• お問い合わせ
  • プライバシーポリシー
  • サイトマップ

建築資材、土木資材をはじめとした建設資材、機材、設備、工法等の
データを収録し、スピーディな検索を実現した建設総合ポータルサイト

建設資材データベーストップ > 話題の新製品 > 2013年8月

株式会社 淀川製鋼所(本社:大阪市中央区、代表取締役社長:河本 隆明)は、スピーディな取り付けを実現した『ヨドグレーチングナイスキャッチ』を発売した。

ヨドグレーチングナイスキャッチ

■製品の概要
新開発の取付金具により、グレーチング固定用の枠をコンクリート製品に簡単に取り付けることができるため、側溝のコンクリート蓋を速やかにグレーチングに入れ替えることが可能。また、グレーチングを固定用の枠と取付金具でコンクリート製品にしっかりと固定できるため、盗難や騒音・跳ね上がりを抑制できる。

■問合せ先
株式会社 淀川製鋼所
TEL 0120-882667
http://www.yodoko.co.jp/

このページの先頭へ




野原産業株式会社(本社:東京都新宿区、代表取締役社長:野原 数生)は、軽量の人工再生木ルーバー『WOODSPECフェザールーバー』を発売した。

WOODSPECフェザールーバー

■製品の概要
木粉とプラスチック(ポリスチレン)を独自の配合技術により組合せることで、従来品と比較して、軽量でありながら天然木に近い質感を低価格で実現。
軽量で現場での施工性に優れており、芯材の工夫によりボルト固定と背面ビスの2種類が選択可能。また、従来品では難しかった傾斜取り付けにも対応している。

■問合せ先
野原産業株式会社
TEL 03-3357-3141
http://www.nohara-inc.co.jp

このページの先頭へ




株式会社 日立産機システム(本社:東京都千代田区、取締役社長:青木 優和)は、エネルギーコスト削減を実現した『HEポンプシリーズ』を発売した。

HEポンプシリーズ

■製品の概要
標準モータを搭載した一般的ポンプの外郭寸法とほぼ同等の大きさの中に、インバータ制御部、ポンプコントローラ、PM(永久磁石)モータ、ポンプ部を構成し、制御盤を別置することなくポンプの可変速運転が可能。その他、圧力センサとの組合せで、圧力制御をする等の拡張性があり、また、耐環境性に優れたIP44(IP55構造対応も可)の構造も標準とした。

■問合せ先
株式会社 日立産機システム
TEL 03-4345-6072
http://www.hitachi-ies.co.jp/

このページの先頭へ




株式会社 大林組(本社:東京都港区、代表取締役:白石 達)は板状免震マンション向けプレキャスト工法『LRV-W工法』を開発した。

LRV-W工法

■工法の概要
板状免震マンション向けに大幅な工期短縮と省力化を実現したプレキャスト工法。
同社では、超高層タワー型マンション向けの省力化工法として、超短工期プレキャスト工法「LRV工法」を開発し、既に多くの施工実績を有しているが、板状型免震マンションで一般的に用いられる連層耐震壁の省力化は図られていなかった。超高層以外のマンションは、その大多数が板状型マンションであり、一般的に戸境壁(各住戸間を仕切る壁)が1階から最上階まで続く連層耐震壁となっている。従来、連層耐震壁をプレキャスト化しようとした場合には、接続筋が多く配置されるために省力化が難しい箇所となっていた。
本工法は、梁間方向の連層耐震壁について接合方法の簡易化と壁板のプレキャスト化を行い、桁行方向に従来のLRV 工法を組み合わせることにより板状免震マンションの超短工期化と省力化(従来のプレキャスト工法では、躯体工事に1フロア6〜8日かかっていたが、本工法では最短1フロア4日となり、躯体工事の工期を最大50%短縮可能)、ローコスト化(従来のプレキャスト工法と比較して24階建て(耐震壁180枚)程度の建物で、連層耐震壁に関わる部分について約22%のローコスト化が可能)を実現した。
これにより工法の適用範囲が一層拡大し、敷地条件に伴う建物形状やコストなどの諸条件に幅広く対応した提案が可能になった。

■問合せ先
株式会社 大林組
TEL 03-5769-1014
http://www.obayashi.co.jp/

このページの先頭へ




大嘉産業株式会社(本社:大阪市西区、代表取締役:笠井 恒博)は、地球に優しい人工芝『バイオターフ』を発売した。

バイオターフ

■製品の概要
サトウキビの搾りかすを発酵させて作られるエタノールを主原料とする「バイオポリエチレン」を主素材とした人工芝。従来の石油資源の代わりにサトウキビを使用するため有効資源の消費削減に寄与する。また、CO2を吸収する植物を材料としているため、温室効果ガスの排出削減にも効果を発揮する。

■問合せ先
大嘉産業株式会社
TEL 03-6716-0885
http://www.daika-net.com

このページの先頭へ




昭和鉄工株式会社(本社:福岡市東区、代表取締役社長:山本 駿一)はダグタイル鋳鉄の可能性を活かした次世代防護柵『応力集中型ダグタイル鋳鉄製防護柵 ダグライト』を発売した。

応力集中型ダグタイル鋳鉄製防護柵 ダグライト

■製品の概要
同製品は「軽く」「スマートに」をコンセプトに形状を一新。同社が長年培った技術である「応力を安定して吸収する構造」の機能は従来通り継承させ、防護柵として重要である足下(定着部)にこだわり、鋳物の特徴といえる「伸び」と「圧縮」をバランスの良い形状で整え、必要強度の確保と安定した変形を実現している。
また、高い強靭性を誇るダグタイル鋳鉄の使用により実現した支柱形状は、ボリュームを極限まで低減し、従来型の特徴であった曲線ラインや奥行き感をスリムなものとしたことで景観性(透過性)を高めている。加えて、従来の「ダグタイル鋳鉄製=重い」というイメージを払拭すべく、防護柵の基本性能として必要な部分は残し、それ以外で不要と思われる部分を徹底的に見直した結果、メートル当りの重量が13%減の軽量化を実現した。
ダグタイルの表面処理は素地に溶融亜鉛めっきを施し、さらに塗装との密着性を高めるため、特殊な前処理を施している。仕上げ塗装にも高耐久塗装117Sを標準仕様とし、ニーズに応じてフッ素樹種系塗装や静電粉体塗装にも対応している。
塗装色のバリエーションは、ダークブラウン・グレーベージュ・ダークグレーの3色をラインナップしている。

■問合せ先
昭和鉄工株式会社
TEL 092-651-2939
http://www.showa.co.jp/

このページの先頭へ




有限会社 リビングCG(本社:東京都港区、代表取締役:関 良平)は、ArchiCAD専用アドオンソフト『ArchiSuite16』を発売した。

ArchiSuite16

■製品の概要
グラフィソフト社の「ArchiCAD」をフルサポートする全13機能を搭載し、スムーズな作図を実現するアドオンソフト。
新たに、レーザスキャナで測定した全測定点(点群)を、解像度(データ量)をスライドバーで調整しながら「ArchiCAD」上に表示させる「点群変換機能」などが追加された。

■問合せ先
有限会社 リビングCG
TEL 03-6894-7502
http://www.archisuite.jp/

このページの先頭へ




大建工業株式会社(本社:大阪市北区、社長:澤木 良次)は、杉や栗、栃(とち)など、国産樹種を表面化粧材に採用した内装建材『日本の樹シリーズ』にて、最高級グレードフローリング『エクオス日本の樹 至高』を8月21日に発売した。

エクオス日本の樹 至高

■製品の概要
同社独自のWPC加工(木材組織にプラスチックを注入・充填し、硬化させる加工技術)を施した厚さ2mmの国産の杉材または栃材単板を複合フローリングの表面化粧材に用いることで、無垢材に匹敵する美しさ・温かみとともに、傷や汚れに強い、床暖房の仕上げ材としても対応可能といった性能、また複合フローリングならではの品質面の安定性を全て実現した。

■標準価格(税抜き)
<杉(木肌)>:34,000円/梱(6枚・1.58平方メートル)
<栃(絹肌)>:43,000円/梱(6枚・1.58平方メートル)
※各サイズ:12mm厚さ、145×1,818mm

■問合せ先
大建工業株式会社
TEL:0120-787-505
http://www.daiken.jp/

このページの先頭へ




大関化学工業株式会社(本社:神戸市東灘区、代表取締役社長:津田 庄平)は、止水・補修用充填材『とめたろう』を発売した。

とめたろう

■製品の概要
特殊な超速硬性無機化合物を主成分とする結合材で、止水工事、緊急工事等に適している。
水を加えて練り混ぜ、硬化直前に漏水部分に強く押し当てることによって容易に止水することが可能。
短時間に急速硬化し、高強度を発現するとともにコンクリートやモルタルへの接着性に優れる。
また、特殊な技術や道具を必要としないため施工が容易で、有害成分もなく安心して作業ができる。

■問合せ先
大関化学工業株式会社
TEL:0120-417786
http://www.ozeki-chemical.co.jp/

このページの先頭へ




住友ゴム工業株式会社(本社:神戸市中央区、代表取締役社長:池田 育嗣)は独自の高減衰ゴムの採用により、地震の揺れを吸収し、家の損傷を軽減することで、住む人の安全と大切な住まいを守る木造住宅用制震ダンパー『MIRAIE[ミライエ]』のリフォーム対応品『MIRAIE・リフォーム』を開発した。

MIRAIE・リフォーム

■製品の概要
構造用合板を使用したパネルタイプの制震システム。
同社独自で開発した特殊な高減衰ゴムを左右に設置し、地震発生時に起こる振動を熱エネルギーに変換することで、地震の揺れを吸収する。
また、その後も繰り返し発生する余震の揺れも軽減することで、家の損傷を抑えることができる。
一般財団法人 日本建築防災協会の技術評価取得に向けて申請手続きも進めていく予定。

■問合せ先
住友ゴム工業株式会社
http://www.srigroup.co.jp/

このページの先頭へ




最新の記事5件

カテゴリ一覧

バックナンバー

の特集記事資料館フィード