建設資材データベーストップ > 話題の新製品 > 2008年11月

永大産業は、普及型のシステムキッチン「セレラ」をフルモデルチェンジし、11月28日よりシステムキッチン「ラフィーナ」を新たに発売する。同製品は、新たに開発したシャープな印象を与えるシンク「レイヤードシンク」を採用。従来品と同じシンク容量を維持しながら幅をコンパクトにし、ワークトップ上に広い調理スペースを確保したもの。ベースキャビネットにも改良を加え、保管場所に困っていたキッチンペーパーやまな板、調味料などをキャビネットの中にすっきりと収められるよう、専用の収納部材を開発し、より一層使い勝手を向上させた。さらに対面キッチンに求められるインテリア性に配慮し、鏡面調扉や浮造り調扉など7タイプ25柄のバリエーションを用意。カップボードとの組み合わせで、キッチンを中心としたゆとりの空間を実現したとしている。

■価格
 参考セット価格(写真の場合)
 1,001,000円(扉柄:浮造りsumizome)
 キッチン部間口2,570?
 ※税込
■問い合わせ先
 永大産業 住設事業部
 TEL 072-241-5530
 http://www.eidai.com/

このページの先頭へ




大建工業は、空間の広がりはそのままに、視線をさえぎり、光と風を通す、シンプルでモダンな縦格子デザインのパーティション「格子間仕切」を11月21日から発売する。特長は、?床から天井まで縦格子が通るデザインで、光と風を通し、圧迫感を与えることなく視線をさえぎるなど、開放感を損なわずに程よく空間を間仕切る、?シンプルでモダンな縦格子デザインは空間にスタイリッシュな印象を与え、アクセントとしての役割を果たす、?同社のリビングドアの主力シリーズであるRIIIシリーズとコーディネート可能な8柄と、木肌の風合いと質感を再現した<うづくり調>シートを採用したレリーフアートシリーズとコーディネート可能な3柄の、2タイプ11柄のカラーバリエーションをラインナップ、?幅590?、900?、1,210?、1,520?、1,830?の5タイプのサイズプランを用意し間口に合わせた施工が可能。高さは天井高に合わせ2,200〜2,600mmの範囲で製品カット対応できる。

■価格
 写真の場合
 「格子間仕切」スーパーペール(900mmプラン)の施工例。
 900幅・うづくり調シートタイプ 
 184,800円
 ※税込
■問い合わせ先
 大建工業
 http://www.daiken.jp/

このページの先頭へ




古河テクノマテリアルは、10月31日、同社のケーブル・バスダクト貫通部防火措置キット「耐火ブロック工法 ロクマル®」(特許第4142263号)において、施工性に優れた工法であるとして社団法人 建築・設備維持保全推進協会(BELCA)による「優良補修・改修工法等」の評価を取得したと発表した。
施工性が優れていると評価されたポイントは、?基本的な施工は耐火ブロックを詰めるだけであり、専門技術や工具が不要、材料点数の単純化、軽量化等により、簡易に均一な施工品質を維持できる。?その後の改修時にもブロック材が適切な状態であれば、製品の再利用が可能であり復旧施工が容易である、の2点。 同製品の特長は、?解体・復旧が容易:ケーブル引替えの際は、ブロックを取り外すだけで配線工事が行なる、?材料は再利用可能:解体時に取り外したブロックは、復旧時に再利用できる、?電動工具不要:基本的には耐火ブロックを詰めるだけで、電動工具や専門的な加工技術は必要ない、?粉塵・騒音なし、?端材・ゴミ最小限:処理費用を削減、?後始末簡単:重い機材の運搬や、粉塵・端材の片付けも無く、施工後の後始末が楽。
 

 
■問い合わせ先
 古河テクノマテリアル
 http://www.fitec.co.jp/ftm/index.htm

このページの先頭へ




サンゲツは、学校や図書館などの教育・公共施設や医療・福祉施設、宿泊施設など各種施設で使用できる全点防炎品のカーテン新見本帳「コントラクトカーテンVOL.6」を11月20日発表、収録製品を発売する。収録点数は600点で、全点「サンゲツカーテン・リサイクルシステム」の対象品。環境配慮は、?全点、エコテックス規格100に適応、?全点、ホルマリン検知テストで20ppm以下をクリア、?グリーン購入法に適応した商品が全体の51%以上、?再生ポリエステル糸を重量比50%以上使用したエコマーク認証商品を92点収録、?サンゲツ独自の環境負荷軽減に配慮した非HBCD難燃剤の使用商品を全体比で89%収録。見本帳の編集は、施設カテゴリー別でそれぞれの分野に適した色彩計画を「イメージ&カラーコーディネイト」として提案、商品選定の参考になるとしている。
 

 
■問い合わせ先
 サンゲツ
 http://www.sangetsu.co.jp/

このページの先頭へ




トステムは、内装建材の主力商品である「ウッディーライン」シリーズの室内ドアをリニューアルして、11月から全国で順次発売する。新開発の「ソフトクローズ機構」を搭載することにより、戸当たり衝突音を緩和し、指挟み事故も起きにくくするなど、安全に配慮した設計となっているもの。最新のインテリアデザインに対応した、新デザイン6種類、新カラー4色を、同社の内装建材の主力製品である「ウッディーライン」シリーズに追加した。特長は、?戸当たりと衝突音を緩和する「ドアソフトクローズ」(特注)、?新たに扉デザイン6種類を追加した30種類の豊富なデザイン、?新カラー4色を追加し、全カラー14色(ベースカラー7色、トレンドカラー7色)の豊富なカラー、?新色ファインシルバー(パール仕様)を標準採用したドア把手、?ドアの開閉音を小さくする「消音ラッチ」、?デザインを引き立てる「隠し丁番」(特注)、?れがつきにくい「クリーンHPJシート」(ハイプロテクト樹脂)採用、?基材に間伐材をリサイクルしたMDF(中質繊維板)採用で、環境配慮設計、?「ワンタッチ取付け式台座」で施工性が向上、?微調整がドライバー1本で簡単にできる「3次元調整丁番」。

■価格
 内装建材「ウッディーライン」シリーズ 室内ドア アーバンスタイルインテリア施工例(写真)
 <古木をイメージした抑揚のある木目を縦横組み合わせたシンプルなデザイン>
 カラー :ラスティックモカ
 サイズ :外枠幅 W780?×外枠高 H2306?
       戸本体 W723?×外枠高 H2266?
 把手 :デザイン:スクエアC、
 カラー:ファインシルバーパール仕様
 177,000円 ノンケーシング枠 隠し丁番仕様(特注)
 ※税抜。組立代、取付費、運賃は別途。
■問い合わせ先
 トステム
 http://www.tostem.co.jp/

このページの先頭へ




三協立山アルミは、同社の住宅用サッシ「マディオ」シリーズや大開口サッシ「ビューアート」、ビル用サッシ「MTG-70」「MTG-90」シリーズに取り付け、窓からの眺めはスッキリ、虫の侵入をシッカリ抑える「スッキリ網戸」を発売する(住宅用12月1日、ビル用09年1月5日)。特長は、?開口率アップで視界スッキリ:黒色のモノフィラメント(モノ=単一、フィラメント=細糸。1本のフィラメントで1本の糸としたもの)を使用することで糸が目立ちにくく、スッキリとした視界を確保。網戸の糸の細さを今までの半分以下にすることで網目を細密にし、同社従来品の網戸よりも単位面積当たりの開口率を15%大きくした。?小さな虫の侵入も抑える:網目を従来の18メッシュから35メッシュ(メッシュ数=1平方インチ。1インチ=25.4mm)と細密にし、網目の隙間が当社従来品の1.0mmから0.6mmとなり、小さな虫の侵入を抑えるもの。カラーバリエーションは、「マディオ」の場合:シャンパングレイ、ホットブラウン、サンシルバー、ブラック、ホワイト、ブロンズの6色、「MTG-70」の場合:SLC(シルバー艶消)、GMC(シルバーマット)、UC、BKC、KCなど13色。

■価格
  「マディオP」引違い窓用「スッキリ網戸」(写真の場合)
 サイズ:幅855×高さ2030?
 22,700円
 ※税抜。サッシ本体、搬入・取付費は別途。
■問い合わせ先
 三協立山アルミ
 http://www.sankyotateyama-al.co.jp/

このページの先頭へ




日本フクソーガラスは、学校向けリフォーム用安全・防災・エコガラス「RPP SCHOOL(リフォームペアペンスクール)」を新発売した。同製品は、ガラスの交換だけで断熱と遮熱ができる安全防災ガラス。特長は、?両面安全防災ガラス:特殊フィルムを内側に貼った防災ガラス→室外側、窓に体がぶつかっても、砕けおちない強化ガラス→室内側、?断熱・遮熱性能は省エネガラスの最高位、?有害なUVをカットし、アトピー性皮膚炎などから子供たちの肌を守る、等、?CO2を大きく削減、?ガラスだけの交換で済むので、約3分の1の予算で改修できる、?省エネ効果で光熱費を削減し、ランニングコストを抑えるので、リフォームにかかった費用を回収できる。
 

 
■問い合わせ先
 日本フクソーガラス
 TEL 0123-33-5101
 http://www.nichifuku.com/

このページの先頭へ




戸田建設と積水化成品工業は、格子状の発泡スチロールブロックを用いた軽量盛土技術「EPラティス工法」(Expanded Polystyrol)を共同開発した。気泡モルタルによる軽量盛土工法などより軽量であり、かつコスト縮減が図れるため、発泡スチロールブロックを用いた軽量盛土工法の適用性拡大につながる工法として、今後、関係各所に積極的に提案していくとしている。同工法は、発泡スチロールブロックの軽量性に着目し、そのコスト縮減及び適用性拡大を目的として、格子状の発泡スチロールブロックとその格点部に配置した柱部材からなる複合構造を基本とした新しい軽量盛土工法。盛土に作用する上載荷重などの鉛直荷重は柱部材で受け持ち、地震時などによる水平荷重については柱部材と格子状発泡スチロールブロックとの複合構造により構造安定性を確保する。これにより、従来の発泡スチロールブロックのみによる場合の軽量性には及ばないものの、気泡モルタルを用いた場合よりも軽量であり、かつ経済的となる軽量盛土工法を実現した。
 

 
■問い合わせ先
 戸田建設
 http://www.toda.co.jp/index.html
 積水化成品工業
 http://www.sekisuiplastics.co.jp/

このページの先頭へ




住友スリーエムは、住友梨郷の協力により開発した「止水機能付外壁防水シート」を発売する。同製品は、タッカー釘による貫通孔等からの雨水の浸透に対して、より確実な止水機能を持つもの。ポリオレフィン基材のシートで、建物本体と接する面に独自の吸水コーティング層を設けている。タッカー釘による貫通孔や防水シート重ね部分から万一雨水が浸入した場合でも、吸水コーティング層が水分を吸収、膨潤することで貫通孔を塞ぎ漏水を防ぐとしている。モルタルに接する面には密着性を高めるために不織布層を設け、モルタルに生じたクラックなどから侵入しようとする雨水を阻止する。半透明のためタッカー利用時に下地が確認でき、タッカーの打ち損じを予防できるほか、施工後でも室内が暗くならないなどの利点がある。

■問い合わせ先
 住友スリーエム カスタマーコールセンター
 TEL 0570-011-511
  http://solutions.3m.com/ja_JP/WW/Country/

このページの先頭へ




岡村製作所は、マジックスクリーンガラスパーティション「MGP」を11月5日より発売した。同製品は、液晶フィルムを合わせガラスにして通電することにより、ガラスの透明・不透明を電源のON/OFFで瞬時に切り替えることができる特殊ガラスパネル(ON:透明、OFF:不透明)。この技術に対応した曲面ガラス(Rガラス)タイプも品揃えしており、直線タイプとの組み合わせでより自由なオフィスレイアウトを実現することが可能となった。オフィスはもちろん、その特長を活かして医療施設や商業施設など、さまざまなシーンでの使用が想定できるパーティション。同社の幅広いパネルタイプや表面材を持つマルチパーパスパーティションシステム「PROVATO(プロヴァート)」シリーズとして位置づけられるもの。
 

 
■問い合わせ先
 岡村製作所 お客様サービスセンター
 TEL 0120-81-9060
  http://www.okamura.co.jp/

このページの先頭へ




最新の記事5件

カテゴリ一覧

バックナンバー

の特集記事資料館フィード