建設資材データベーストップ > 話題の新製品 > 自然冷媒CO2ヒートポンプ給湯機『日立業務用エコキュート』新モデルが発売

日立アプライアンス株式会社(本社:東京都港区、取締役社長 : 山本 晴樹)は、自然冷媒CO2ヒートポンプ給湯機『日立業務用エコキュート』15kWタイプの新しいラインアップとして「CDシリーズ(一般地仕様)」を4月20日に「CDKシリーズ(寒冷地仕様)」を5月20日に発売する。

日立業務用エコキュート

■製品の概要
湯を沸かす15kWヒートポンプユニット1台と、湯をためるタンク容量560Lの貯湯ユニット1台〜3台の組み合わせを基本システムとし、8システムまで連結可能。
水道水を瞬間的に設定温度に沸き上げて給湯する「水道直圧給湯」方式を採用しており、井戸水や硬度の高い水道水での使用や、ビルの屋上設置を可能にする階下給湯、階上給湯に対応できる。
また「水道直圧給湯」で瞬間的に沸き上げた設定温度給湯(約35〜60度)と、タンクの湯を用いた高温水(約65〜80度)の「2温度同時給湯」も可能(※井戸水や硬度の高い水道水での使用や階下・階上給湯では不可)。例えば、食器洗浄機では約80度/給湯栓では約42度などの異なる温度の湯を同時に給湯できる。加えて、水道圧そのままのパワフルな給湯も実現している。

■問合せ先
日立アプライアンス株式会社 ヒートポンプ給湯機事業企画部
TEL:03-3506-1616
http://www.hitachi-ap.co.jp/

 

同じカテゴリの新着記事

最新の記事5件

カテゴリ一覧

バックナンバー

の特集記事資料館フィード