• お問い合わせ
  • プライバシーポリシー
  • サイトマップ

建築資材、土木資材をはじめとした建設資材、機材、設備、工法等の
データを収録し、スピーディな検索を実現した建設総合ポータルサイト

建設資材データベーストップ > 話題の新製品 > 2007年8月

アイカ工業は、洗面ボウルと一体感のあるアイカスタイリッシュカウンターを8月10日より発売した。同製品は、ボウルとカウンターをシームレス接着することで、天板−ボウル間のつなぎ目部分の汚れを防ぎ、樹脂エッジ部分の見た目をスッキリさせたもの。ボウルは、5月に新発売されたアイカハイマックスボウルを使用、天板には、メラミンポストフォームカウンターとアイカハイマックス(人工大理石)のどちらかを選択できる。なおメラミンポストフォームカウンターは、表面の耐久性が非常に高く、住宅以外にもオフィス・医療福祉施設・教育施設・レジャー施設など様々な施設の洗面カウンターとして使われている製品。


■価格
 アイカハイマックスボウル付メラミンポストフォームカウンター
 規格:幅600×長1200〜
 形状:カウンター形状4種×ボウル形状8種
 ボウル色:1色、カウンター色柄:対応メラミン化粧板700柄以上 
 AICA Stylish Counterカタログナンバー:K149
 85,430円
 ※天板(UGCタイプ 幅600×長1200)+ボウル(HMB1006S06)の場合
 ※税込。水栓金物等別途
■問い合わせ先
 アイカ工業
 TEL 052-409-8088 FAX 052-409-8057
http://www.aica.co.jp/

このページの先頭へ




前田製作所は、「かにクレーンシリーズ」に最小機体寸法の「MAEDAかにクレーン“MC174CW”」を9月1日より発売する。同機は、シリーズ最小機体寸法(コンパクト性 全長1,870×全幅590×全高1,300mm)で、乗用しないタイプでは始めての油圧走行2速切替(走行性の向上)としたほか、アウトリガ張出&格納を一括スイッチ(実用性の向上)とし、電気ハーネス部を集約(整備制の向上)、最大吊能力1.72t×1.0mとした。かにクレーンとは、山間部や狭所な場所でも、機体のコンパクトさを活かし自走で進入できる能力を持ち、機体はコンパクトであるが、アウトリガを4本張出し(地面に設置)、機体を水平に安定させパワフルなクレーン作業が可能なクレーンで、「かにクレーン」の名称は、同社が呼称し、認知されているもの。
 
前田

■価格
 希望小売価格
 4,950,000円
■問い合わせ先
 前田製作所
 TEL 026-292-2228 FAX 026-293-5590
 http://http://www.maesei.co.jp/new07/index.html

このページの先頭へ




TOTOは、単体浴槽の最高級シリーズ「スーパーエクセレントバス MODEシリーズ」に2機種を追加し9月18日より発売する。スーパーエクセレントバス MODEシリーズは、洗練されたシンプルなデザインで、これまでは‘1600mm’‘1800mm’と大型サイズであったが、ユーザーの一坪におさまるサイズが欲しいとの声に応えたもの。形状は長方形の「フレームモチーフモデル」(サイズ:1500mm)・楕円形の「ショートトラックモチーフモデル」(サイズ:1550mm)の2種。両機種とも幅300mmの滝状吐水水栓を標準装備。滝のように美しい水の流れを楽しめるとしている。


■価格
 写真「スーパーエクセレントバス MODEシリーズ」
 タイプ:長方形「フレームモチーフモデル」(サイズ:長さ1500mm×奥行850mm×高さ655mm/
カラー:パラダイスホワイト)
 希望小売価格
 119万1750円〜
 ※税込。工事費別途。
■問い合わせ先
 TOTO
 http://www.toto.co.jp/index.htm

このページの先頭へ




神戸製鋼所と神鋼ボルト、大阪大学大学院名誉教授・大阪工業大学教授 松井繁之氏の3者は、橋梁用床版の一種である鋼板・コンクリート合成床版の施工性向上に寄与する高張力ボルトを、2003年に開発した。両ネジのボルトに落下防止のための節を取り付けた「節付き両ネジ高力ボルト」で、下面のナットの締め付けと塗装を事前に行い、現場では、上面から添接板のはめ込みとナットの締め付けだけで施工が完了するもの。下面からの作業を行うのに必要だった足場が不要となり、施工性が向上した。
2006年には、松井教授を委員長とした『片面施工用高力ボルトの施工性向上に関する研究会』を設立し、同社と神鋼ボルト、松井教授の在職される大阪工業大学など合計8者で、施工性向上とその施工指針作成、試験施工を視野に入れて活動している。
同製品は、施工性の向上とコスト削減に寄与することから、橋梁以外の用途への展開を含め、更なる採用の拡大を目指すとしている。
 
神戸製鋼所

■問い合わせ先
 神戸製鋼所
 http://www.kobelco.co.jp/index.html

このページの先頭へ




旭トステム外装は、雨で汚れを洗い流すセルフクリーニング機能「セルクリンコート」の付いた「Danサイディング」を大幅に増やして8月8日より発売する。同機能が追加されたのは、iD塗装品の新商品、新柄「シャフト?SX(2色)」と新色「ティーレSX(1色)」、iD塗装品以外の超深絞りシリーズ2柄9機種、深絞りシリーズ7柄31機種。また従来の、iD塗装以外の「スリートン」「スパッタ」「単色ビーズ」にもセルクリントコート品と同等のセルフクリーニング機能を持つ「セルクリンコート・ライト品(塗装膜保証なし)」をDanサイディング初めて品揃えしたもの。これにより同社の金属サイディング全体の約6割の品種で防汚タイプを選択することが可能になったとしている。


■問い合わせ先
 旭トステム外装 サービスデスク
 TEL 0570-001-117(ナビダイヤル)
 http://www.asahitostem.co.jp/
 

このページの先頭へ




YKK APは、アルミ本来の素材感を生かした住宅用アルミの新色「ピュアシルバー」を本年発売の住宅用サッシ新シリーズ「エイピアJ」と「エピソード」、およびサッシ窓廻りアイテムとエクステリア商品の一部で発売する。ピュアシルバーは、アルミのもつニュートラルな色調と質感を活かした洗練された印象を持つ。着色処理をせず表面にツヤ消しの表面塗膜を施し光沢を抑えたもの。モダンスタイルの明るい外壁色に、ピュアシルバーのマットな質感のサッシがしっくりとけ込む。


■問い合わせ先
 YKK AP
 http://www.ykkap.co.jp/index.asp

このページの先頭へ




川田テクノシステムは、電子MAP上にデータを登録・検索・管理するデータベースシステム「CALS台帳」を開発、販売開始した。特徴は、?国土地理院の最新データの活用により低コストを実現、?膨大なCDなどの記録メディアに保存された電子納品データの代表的な情報(INDEX情報)のみをパソコンに保存することで、膨大なデータ取り込み作業や運用コストを抑えることが可能。記録メディアはロッカーなどに保管し、必要な場合には、登録された記録メディアの位置情報により情報を取得、?電子納品保管管理だけでなく、図面データ管理台帳、災害状況情報共有、工事情報共有、地点情報整理、市民情報共有など「地図利用による直感的なインターフェイス」により拡張性の高いシステムとなる。
 
新しいイメージ

■価格
 標準価格
 1〜99CAL 150万円
 ※税抜。初年度電話サポートおよび導入設定費1日分込み。
■問い合わせ先
 川田テクノシステム
 http://www.kts.co.jp/
 「CALS台帳」詳細ページ
 http://www.kts.co.jp/seijyou/calsdaichou/

このページの先頭へ




アイリスオーヤマは、単1電池4本で約2年間電池交換が不要の「ガーデンセンサーライト」を8月21日より発売した。従来品は、ソーラータイプやコンセントタイプが主流で、ソーラータイプは雨や曇りの日が続くと発光力が落ちる、コンセントタイプは、電源の確保や配線工事が必要なので、好きなところに設置できないという使いづらさがあった。本製品は、電池式により手軽に、どこでも設置でき、ハイパワーLEDライトにより、暗がりを明るく照らすというもの。


■問い合わせ先
 アイリスオーヤマ
 http://www.irisohyama.co.jp/index.html

このページの先頭へ




鷹山工房では、高輝度蓄光磁器「ルナウエア」シリーズにドロップ状の新製品「ルナドロップ」を発売した。ルナウエアは、有田焼の上絵(うわえ)技術を基にした、磁器製品でありながら高輝度発光の蓄光特性を持たせた磁器製蓄光・蛍光製品シリーズで、同社では昼の光をためて夜道を照らす「ルナタイル」や避難誘導灯「ルナセーフティブライト」などを開発している。ルナドロップは、小石状になっているため、決まった位置に設置しないで良いので、非常に使い勝手が広くなったもの。エントランス等に線状に配置したり、階段のふちに配置して導線としての効果を得るほか、星空のイルミネーションとしての演出など用途はさまざま。対候性、耐水性も高く外部でも水中でも半永久的に利用できるとしている。


■問い合わせ先
鷹山工房
TEL/FAX 0955-42-5657
E-mail:info@yozankobo.net
http://www.yozankobo.net/index.htm

このページの先頭へ




日新工業は、完全常温のアスファルト防水工法「プレスト工法」を開発した。同工法は、改質アスファルトと新素材を組み合わせた常温型コンパウンド(プレストコート)と改質アスファルトルーフィングを積層する防水工法。プレストコートは、大気中の湿気により常温で硬化するため火気を使用しなくても溶融・塗布ができ煙や臭気を発生させないという。煙や臭気が発生しないので、これまでアスファルト防水が不向きとされてきた市街地の建物、室内のほか、建築物の改修工事などの防水工事に最適としている。
 
防水

■価格
 設計価格
 6,800円/m2〜14,400円/m2
■問い合わせ先
 日新工業
 http://www.nisshinkogyo.co.jp/index.html

このページの先頭へ




前の10件
メルマガ登録

最新の記事5件

カテゴリ一覧

バックナンバー

の特集記事資料館フィード