 豊富なパネルバリエーションで住宅外観をより個性的に演出する『ベランダ手すりモダンパネル』

株式会社 LIXIL(本社:東京都千代田区、社長:藤森 義明)は、『ベランダ手すりモダンパネル』に、笠木とパネルを一体としたものや門まわり商品とデザインをあわせたものなど、新商品4機種(『パネル一体タイプ』『縦格子一体タイプ』『ジオーナパネルYP型/LP型』『エコリル(ウッド)格子』)を追加し、トステムブランドから2013年3月に発売する。

『ベランダ手すりモダンパネル』

■製品の概要
RC造に対応できるツインボルト工法を採用。
RCの納まりに対応したボルト工法に、ツインボルト工法のツインアンカーをラインナップしており、躯体に合わせて選択が可能。
また、各柱にはスリーブで対応するため、すべての柱でツインアンカーを使用できる。
各製品の概要は下記の通り。

『パネル一体タイプ』
透明感のあるパネルが、外観をスタイリッシュな印象に演出する、笠木と上枠が一体化したデザイン。
笠木と上枠を一体化することでシンプルさを追求している。
また、面材と笠木をユニット化しており、面材を柱に仮置きすることができるため、施工時間の短縮や人員の削減が可能。
パネルには採光性の高い4カラー(クリア、クリアマット、ガラスクリア、ガラスクリアマット)に加え、オリジナルの加工技術により布とアクリルを一体化し、布の繊細なデザインとやわらかい素材感、アクリルのクリアでスタイリッシュな印象を持つ「ファブリックパネル」をラインアップ。

『縦格子一体タイプ』
笠木と上枠が一体化したデザインで、建物全体の縦ラインを強調。
細くシャープな印象の縦格子が建物全体の縦のラインを強調し、外観デザインを引き締める。
また、前面縦格子と一体化した笠木により、手すりのエッジがよりシンプルでスマートになり建物外観をシャープな印象に高める。
柱が裏面に隠れる面材持出し構造のため、スッキリと美しい印象に仕上がる。

『ジオーナパネルYP型/LP型』
パネルが強調されるYP型と、フレームが強調されるLP型の2デザインをラインナップ。
門扉、フェンスなどの門まわりや玄関ドアとのデザインを合わせた面材で、統一感のある外観が実現。

『エコリル(ウッド)格子』
リサイクル原料から生まれたエコロジー素材を使用し、ナチュラルな質感と優れた耐久性を兼ね備える。
同素材のスクリーン「コートラインII」とのコーディネートでナチュラルなイメージの外観を高める。

■参考価格(税抜き)
パネル一体タイプ:75,000円/m〜
縦格子一体タイプ:57,000円/m〜
(いずれも、H901mm〜H1100mm、床支持納まり)
※工事費・配送費含まず

■問合せ先
株式会社 LIXIL
TEL:0120-126-001
http://www.lixil.co.jp/

 

同じカテゴリの新着記事

最新の記事5件

カテゴリ一覧

バックナンバー

の特集記事資料館フィード