• お問い合わせ
  • プライバシーポリシー
  • サイトマップ

建築資材、土木資材をはじめとした建設資材、機材、設備、工法等の
データを収録し、スピーディな検索を実現した建設総合ポータルサイト

建設資材データベーストップ > 話題の新製品 > 2014年10月

株式会社 建築ピボット(本社:東京都文京区 代表取締役社長:千葉 貴史)は『平成26年版特記仕様書CADデータ』を、構造システム・グループのオンライン販売(http://online.kozo.co.jp/index.asp)にて発売した。
 
建築ピボットが『平成26年版特記仕様書CADデータ』を発売
 
■製品の概要
国土交通省大臣官房官庁営繕部監修「公共建築工事標準仕様書」(平成25年版)に基づいて一般社団法人公共建築協会が 編集・発行している「公共建築工事標準仕様書平成25年版」の、特記が必要な部分のみを抜き出した仕様書。
「建築工事編」「電気設備工事編」「機械設備工事編」の3編で構成され、データの形式は「DRA-CAD」「AutoCAD」「Jw_cad」「DXF」「SFC」の各種となっている。
 
■標準価格(税込み)
『平成26年版特記仕様書CADデータ』
建築工事特記仕様書:58,320円
機械設備工事特記仕様書:19,440円
電気設備工事特記仕様書:6,480円
構造関係共通図(共通事項):6,480円
構造関係共通図(鉄骨標準図):12,960円
構造関係共通図(配筋標準図):32,400円
区分表:6,480円
建築仕上表:6,480円
建築建具表:12,960円
 
■問合せ先
株式会社 建築ピボット
http://www.pivot.co.jp/

このページの先頭へ




福井コンピュータアーキテクト株式会社(本社:福井県坂井市、代表取締役社長:林 治克)は、BIM建築設計システム『GLOOBE』を、初期費用不要でリーズナブルな価格にて利用可能な『GLOOBEレンタルパック』を、11月4日に発売する。
 
福井コンピュータアーキテクトが『GLOOBE レンタルパック』を発売
 
■製品の概要
豊富な日本仕様の建材データや自由度の高いデザイン機能、基本設計を元にした実施設計、建築基準法に沿った法規チェック等、日本の設計に最適化された機能を多数搭載したBIM建築設計システム「GLOOBE」。
本パックは、「2D BIM化・プランニング・CG作成・概算見積・実施設計」などの基本的な機能に、サポートサービス(フリーダイヤル電話サポート年間12回)をセットにした「基本パッケージ」を始め、オプションプログラムとして「法規チェック」「P-style」「リアルウォーカー」「PDF取込アシスト」をラインナップ。
なお、同社ホームページより90日体験版(基本パッケージ)をダウンロード可能。
 
■標準価格(税抜き)
BIM建築設計システム『GLOOBE レンタルパック』
GLOOBE レンタルパック 基本:144,000円/年(12,000円/月)
【主な生成図面】配置図、平面図、断面図、立面図、CG, 平面詳細図、矩計図、展開図、建具表、仕上表など
【サポートサービス】フリーダイヤル電話サポート:年間12回
 
GLOOBE レンタルパック オプションプログラム
●法規チェック:24,000円/年(2,000円/月)
【主な生成図面】防火区画図、日影図、平均地盤面算定図、天空図、採光/換気/排煙図
 
●“P-style”for GLOOBE:48,000円/年(4,000円/月)
(平面、立面、パース上でのパーツ配置&手書き風等多様なレタッチ加工が可能)
 
●PDF取込アシスト:24,000円/年(2,000円/月)
(PDFデータをCADデータに自動変換)
 
●ARCHITREND リアルウォーカー:24,000円/年(2,000円/月)
(高品質ウォークスルー、天候シミュレーション)
 ※レンタル期間中は、最新版をダウンロードすることで使用可能。
 
■問合せ先
福井コンピュータアーキテクト株式会社
TEL:0776-67-7110
http://archi.fukuicompu.co.jp

このページの先頭へ




マスプロ電工株式会社(本社:愛知県日進市、代表取締役社長:端山 佳誠)は、米国のJK Imaging Ltd.との間で、Kodakブランドで発売されるデジタルカメラ並びにデジタルムービーの日本国内での独占販売権を持つことになる日本総代理店契約を取り交わし、第1弾として水平方向に360°撮影できる『アクションカム SP360』を11月21日に発売する。
 
マスプロ電工がKodakブランドのカメラ『アクションカム SP360』を発売
 
■製品の概要
撮影画角が水平方向360°、垂直方向に214°と全方位撮影でき、置くだけでほぼすべてシーンを逃すことなく撮影することが可能。
防水ハウジングをはじめとした多彩なマウントアダプターと組合わせて使用することで、様々な用途、場所で臨場感あふれる映像を撮影することができる。
 
本機とパソコン・スマートフォンをWi-FiもしくはUSB接続し、専用ソフトウェア・アプリケーションをインストールすることで遠隔操作が可能。
いずれも、撮影画面を確認しながら録画でき、 撮影した画像の再生ができる。
また、パソコン用ソフトウェアでは映像の編集も行え、スマートフォン用アプリケーションではGPS情報を映像に記録できたり、リアルタイムでSNSへ映像をアップロードすることも可能。
 
寸法は50(H)×41.1(W)×38(D)mmと小型でありながら約1600万画素(フルHD対応)で、撮影枚数は約350枚(CIPA標準に基づく)、録画時間は約160分(@1080p/30fps)となっている。
 
■問合せ先
マスプロ電工株式会社
TEL:052-802-2244
http://www.maspro.co.jp/

このページの先頭へ




野原産業株式会社(本社:東京都新宿区、代表取締役社長:野原 数生)は、グリッド天井に使用する超軽量天井材『カールトン/CARLTON』を開発した。
 
グリッド天井に使用する超軽量天井材『カールトン』
 
■製品の概要
主な特長は下記の通り。
 
●超軽量
重量は1㎡当たり約200gで、グリッド天井の天井材として一般的なロックウールの約20分の1の重さを実現。
これにより天井全体の軽量化を実現することが可能。
また、軽量でシート状のため、万が一の天井落下時にも室内環境へのダメージがほとんどない上に、運搬・保管の効率化や施工作業者への負担軽減に寄与する。
 
●簡易な施工性
一般的なグリッド天井のスチールバー材の上に載せるだけで施工完了。
マグネットがスチールバーに密着することにより、風圧による浮き上がりを防止した。
また、切断加工時に粉塵が出ない為、作業環境がクリーンで、特に改修時において現場を清潔に保つことができる。
 
●不燃性
建築基準法の規定に基づく不燃材料として、国土交通大臣の認定を取得している。
 
●吸音性
天井材に求められる機能の一つである吸音性能を十分に備えている。
 
●意匠性
穴あき模様のない、すっきりとした白い仕上げとなっている。
 
●人体への安全性
建築基準法の規定に基づくF☆☆☆☆として、ホルムアルデヒド放散性の国土交通大臣の認定を取得している。
 
■問合せ先
野原産業株式会社
TEL:03-3357-7761
https://www.nohara-inc.co.jp/

このページの先頭へ




株式会社 イーフロンティア(本社:東京都新宿区、代表取締役:安藤 健一)は、3DCG作成ソフトウェア『Shade 3D』シリーズの最新版『Shade 3D ver.15』シリーズを11月28日に発売する。
 
イーフロンティアが3Dプリンター対応を大幅強化した『Shade 3D ver.15』を発売
 
■製品の概要
フォトリアルな3Dイメージやアニメーション、3D立体視映像から、3Dプリンター向けのモデルデータ作成まで幅広く対応した統合型3D作成ソフト。
クロスプラットフォーム制を採用しており、全グレードでWindows/Mac OS Xのどちらでも使用できるハイブリッド版となっている。
本シリーズの主な特長は下記の通り。
 
●3Dプリントアシスタントの大幅強化
3Dプリントに適した3Dモデルを作成するための「3Dプリントアシスタント」が大幅に強化。
難解な3Dプリント用の3Dモデル制作を、はじめてのユーザでも自然に手順が分かるようにナビゲート機能の追加や、アイコン、インターフェイスデザインの調整を行った。
また「自動修正」を強化するためのモデリング新機能が組み込まれており、3Dプリンターが処理できない部分の検出から修正までをよりスムーズにとり行えるようになっている。
 
●ラッピング機能の搭載
これまで大変な手作業で修正していたような難しい3Dプリントモデルエラーも自動で修正する「ラッピング」機能を搭載。
本機能は、プログラムが自動でポリゴンへの処理を行っていくため、これまでの「レンダリング」と同じようにメモリやCPU の演算能力が高ければ、高精細な結果を求めても演算時間を短縮できる。
 
●ポリゴンリダクション&ポリゴンスムージング
3Dスキャナーとも相性が良いモデリング機能「ポリゴンリダクション」を搭載。
緻密すぎて扱いづらいポリゴンモデルを、外形をなるべく保持したままポリゴン数を減らし粗いモデルに変換していくポリゴンリダクション機能が、ポリゴンスムージング機能と合わせて搭載され、ポリゴン数と精度のコントロールが容易になっている。
 
●Dropbox連動によりクラウドで3Dデータ管理
本製品のデータをリスト化して管理できるカタログ機能「ShadeExplorer」がDropboxと連動。
自宅、職場、学校など、異なる場所でもスムーズに制作を継続でき、ライフスタイルに合わせた効率的な3D制作が可能となった。
 
●4Kモニタへの対応
ユーザーインターフェイスが4Kモニタに対応したことで、4Kの高精細な画面上でも適切なスケールでツール類が表示され、高解像度を活かした制作作業が可能になった。
これにより、小さくなりすぎる、または低解像度表示になってしまう不便を解消する他、パラメーターの操作も4Kの恩恵をしっかり生かした精細なコントロールができるようになっている。
また、インターフェイスの4K対応に合わせ「Basic」「Standard」のレンダリング可能サイズも拡張。
「Basic」は2Kを確実にカバーする2,500×2,500ピクセルへ、「Standard」は4Kをカバーする4,500×4,500ピクセルまでのレンダリングが可能となった。
 
●レンダリング速度の向上
今回のバージョンアップではレンダリング演算を見直し、レンダリング速度を5%〜10%引き上げる事に成功した。
これは、CPUを上位のものに積み替えるのと同等効果がある。
 
■標準価格(税抜き)
『Shade 3D ver.15』
Shade 3D Basic ver.15:9,800円
Shade 3D Basic ver.15(ガイドブック付):11,800円
Shade 3D Standard ver.15:40,000円
Shade 3D Standard ver.15(アカデミック):20,000円
Shade 3D Professional ver.15:80,000円
Shade 3D Professional ver.15(アカデミック):40,000円
 
■問合せ先
株式会社 イーフロンティア
TEL:03-5206-1126
http://www.e-frontier.co.jp/

このページの先頭へ




楽石研究会(事務局:株式会社 ケイエフ)は、今現在設置している落石防護網を撤去せず補修・補強する『ケイワンコイルネット工法』を開発し、国土交通省のNETISに登録した(NETIS登録番号:KT-140046-A)
 
落石防護網を撤去せず補修・補強する『ケイワンコイルネット工法』
 
■工法の概要
本工法は、既設落石防止網の補強工法で、線径5mmの超硬線コイルを落石防止網に設置することにより、既設構造物をそのまま有効利用することで、高い汎用性を実現した。
コイルネットの伸縮性を活かし、エネルギー吸収量は150kJとなる(既設の落石防護網の可能吸収エネルギーは約50〜100kJ)。
また、既存する金網だけでなく新設する金網に設置することができる。
主な特長は下記の通り。
 
●落石金網撤去不要の補強ネット
コイルネットは既設金網防止網をそのまま利用するため撤去は不要。
このため工期短縮が図れ、立体的な形状で対象物を的確に補足して落石エネルギーを吸収する。
 
●コイルで軽量化を実現
従来の金網と比較して軽量であるため、その取り扱いが容易であることから作業員の省力化につながりコスト削減に寄与する。
 
●外部作業で安全・簡単
人力作業を原則とし資材持上げ機械が不要。
基本的に金網の前面作業であり、コンパクトに折りたたまれた軽量なコイルは高い施工性を有する。
 
●景観を損なわず、環境にも優しい仕様
亜鉛めっき処理を施したコイルを金網上部に設置するため、従来の外観と大きな変化がみられず、廃棄物も少ないことで環境にも優しい仕様となっている。
 
●優れた耐久性で安心・長持ち
亜鉛めっき処理を施したコイルを使用しているため、高い防錆性を有している。
 
■問合せ先
楽石研究会(事務局:株式会社 ケイエフ)
TEL:072-232-6060
http://www.k-one.sakura.ne.jp/

このページの先頭へ




株式会社 エクソル(本社:京都市中京区、代表取締役社長:川勝 一司)は、大規模太陽光発電所建設の大幅な工期短縮を実現可能にする『XSOL RACK(エクソルラック)』を10月21日に発売した。
 
ワンタッチモジュールを採用したソーラーシステム『XSOL RACK』
 
■システムの概要
ワンタッチモジュール(裏面にあらかじめコネクタが組み込まれた太陽電池モジュール)と、横レールにあらかじめコネクタが組み込まれた架台とのコンビネーションによるソーラーシステム。
コネクタが一体化されているため、横レールにワンタッチモジュールをガイド形状に合わせてはめ込んでいくだけで作業が完了し、特殊な技術・資格が不要。
太陽電池モジュールの固定と結線を同時に行えるため、設置作業者と配線作業者をそれぞれに配置することも不要となる。
また、ネジやボルトを必要最小限に抑えたことで、部品の散乱による不測の事故へのリスクを軽減し、安全に工事を進めることが可能となった。
 
■問合せ先
株式会社 エクソル
TEL:0120-33-1139
http://www.xsol.co.jp

このページの先頭へ




福井コンピュータアーキテクト株式会社(本社:福井県坂井市、代表取締役社長:林 治克)は、同社の「ARCHITREND Z」に代わる新CADシステムとして、UI(ユーザーインターフェイス)のパーソナライズで生産性を向上することができる3D建築CADシステム『ARCHITREND ZERO』を2015年1月20日に発売する。
 
UIのパーソナライズで生産性を向上する新CADシステム『ARCHITREND ZERO』
 
■製品の概要
設計業務における柔軟で迅速な対応力の向上、受注を支援する手軽でインパクトのあるプレゼンテーションの実現を目指し、シンプルな画面デザインで人の感覚に寄りそった機能性と操作性を追求。
使用者の業務や使い方に合わせたコマンドカスタマイズや自動バックアップなどの操作性向上、パノラマプレゼン、フォトモンタージュなどリアルでダイナミックなプレゼンテーションを実現する新機能の搭載、詳細設計・基本設計の相互連動を始めとした図面作成の手間削減や手戻り防止など、業務効率化による圧倒的な生産性の向上と顧客獲得支援強化を目指している。
同時に「ARCHITREND リフォームエディション2015」「ARCHITREND Virtual House Ver.14」「J-BIM 施工図CAD 2015」もリリースされる。
主なポイントは下記の通り。
 
●UIのパーソナライズで無駄のないプランニング環境を実現
インターフェイスを一新し、シンプルな画面デザインで人の感覚に寄りそった機能性と操作性を追求。
必要な機能をより見やすく使いやすく、営業シーン・設計シーンなど、使用する状況・ユーザに合わせて最適なコマンドカスタマイズができ、オペレーションを円滑にする。
また、作成したデータは、作業終了時にローカルへの保存に加え、クラウド上のプレゼンデータ共有サービス
「ARCHI Box」へ自動バックアップ。
ヒューマンエラーや災害でのデータ消失など、データ管理上の不安も軽減されている。
 
●ダイナミックなプレゼンテーションによる受注支援
内観パース作成後、パノラマ画像としてデータ出力することで、iPadなどを使用したパノラマプレゼンを可能とした。
従来の静止画パースだけでは伝えきれなかった部屋の隅々までを、細部にわたり美しくリアルに提案することができる。
また、「フォトモンタージュ」機能により、設予定地の現場写真に立体プランCGを合成し、その場に建設したようなリアルなイメージを作成することが可能。
狭小地での隣家とのバランス確認などにも有効で、説得力のあるプレゼンが行える。
 
●自社の設計スタイルに合わせた高速オペレーション
申請時に必要な書類を自動生成、図や表の配置をオートマチックに行い、作業時間を短縮させることが可能。
また社内スタッフが同一フォームで出力することにより社内の整合性を向上させる。
1/100スケールの詳細設計と1/50の基本設計とにシームレスな連動性を持たせており、ディテールデザインをおさえたプランニングが可能。
担当ユーザの設計手法に合わせ、ムダなく作業を進められる。
 
■標準価格(税抜き)
『ARCHITREND ZERO 2015』
【基本プログラム】
ZERO基本:800,000円〜
(内容:平面図(ウォークスルー・Jw/DXF/DWGデータ立体化・家相チェック・3D部品登録)、天井伏図、屋根伏図、配置図、立面図、ARCHITREND Manager)
 
【スタートセット】
ZEROプレゼンセレクト:1,200,000円〜
 
■問合せ先
福井コンピュータアーキテクト株式会社
TEL:0776-67-8850
http://archi.fukuicompu.co.jp/

このページの先頭へ




メガソフト株式会社(本社:大阪市北区、代表取締役:井町 良明)は、iPad上に3DCGを表示して住宅の木造軸組構造を立体的に把握したり、建築図面と3DCGを同時に参照することで図面から立体イメージを読み取る力を育成したりできる、高等学校などの建築学科用教材iPadアプリ『3DCGで学ぶ構造&製図 木軸 MOKUJIKU』を10月16日に発売した。
 
メガソフトがiPadで住宅の木造軸組構造を立体的に学べる教材アプリを発売
 
■製品の概要
住宅デザインソフト「3Dマイホームデザイナー」シリーズの3D技術を応用して開発されたiPad用教材アプリ。
木造軸組構造を3DCGモデルで再現しており、タッチ操作でみたい場所を自由に閲覧することで、構造や専門用語が容易に学べる。
また、建築図面とその立体物である3Dモデルを同時に表示させる「3Dと図面」機能により、建築図面が実際にどのような形状の建築物になるかを視覚的に確認できるため、図面から立体イメージを読み取る力を育成する教材にもなる。
 
■問合せ先
メガソフト株式会社
TEL:06-6147-2780
http://www.megasoft.co.jp/

このページの先頭へ




株式会社 ダイケン(本社:大阪市淀川区、代表取締役社長:藤岡 洋一)は、外出時でも在宅時でも宅配荷物を受け取ることができる、戸建て住宅用宅配ボックス『ニコウケトール』を10月17日に発売した。
 
荷物が2個受け取れる2層構造の戸建住宅用宅配ボックス『ニコウケトール』
 
■製品の概要
配達時間や宅配便業者との対応を気にすることなく、荷受人に代わって荷物を受け取れるため、手間と時間を節約することが可能。
本製品は、戸建て住宅用に屋外に設置できる据え置きタイプで、荷物が2個(対応荷物:80サイズまで/重さ5kgまで)受け取れるよう、受入スペースと受取スペースの上下2層構造となっている。
 
■標準価格(税抜き)
45,000円
※運賃・組立施工費等含まず
 
■問合せ先
株式会社 ダイケン
TEL:06-6392-5321
http://www.daiken.ne.jp/

このページの先頭へ




前の10件
メルマガ登録

最新の記事5件

カテゴリ一覧

バックナンバー

の特集記事資料館フィード