• お問い合わせ
  • プライバシーポリシー
  • サイトマップ

建築資材、土木資材をはじめとした建設資材、機材、設備、工法等の
データを収録し、スピーディな検索を実現した建設総合ポータルサイト

建設資材データベーストップ > 話題の新製品 > 2012年11月

パナソニック株式会社 エコソリューションズ社(本社:大阪府門真市、社長:長榮 周作)は、三協立山株式会社 三協アルミ社(本社:富山県高岡市、社長:蒲原 彰三)と、省エネルギー型建材『リフォーム用 内貼断熱パネル・窓システム』を共同開発し、12月より順次展開する。

リフォーム用 内貼断熱パネル・窓システム

■システムの概要
既存の床・壁・天井の解体を行わず、その内側に断熱パネルを貼るだけで簡単に断熱性能を向上させることができ、また、一部屋の部分単位での効果的な改修が可能な内貼断熱パネル・窓システム。
家に住みながら最短3日(12畳相当)という短い工期の上、手頃な価格で、年間冷暖房費約40%削減のリフォームを実現する。パネルは、同社の冷蔵庫などで使用している「真空断熱材」を硬質ウレタンフォームで覆い、表面は鋼板で仕上げることで、13mmという薄さでありながら、強度と高い断熱性能を実現。一般的に用いられる住宅用断熱材であるグラスウール180mmと同等の断熱性能を発揮する。
三協アルミ社との共同開発により、内窓は、建具に合わせたカラーコーディネートを行うことで、トータル提案による空間意匠性が向上する。また、窓枠コーナー部を従来の後付キャップ仕様から、縦勝ち枠納まりに変更することで、大幅に意匠性が向上した。

■問合せ先
パナソニック株式会社 エコソリューションズ社
TEL:06-6908-1131
http://panasonic.co.jp/es/

このページの先頭へ




日立アプライアンス株式会社(本社:東京都港区、取締役社長:山本 晴樹)は、家庭用エコキュート『ナイアガラ出湯』シリーズの新製品として、高効率タイプ6機種を12月1日に発売する。

ナイアガラ出湯

■製品の概要
水道圧をそのまま利用して瞬間的に沸き上げて給湯する「水道直圧給湯」方式を採用しており、浴室のシャワーと台所の2か所で同時出湯しても勢いのあるシャワーが使える。
高効率タイプでは、ヒートポンプユニット内の圧縮機の高効率化や、貯湯ユニット内のタンクの熱損失の低減などにより、省エネ性能を従来比で約6%向上させている。これにより、BHP-FV37LDなど3機種では、貯湯容量320L以上460L未満のクラスで、年間給湯保温効率(JIS)3.5を達成した。また、BHP-FV46LDなど3機種についても、貯湯容量460L以上550L未満のクラスで、年間給湯保温効率(JIS)3.4を実現している。
さらに、ふろ電磁弁の見直しによる流路抵抗低減や、湯はり中のふろ循環ポンプの運転などにより、「高速湯はり」モード選択時の湯はり時間を約7分半とした。
なお、センサーによる検知などで効率的な制御を行う「インテリジェント制御」についても、今年6月以降に発売した機種と同様、使用湯量の節約や節電をサポートする4種類の機能を追加している。

■積算見積価格(税込み)
BHP-FV37LD(貯湯容量:370リットル):939,750円
BHP-FV46LD(貯湯容量:460リットル):1,023,750円

■問合せ先
日立アプライアンス株式会社
TEL:03-3506-1616
http://www.hitachi-ap.co.jp/

このページの先頭へ




トーソー株式会社(本社:東京都中央区、社長:大槻 保人)のトーソー出版は、世界のインテリア見本市と、最新のインテリアトレンドを紹介する書籍『インテリアトレンドビジョン:2013』を12月上旬に発売する。

インテリアトレンドビジョン:2013

■書籍の概要
今年で10冊目を迎える、世界のインテリア情報発信ブック。
毎年、ミラノ・サローネなど世界の主要な見本市をまわり、インテリアの動向を定点観測してきた著者が鋭くレポート。今年は19のイベントを取材し、人気メーカーやデザイナーの新作、素材・製法の傾向を紹介する。
また、今デザインの現場では、どのような考えやキーワードをもとにものづくりが行われているかなど、トレンドを深く読み解き、さらにそれらの情報をもとに、2013年のトレンドスタイルを美しいビジュアルで提案。一番おさえておきたいカラーの傾向も詳しく分析している。

書名:インテリアトレンドビジョン:2013
著者:佐戸川和久/(株)ゼロファーストデザイン
判型:A4変形
頁数:160頁

■標準価格(税込み)
2,520円

■問合せ先
トーソー株式会社
http://www.toso.co.jp/

このページの先頭へ




株式会社 LIXIL(本社:東京都千代田区、社長:藤森 義明)は、内装建材「ウッディーライン」シリーズ『通風建具』に、「ランマ付ドア」「通風窓」を追加し、11月26日に発売した。

通風建具

■製品の概要
家の中に風の通り道をつくり空気を循環させることで、暑さや湿気などを家の中にとどめないようにする「通風」に着目した内装建材シリーズ。
既存ラインナップの「ルーバードア」と「ルーバー引戸」に加え、今回新たに「ランマ付ドア」と「通風窓」の品種を追加。さらに室内に風の通り道をつくりやすくなり、快適な空間を演出しやすくなった。
各製品の概要は下記の通り。

「ランマ付ドア」
最大で180度回転可能な中軸回転式の開閉機能を持たせたランマを採用したことで、ドア本体を開けずに豊富な通風量を確保することが可能。
また、ドア枠の高さを2,400mmに設定したことで、壁に馴染むスタイリッシュな空間を演出できる。

「通風窓」
両開き、突出し、ランマ用の3つの開閉方式を用意。ドアや引戸がなくても、いろいろな部位に取り付けることでき、開口部がなくても風の通り道の確保が可能。また、吹き抜け空間に取り付ければ、天井にこもる熱をはきだすこともできる。
さらに「両開き窓」「突出し窓」では開閉による指はさみ防止金具や、開きすぎを防止するフリクションステーを装備した安全安心設計を採用している。

■標準価格(税抜き)
ランマ付ドア:103,000円〜
通風窓(両開き):99,000円〜
通風窓(突出し):69,000円〜
通風窓(ランマ用):54,000円〜
※いずれも組立代、取付費、運賃含まず

■問合せ先
株式会社 LIXIL
http://www.lixil.co.jp/

このページの先頭へ




株式会社 ウチダシステムソリューション(本社:札幌市中央区、代表取締役社長:山下 司)は、プラント・エンジニアリング業を中心とした建設業向けの『ERP導入事例と現場IT活用事例セミナー』を2013年1月24日に開催する。

ERP導入事例と現場IT活用事例セミナー

■セミナーの概要
同社が提供する基幹システム『PROCES.S』の導入事例および最新情報の紹介と、ダイキン工業がものつくり現場で展開するIT活用についての紹介を予定。
また、ダイキン工業が展開するエンジニアリング設計現場での「流用設計の促進と標準図面の活用」「進捗の見える化」、現場でのCAD図面参照等の事例に関するソリューションについての紹介も予定している。

<開催要項>
日時:2013年1月24日(木)14:00〜17:00(受付開始は13:30〜)
会場:JR品川イーストビル 5階 ダイキン工業セミナールーム
   東京都港区港南2-18-1 JR品川イーストビル(JR品川駅直結)
定員:50名
参加費:無料
申込締切:1月21日(月)
※申込みは以下手段にて受付
エントリーフォーム(http://www.ussol.co.jp/event/20130124/agreement.html
TEL:03-3523-4171
FAX:03-3523-4174(申込み用紙をダウンロード(http://www.ussol.co.jp/event/20130124/entry.pdf))

<セミナープログラム>※敬称略
Part1 14:00〜15:00
「PROCES.S」ユーザーによる事例紹介
講師:コスモエンジニアリング株式会社 情報戦略部長付 グループ長代理 山本 浩司

Part2 15:10〜16:00
「PROCES.S」最新情報・ USSOL新サービス紹介
講師:株式会社 ウチダシステムソリューション

Part3 16:10〜17:00
”ものづくり現場“におけるIT活用事例
 ■ “SpaceFinder”〜開発プロセスマネージメント環境
 ■ “Splashtop for Business”〜現場でのCAD図面参照
講師:ダイキン工業株式会社

■問合せ先
株式会社 ウチダシステムソリューション
TEL:03-3523-4171
http://www.ussol.co.jp/

このページの先頭へ




パナソニック株式会社 エコソリューションズ社(本社:大阪府門真市、社長:長榮 周作)は、LEDベースライト『一体型LEDベースライトiDシリーズ』を12月中旬に発売する。

一体型LEDベースライトiDシリーズ

■製品の概要
6種類の器具と4タイプの明るさの電源内蔵型LEDユニット(ライトバー)の組み合わせで、48品番をラインナップ。明るさに合わせて、さまざまな空間で、照明器具まるごとのリニューアルに適している。
1台の器具本体で4種類の明るさに対応するため、空間レイアウト変更後にも必要な明るさに変更可能。明るさを抑えた電源内蔵型LEDユニット(ライトバー)に変更すればさらなる節電も可能。
高拡散パネルと高反射シートの採用によって、110lm/W以上の高効率で連続した光を実現。直付型5200lmタイプの場合、同社従来蛍光灯器具(FLR40形×2灯)と比較して、明るさ同等以上で約45%の節電が可能。また、器具ごと交換した場合、直付型4000lmタイプでは従来蛍光灯器具(Hf32形2灯定格出力型)と比較して約1.8年で初期投資回収が可能になる。

■標準価格(税込み)
17,325円〜31,290円
※器具と電源内蔵型LEDユニットの組み合わせ価格

■問合せ先
パナソニック株式会社 エコソリューションズ社
TEL:0120-878-365
http://www2.panasonic.biz/es/everleds/

このページの先頭へ




オーデリック株式会社(本社:東京都杉並区、代表取締役社長:伊藤 雅人)は、『連続調光タイプLEDダウンライト』を発売した。

連続調光タイプLEDダウンライト

■製品の概要
白熱灯と同様に連続調光が可能。必要な明るさに調光(別売り調光器が必要)することで、無駄な電力を抑え、省エネに貢献する。
また、ディフューザー(拡散パネル)による柔らかな光や、高演色性(平均演色評価数:Ra85)、6万時間の光源寿命など優れた品質も兼ね備えている。

■標準価格(税込み)
OD 261 323(昼白色タイプ・白熱灯60W相当):7,560円
OD 261 324(電球色タイプ・白熱灯60W相当):7,560円
OD 261 343(昼白色タイプ・白熱灯100W相当):10,710円
OD 261 344(電球色タイプ・白熱灯100W相当):10,710円

■問合せ先
オーデリック株式会社
http://www.odelic.co.jp/

このページの先頭へ




株式会社 インクコーポレーション(本社:東京都葛飾区、代表取締役:入江 尚之)は、「洗えるクロス」の『グラデーションシリーズ』、接着剤不要な床材『クリックウッド』を発売した。

洗えるクロス『グラデーションシリーズ』と接着剤不要な床材『クリックウッド』

■製品の概要
各製品の概要は下記の通り。
いずれも、賃貸物件の経費削減に寄与する。

『グラデーションシリーズ』
10年保証付きで、クリーニングだけでタバコのヤニ、冷蔵庫裏の静電気焼け、油汚れ等が新品同様に戻り、退去時の負担が大幅に軽減できる「洗えるクロス」にシックなカラーの2種を追加。

『クリックウッド』
釘や接着剤を使用せずに貼ることができ、本物のフローリングのような完成度が得られる。また、一枚だけ傷が付いてしまった時も部分貼り替えが可能。
敷き詰めたクリックウッドは、差し込みを外して他の物件でも使うことができ、費用が抑えられ、ゴミが出ないので地球環境の保護にも役立つ。
大小2サイズ・各4色の合計8種をラインナップ。

■問合せ先
株式会社 インクコーポレーション
http://www.inkc.co.jp/

このページの先頭へ




株式会社 LIXIL(本社:東京都千代田区、社長:藤森 義明)は、高い防火性能・高断熱性能・美しいデザインを実現した、国土交通大臣認定防火設備の窓『防火戸FG』シリーズを12月1日に発売する。

防火戸FG

■製品の概要
アルミと樹脂のハイブリッド構造の窓「防火戸FG‐H」と、アルミ構造の窓「防火戸FG‐S」の2タイプをラインナップ。
窓を保持し炎の延焼を抑える補強芯材や新しいガラスの採用などの対策とともに、同社オリジナル技術である、フレームと複層ガラスの一体化によりガラス面積の最大化と断熱性能を向上させる「スマートシナジーシステム」と、障子のフレームの露出を減らす「フレームイン構造」を採用することで、次世代スタンダードウィンドウ「サーモスII」と同等の断熱性能や、スリムなフレームデザインを実現しながら、安定的に高い防火性能を確立した。
また、「サーモスII」で採用している上げ下げ窓機構における上下の障子の段差をなくした「フラットスライド構造」を取り入れたことで、ガラス面積が大きくすっきりとしたデザインの「上げ下げ窓FS」と「採風勝手口ドア」(2013年2月・3月発売予定)により、家一棟分のラインアップが実現する。

■参考価格(税込み)
単体引違い窓、サイズW:1,690mm、H:1,170mmの場合
「防火戸FG‐H」:278,700円
「防火戸FG‐S」:234,000円
※高断熱複層網入りガラス・網戸込み。枠等の組立費、運搬費等は含まず

■問合せ先
株式会社 LIXIL
http://www.lixil.co.jp/

このページの先頭へ




京セラ株式会社(本社:京都市伏見区、代表取締役社長:久芳 徹夫)は、国内住宅向けに展開する太陽電池モジュールで最高出力となる200Wの高出力太陽電池モジュールを製品化し、国内にて太陽光発電システムを販売する株式会社京セラソーラーコーポレーション(本社:京都市伏見区、代表取締役社長:財部 行廣)を通じて販売する。

太陽電池モジュール

■製品の概要
住宅用太陽光発電システム『ECONOROOTS(エコノルーツ)』シリーズの新たなラインアップ。
多結晶シリコン型太陽電池の量産品で、国内住宅用において世界最高となる変換効率17.8% を達成した新型太陽電池セル「Gyna(ガイナ)」など高効率セルを採用している。
原料調達の段階からシリコンの鋳造、切断、ウェハ基板の製造、セルの製造、さらには、太陽電池モジュールの組み立てに至るまで、すべての工程を自社内で一貫。原料を溶融・鋳造する段階以降のあらゆる工程において、品質の改良・改善を加え、性能の向上やコストダウンの実現など、トータルで品質の向上を図っている。

■標準価格(税抜き)
ECONOROOTS type R
KJ200P-3CRCE(外形寸法:W1338×L1012×H36):100,000円

ECONOROOTS type U
KJ200P-3CUCE(外形寸法:W1338×L990×H46):96,000円

ECONOROOTS type G
KJ200P-3CJ2CE(外形寸法:W1341×L990×H36):100,000円

※いずれもモジュール変換効率は約15%

■問合せ先
京セラ株式会社
http://www.kyocera.co.jp/

このページの先頭へ




前の10件
メルマガ登録

最新の記事5件

カテゴリ一覧

バックナンバー

の特集記事資料館フィード