• お問い合わせ
  • プライバシーポリシー
  • サイトマップ

建築資材、土木資材をはじめとした建設資材、機材、設備、工法等の
データを収録し、スピーディな検索を実現した建設総合ポータルサイト

建設資材データベーストップ > 話題の新製品 > 2007年10月

ビニフレーム工業は、積雪地向け折板屋根カーポート「ブローニ」を発売した。耐積雪量100cmで4本柱(従来品は6本)、150cmで6本柱(従来品は8本)と同社の従来品に比べ、強度はそのままに柱本数を減らし、車の出し入れがスムーズになったもの。特長は、?雪に強い(折板厚:0.8mm (100cm • 4本柱) / 0.6mm (150cm • 6本柱)耐積雪量は比重0.3で算出)、?耐風強度44m/秒相当で、風の強い沿岸部での設置を考慮、?桁のサイズを300mmにすることで積雪時の桁のたわみを軽減、不安を解消した。


■問い合わせ先
 ビニフレーム工業
 http://www.vinyframe.co.jp/

このページの先頭へ




セイキグループは、今まで防犯対策ができなかった外開き窓や辷り出し窓などへ簡単に取付け可能な「室内面格子(固定タイプ)」を新発売した。「防犯性の高い建物部品」に登録されたCPマーク取得商品で、頑丈な面格子が住まいの安心を確保するもの。太くて丈夫な格子、躯体まで届く長く丈夫なネジ、防犯用特殊ネジの使用で高い防犯性を実現した。取付対象窓は、外開き窓、辷り出し窓、ルーバー窓、FIX窓の4種。なおCPマークは、決められた施工・取付けの条件内にて適用となる。


■問い合わせ先
 セイキグループ
 http://www.seiki.gr.jp/
 

このページの先頭へ




グローエジャパンは、フェミニンで情緒的な洗面水栓シリーズ「アリア」を発売した。写真はアリア洗面混合栓(21091 00J)。特徴は、思わず手を伸ばしたくなるような流線型のラインに、斜めに切り込んだ断面のようなハンドル。まるでリップスティックのような官能的なフォルムに仕上がっているもの。表面は、特殊な光沢剤を練りこんだ厚めのクロームめっき Grohe StarLight で仕上げており、輝きを維持する。ラインナップは、?水のみ使用するトイレの手洗いなどに最適な単水栓、?湯水の調整を左右のハンドルで行う2ハンドル洗面混合栓の2種で、混合栓は、カウンターへの取り付け穴が、1穴タイプと3穴タイプの2機種揃えている。


■価格
 アリア 洗面単水栓
 製品番号:20145 00J
 仕上げ:クローム 
 29,500円
 アリア 1穴洗面混合水栓
 仕上げ:クローム 
 排水用引き棒付き
 58,500円
 アリア 3穴洗面混合水栓
 製品番号:20147 00J
 仕上げ:クローム 
 排水用引き棒付き
 98,000円
 ※税抜
■問い合わせ先
 グローエジャパン
 http://www.grohe.co.jp/
 

このページの先頭へ




三協立山アルミは、大型引戸門扉に、外部からの視線を遮る目隠しタイプ「グラフェードRM」(竪目隠しタイプ/パンチングパネルタイプ)を発売した。特長は、?竪目隠しタイプ→アルミ形材の竪格子意匠。大型フェンス「フレランド」との意匠コーディネートが可能、?パンチングパネルタイプ→アルミパネルに直径5mmのパンチングを施した、プライバシーを保護しつつ扉の向こうが確認できる意匠、?外からの視線を遮る「高さ1800mm」を規格サイズに設定、プライバシーを守る目隠し扉で防犯性に配慮、?錠框、錠受け框にロック機能のついたキャスターを設定し、風等による扉の自走を防ぐなど安全性に配慮した、等。
 


■価格
 グラフェードRM 竪目隠しタイプ(写真の場合)
 サイズ:高さ1,800×幅6,000mm 色:アーバングレー
 827,200円(スチールレールタイプ、くぐり戸なし)
 ※税抜。工事費は別途。
■問い合わせ先
 三協立山アルミ
 http://www.sankyotateyama-al.co.jp/
 
 
 

このページの先頭へ




東洋エクステリアは、積雪地域や強風地域向けに全天候型通路用シェルター「ビートヤードBY−2型」を開発、11月1日より発売する。特長は、?積雪荷重:1m(3,000N/m2)長期荷重を実現し、雪が屋根に積もったままでも長時間にわたって耐える強靭な長期荷重タイプ、?基準風速:V0=46m/秒を実現し、積雪地域だけでなく、台風の多い地域でも安心して設置、?積雪地域向けの住宅用カーポートで実績のあるスチール折板の屋根材を規格品として採用した長期荷重タイプ通路用シェルター、?単独仕様や連棟仕様からT字交差、十字交差、90度コーナーや傾斜地にも対応、?ユニバーサルデザインを取り入れたオプションも用意、等。
 


■問い合わせ先
 東洋エクステリア
 http://www.toex.co.jp/default.htm

このページの先頭へ




東洋エクステリアは、ユニバーサルデザインに基づいた「アルミノンレールキャスター式引戸「パラレーロAL型」を開発、11月1日から発売する。握りやすい把手や足が当たりにくい位置にストッパーを採用するなど使いやすさと安全性に配慮したもの。高さは1.2m、1.4m、1.6mを用意、間口幅は約3mから約10mまで10サイズ用意し、豊富なサイズバリエーションを展開している。特長は、?握りやすい把手など使いやすさと安全性に配慮した引戸のユニバーサルデザインを追求、?間口幅×高さの組み合わせは30通りあり、広い間口にも対応できるサイズバリエーションを用意、?複連式は、6mの間口幅でも引き込み幅は約4mであり、スペースを有効活用できるコンパクトな収納が可能、?風などによる引き戸本体のがたつきを防止するなど、使いやすさを追求した、等。
 


■価格
 アルミノンレールキャスター式引戸「パラレーロAL型」(写真)
 片引タイプ 複連式 Aタイプ(井桁格子タイプ) 間口幅:6,003mm、高1,600?
 カラー:シャイングレー 
 833,700円
■問い合わせ先
 東洋エクステリア
 http://www.toex.co.jp/default.htm
 

このページの先頭へ




東京電力と古河電気工業は、光ファイバーケーブルを接続・分岐する接続箱「架空光エコクロージャ」を共同開発した。同製品は、環境負荷の低減と作業性の向上によるコストダウンを実現したもの。従来の接続箱は、決まった仕様のため、光ファイバーの容量が大きくなる場合などには、接続箱を交換したり、使用済みの外装材(スリーブ)を廃棄物として処理していたという。新製品の開発により、既設の接続箱を生かしたまま光ファイバーケーブルを最大8条、600芯まで拡張することができるようになった。これにより年間約1200個の接続箱の交換が不用になり、年間約3tの廃棄物が削減できるとしている。また撤去した光ファイバーケーブルの一部をスリーブに使用することも可能となった。
 


■問い合わせ先
 古河電気工業
 TEL 03-3286-3050
http://www.furukawa.co.jp/

このページの先頭へ




文化シャッターは、建物内部専用の防火防煙シャッターで最大開口部面積80?まで対応する「スーパーワイドFC-76」を11月1日より新発売する。火災時に煙または熱感知器と連動して自動閉鎖するもの。国土交通大臣認定(CAS-0252)を取得したシャッターで、新開発のスラットを採用、最大間口で11m、最大高さで10m、最大間口面積で80?まで対応するもの。アトリウムやロビー、エスカレーターまわりなどに設置する場合、連装用の中間柱が不要となるため、広くスッキリした空間が実現できるとしている。
 


■価格
 標準価格
 3,300,000円(手動タイプ 間口11m×高5mの場合)
 ※税込。製品代。取付工事費および運搬費別途。
■問い合わせ先
 文化シャッター コンタクトセンター
 TEL 03-5844-7111
 http://www.bunka-s.co.jp/

このページの先頭へ




三菱電機は、壁スイッチで簡単に3段階に調光できる施設用照明器具「Easyecoもっとeco」シリーズを2008年1月7日から発売する。特長は、?壁スイッチなどで電源をオン/オフするだけの簡単な操作で、高周波(Hf)点灯専用ランプの明るさを、明るいモード(100%調光)、ecoモード(85%調光)、もっとecoモード(70%調光)の3段階に調光でき、省エネに貢献する、?ecoモード(85%調光)の明るさは従来のラピッド磁気式器具と同等で、建物のリニューアルで既存の器具と交換するだけで約30%省エネできる、等。
 


■問い合わせ先
 三菱電機
 http://www.mitsubishielectric.co.jp/index.html

このページの先頭へ




YKK APは、業界最高水準の耐風圧強度Vex=46m/sを実現したカーポート「レオンポート/レオンポートDX」を10月25日発売した。台風被害の多い九州・四国や本州の太平洋側といった強風地域でも安心して使用できるもの。鼻隠しのデザインの違いで「レオンポート」と「レオンポートDX」がある。柱のタイプやカラー(ブラウン、カームブラック、プラチナステン)も好みで選択できる。1台用と2台用がある。


■価格
 「レオンポートDX」1台用(写真の場合)
 55‐30サイズ 丸柱タイプ 
 351,500円
 ※部材標準販売価格。スチール折板屋根ふき材、施工費、搬入費は別途。
 ※税抜
■問い合わせ先
 YKK AP
 http://www.ykkap.co.jp/

このページの先頭へ




前の10件
メルマガ登録

最新の記事5件

カテゴリ一覧

バックナンバー

の特集記事資料館フィード