• お問い合わせ
  • プライバシーポリシー
  • サイトマップ

建築資材、土木資材をはじめとした建設資材、機材、設備、工法等の
データを収録し、スピーディな検索を実現した建設総合ポータルサイト

建設資材データベーストップ > 話題の新製品 > 2014年11月

株式会社 ソフトウェアセンター(本社:東京都千代田区、社長:阿部 潔)は、テクラ株式会社(本社:大阪市西区、社長:宮本 信太郎)よりTSSファイルに関する技術協力を受け、『TSS Converter for MIDAS iGen(S造)』を開発し、2014年12月に販売を開始する。
 
鉄骨モデル変換ツール『TSS Converter for MIDAS iGen(S造)』
 
■製品の概要
MIDAS IT社の汎用3次元解析プログラム「MIDAS Gen」のテキスト形式データ(MGT)および「MIDAS iGen」のテキスト形式データ(MIT)を「Tekla Structures」の中間ファイル (TSSファイル)に変換するプログラム。
「MIDAS iGen」の鉄骨モデルデータは、S柱、S梁、ブレースなどの部材属性を持っていないため、本コンバータにより、符号および鉛直と部材との角度によって部材の属性を自動的に補い、すばやく「Tekla Structures」に変換することが可能。
※本製品は、株式会社ソフトウェアセンター開発の商品であり、問い合わせはMIDAS IT社ではなく下記へ。
 
■問合せ先
株式会社 ソフトウェアセンター
TEL:03-3866-2095
http://www.scinc.co.jp/

このページの先頭へ




株式会社 日積サーベイ(本社:大阪市中央区、代表取締役:生島 宣幸)は、BIM対応 建築数量積算・内訳明細作成システム『NCS/HEΛIOΣ(ヘリオス)』にて、日本国内のBIM普及拡大を目指し、福井コンピュータ株式会社(本社:福井県坂井市、代表取締役社長:杉田 直)のBIM建築設計システム『GLOOBE』グラフィソフトジャパン株式会社(本社:東京都港区、代表取締役社長:コバーチ・ベンツェ)のBIMツール『ArchiCAD』オートデスク株式会社(本社:東京都中央区、代表取締役社長:ルイス・グレスパン)のBIMツール『Revit』とのIFC連携を実現した。
 
日積サーベイのBIM対応 建築数量積算・内訳明細作成システム
 
■製品の概要
本製品の主な特長は下記の通り。
 
●構造積算:充実機能と自由な配置機能
図面通りに『部材を置く』感覚で積算知識を必要とせず、簡単自由配置を実現した積算業務専用の配置システム。配置方法はCADの知識は必要とせず、部材を置くだけで部材通しの連続、単独情報が自動計算される。
また、土工事においてもレベル情報から自動計算され、精度の高い数量が算出される。
 
●仕上積算:3通りの積算手法であらゆる物件にも柔軟に対応可能
配置、DMS、表入力の3通りの積算手法であらゆる物件に対応でき、効率を追求した「使える」ツールが用意されている。
配置は構造部材の伏図に、間仕切、内部室、外部仕上等配置することで、面積、長さ等が自動計算される。
また、壁仕上については、GL工法等軸種ごとに、下地を自動認識する機能も有している。
DMSはPDF等の図面データを画面に取り込み、ポイントを抑えて面積、長さ、か所を計測。
計測した寸法を利用して積算の数量として転用可能。
 
●DMS計測:PDF、DXF図面を画面計測
印刷してもスケール計測が困難なPDF図面やDXF図面を、画面に表示してマウスで面積や長さの計測が行える。
計測データは個別入力画面に変換され、計測した部分に色を付けて保存も可能。
新築工事以外にも、変更作業や改修工事、外構工事などにも利用できる。
 
●使い易さを追求した見積書
分かり易い操作と豊富な機能により、簡単に編集、値入が可能。
数量、単位、単価を5種類装備しており、業者Excel見積を変換して取り込み、単価掛け率指定による値入が行える。
また、単価検索機能があり、過去物件の単価をすぐに検索可能。
Excel形式や、BCS形式の入出力が行えるため、協力会社、業者見積、現場での利用、原価管理など、データ連動が可能となっている。
 
●真のクライアント/サーバー
クライアント/サーバータイプは、単にファイル共有だけではなく、複数人での同時処理、共同処理をを可能にした、使い易さ抜群のクラサバ機能。
スタンドアロンタイプも用意しており、利用環境に最適なシステムを構築可能。
 
 
また、構造分野のBIM標準フォーマットST-Bridgeの入出力に対応しており、上記3社以外にも各種構造ソフトとの連携も実現している。
 
■問合せ先
株式会社 日積サーベイ
TEL:06-6944-2755
http://www.nisseki-survey.co.jp/

このページの先頭へ




株式会社 フジタ(本社:東京都渋谷区、社長:上田 卓司)は、気泡シールド工法においてシールド掘削中は緻密な気泡で切羽の安定を図り、掘削後の排出土は自然消泡性に優れ環境にやさしい起泡剤『環境8号』シリーズ(環境8号、環境8号R)を開発し、国土交通省のNETISに登録した(NETIS登録番号:KT-130094-A)。
 
環境にやさしく自然消泡性に優れた起泡剤『環境8号』シリーズ
 
■概要
気泡シールド工法は、起泡材と空気で作られたシェービングクリーム状の気泡をシールド機前面(切羽)に注入して切羽を安定させながら掘進する工法である。
近年、気泡シールド工法の掘削土処理の課題として次の点があげられている。

●掘削土を中間処理場において洗浄処理する場合に自然消泡が十分でないと掘削土から泡が発生し、処理設備や排水に支障をきたす。
●従来の特殊起泡剤の成分はアルファオレフィンスルホン酸ナトリウム(AOS)で、界面活性剤の中では魚毒性が強く、海洋埋立て時にはAOSを微生物で生分解させ基準値以下とするために掘削土の仮置き期間(3日間程度)が必要となる。
 
本製品は、従来の特殊起泡剤から特殊起泡剤と気泡安定剤との複合体に変えた起泡剤である。
一般土砂用として最も多用されているAタイプ起泡材において、次の特徴を有している。
 
【施工】
●掘進中は、起泡材配合量が従来の1/3以下※4でも気泡安定剤の効果で掘削土の流動性と止水性が確保できる。
●気泡のベアリング効果でカッタービットの摩耗を低減できる(施工実績?:推定摩耗量の80%)。
●起泡材配合量が少ないため、起泡材作成が坑内の後方台車プラントにて可能。
 
【環境】
●掘削後においては、掘削土が大気と接した時の気泡の自然消泡性に優れており掘削土の洗浄処理が可能で、掘削土の再生利用が図れる。
●魚毒性の高いAOS量を従来の1/5に減量し、周辺環境への影響を抑制可能。
●起泡材配合量が少ないため、製造・運搬時の環境負荷低減が可能。
●PRTR対象物質は含有していない。
 
■施工実績
【施工実績Ⅰ】

工事名称:雑餉隈第6雨水幹線築造工事
発注者:福岡市道路下水道局
施工者:フジタ・村本・九州総合建設工事共同企業体
工事場所:福岡県福岡市博多区井相田2・3丁目、東雲町4丁目、春町3丁目地内
工期:平成23年12月22日〜平成27年3月15日【掘進:平成25年5月〜平成26年1月】
施工内容:気泡シールド工法、シールド機外径φ3,530mm、掘進延長770m
土質:風化花崗岩(全線)
 
【施工実績Ⅱ】
工事名称:岡崎線耐震化送水管布設(その1)工事
発注者:愛知県企業庁
施工者:フジタ・徳倉・山本特定建設工事共同企業体
工事場所:愛知県豊田市栄生町〜小坂町地内
工期:平成24年12月22日〜平成27年7月31日【掘進:平成26年3月〜平成26年11月】
施工内容:気泡シールド工法、シールド機外径φ2,890mm、掘進延長1665m
土質:礫混じり粘性土質砂
 
■問合せ先
株式会社 フジタ
TEL:03-3402-1911
http://www.fujita.co.jp/

このページの先頭へ




オリンパスイメージング株式会社(本社:東京都八王子市、社長:小川 治男)は、NECソリューションイノベータ株式会社(本社:東京都江東区、社長:毛利 隆重)、株式会社ルクレ(本社:東京都渋谷区、代表取締役:池田 武史)と共同開発した工事写真管理ソフト『蔵衛門御用達 15』シリーズ(Standard版、Professional版)を12月5日に発売する。
 
オリンパスイメージングが工事写真管理ソフト『蔵衛門御用達15』シリーズを発売
 
■製品の概要
本製品の主な特長は下記の通り。
 
●電子納品出力を強化し、国土交通省、農林水産省、NEXCO、首都高速道路の新基準/要領に対応。
 (電子納品データの入出力機能はProfessional 版のみ対応)
●「データ活用機能」により、アルバムに登録した写真や情報をExcelファイルに出力、活用が可能。
●工事写真情報等の文章入力をExcel ファイル上でまとめて迅速に行える。
●写真整理を効率的に行う「写真振り分け」が最新モデルの「TG-3 工一郎」にも対応
 
■標準価格(税抜き)
『蔵衛門御用達 15』
Standard版:12,800円
Professional版(1ライセンス):50,000円
Professional版(5ライセンス):130,000円
Professional版(10ライセンス):180,000円
 
■問合せ先
オリンパスカスタマーサポートセンター
TEL:0120-084215
http://olympus-imaging.jp/kouji/

このページの先頭へ




ネグロス電工株式会社(本社:東京都江東区、代表:菅谷 三樹生)は、太陽電池モジュールのケーブル配線に使用する樹脂製PVラック『PV2M30』を発売した。
 
ネグロス電工が樹脂製PVラック『PV2M30』を発売
 
■製品の概要
モジュールにケーブルを直接施工したいという要望により生まれた樹脂製PVラック。
保持具の取付はワンタッチで、太陽電池モジュール内側で美観良く施工できる。
材質は耐候性に優れた合成樹脂を使用している。
 
■問合せ先
ネグロス電工株式会社
TEL:03-3654-7101
http://www.negurosu.co.jp/

このページの先頭へ




日本コンクリート工業株式会社(本社:東京都港区、取締役社長:網谷 勝彦)は、2011年3月11日の東北地方太平洋沖地震による被災を受け、大きな地震エネルギーに耐えうる『電車線路用コンクリートポール』を開発した。
 
現代生活の大動脈を支える『電車線路用コンクリートポール』
 
■製品の概要
耐力の大きい鋼製柱などへの建て替えは、既存の高架橋上の電化柱基礎の耐力を超える場合があるため、基礎構造もあわせて補強する必要がある。
一方、東北地方太平洋沖地震のような大きな地震エネルギーを受けた場合の耐震性性能については、コンクリート性電化柱に粘り強い曲げ変形性能(じん性)を付与させることで。脆性的な破壊(折損)による列車衝撃を防ぐという考え方もある。
そこで、大きな地震力を受けても折損することなく耐震安全性を確保できるコンクリート製電化柱、すなわち変形性能(じん性)の高い耐震性コンクリート電化柱の開発に際し、以下の要求性能を満足させることを目標とした。
 
【要求性能】
●JIS規格を満足すること
●変形性能(じん性率を設定)を高くし、脆性的な破壊をしないこと
●鋼製柱よりも廉価であること
 
■問合せ先
日本コンクリート工業株式会社
TEL:03-3452-1034
https://www.ncic.co.jp/

このページの先頭へ




福井コンピュータアーキテクト株式会社(本社:福井県坂井市、代表取締役社長:林 治克)は、ラティス・テクノロジー株式会社(本社:東京都文京区、代表取締役:鳥谷 浩志)が開発を行う超軽量3Dフォーマット「XVL」を活用した建築業向け製品の販売を、11月10日に開始した。
 
超軽量3Dフォーマット「XVL」を活用した建築業向けソリューション
 
■概要
超軽量3Dフォーマット「XVL」は、軽量性、表示速度の速さなどが高い評価を得ており、製造業をはじめとする「ものづくり」業界では広く普及している。
住宅業界向けでは、同社主力商品である3次元建築設計システム「ARCHITREND Z」をはじめとした各製品で、XVL形式の入出力機能を搭載し、3Dデータの活用が普及している。
また、同社運営の実建材データダウンロードサイト「Virtual House.NET」を通じてXVL形式の3Dデータの配信サービスを行い、6万人以上の設計実務者が利用している。
同社では、今回の取り組みを機に、建材メーカーおよび、ゼネコン向けのXVL製品提案を強化し、建築業界全体の3次元データ活用による業務効率化を推進していく。
主な特長は下記の通り。
 
【建材メーカー向け提案】
システムキッチン、トイレ、ユニットバスなど、設備や建材の設計段階で作成された3Dデータを活用することで、設計検証から作業指示、各種マニュアル向けイラスト作成、部品表の作成など、大幅な納期短縮と低コスト化が実現可能。
製造業でのXVLを活用した部品表の作成では、作成工数や作成費用が50%以上削減された事例も報告されている。
 
【ゼネコン向け提案】
設計検証では、XVLを活用した干渉チェックや取り合い部の詳細検討、アニメーションを利用しての動的干渉チェック等の活用が可能。
また、施工段階では3D図面としての活用や施工手順の検討、各種帳票の作成が可能となる。
 
■標準価格
【建材メーカー向けパック商品】

福井コンピュータアーキテクト 建材メーカー向けXVLパック:1,200,000円〜
※XVLで作業指示、3Dアニメ作成、マニュアル向け作成が可能な、建材メーカー向け専用パッケージ。
※エンジニアリングCADからのXVL変換、建材の3Dアニメ編集、マニュアル向けイラスト作成が可能。
 
【ゼネコン向けパック商品】
福井コンピュータアーキテクト ゼネコン向けXVLパック:1,698,000円〜
※3D帳票を手軽に始めるための、ゼネコン向け専用パッケージ。
 
※上記以外に、保守契約が必要。
※導入に関する詳細については要問い合わせ。
 
■問合せ先
福井コンピュータアーキテクト株式会社
Tel:0570-550-291
http://www.fukuicompu.co.jp/

このページの先頭へ




太陽工業株式会社(東京本社:東京都世田谷区、大阪本社:大阪市淀川区、代表取締役会長兼社長:能村 光太郎)は、従来の「土のう積み」に代わって堤防からの越水防止や浸水防止などを目的として開発された可搬式特殊堤防「リバーテクノレビー 三角水のう」(特許出願中)の機能をそのままに一般家庭などで使用できる三角水のう『デルタ・ミニ』を発売した。
 
太陽工業が一般家庭などで使用できる三角水のう『デルタ・ミニ』を発売
 
■製品の概要
一般社団法人 リバーテクノ研究会(本部:東京都世田谷区、会長:中川 博次)が開発した「リバーテクノレビー 三角水のう」の1種で、これまで開発してきた大型、標準型につづき、一般家庭などでも使用できる小型の水防ツールとして、適用水深30cmまでの静水圧下での安定性能や各種試験での水防性能を確認した。
柔軟で軽量な防水シートで構成されているため、小さく折りたたんで収納でき、持ち運びも容易。
また、家庭の水道から注水して設置できるようコンパクト設計され、使用後は排水して再使用できるため、廃材も出ず繰り返し使用できる。
さらに、土のう積みのように土のうの準備や積み重ねる労力は必要とせず、複数ユニットを連結して延長することが可能。
 
■問合せ先
太陽工業株式会社
TEL:03-3714-3361
http://www.taiyokogyo.co.jp/

このページの先頭へ




株式会社 フォーラムエイト(本社:東京都港区、代表取締役社長:伊藤 裕二)は、11月19日〜21日の日程で『第8回フォーラムエイトデザインフェスティバル2014』を開催する。
 
フォーラムエイトが『FORUM8 デザインフェスティバル2014』を開催
 
■概要
各日の主な開催内容は下記の通り。
 
1日目(19日)は展示説明会及び第15回UC-win/Road協議会、2日目(20日)は第15回UC-win/Road協議会内において「第13回 3D・VRシミュレーションコンテスト・オン・クラウド」の表彰式、第8回デザインコンファランス内で「The 4th Virtual Design World Cup」、「The 2nd Cloud Programming World Cup」の表彰式を行う。
3日目(21日)は、第8回デザインコンファランス、第7回国際VRシンポジウムを開催し、デザインコンファランス内では、今年新たに企画した「ナショナル・レジリエンス・デザインアワード」の表彰式を行う。
さらに、3日間ともCIM体験コーナーを設け、3D図面・VR、各種解析・シミュレーションの活用など、ユーザのCIMソリューション導入をサポートする。
 
また、第13回 3D・VRシミュレーションコンテスト・オン・クラウドのノミネート選考会は11月4日に行われ、審査委員による厳正な審査の結果、応募作品の中から合計11作品が選ばれた。
ノミネート作品は11月8日から16日までの間、フォーラムエイトHPにてVR-Cloud(R)により公開され、併せて一般投票が実施される。
一般投票期間には、下記URLより自宅やオフィスなどからクラウドによる投票に参加することが可能。
 
●第13回 3D・VRシミュレーションコンテスト・オン・クラウド ノミネート作品一覧
 http://vrcon.forum8.jp/index.htm#nominate
●第13回 3D・VRシミュレーションコンテスト・オン・クラウド 一般投票サイト
 http://vrcon.forum8.co.jp/vote/
 
ノミネート作品は下記の通り。
 
【第13回 3D・VRシミュレーションコンテスト・オン・クラウド ノミネート作品】
No.1「VRを活用したカリフォルニア州レッドランズ市氾濫解析プロジェクト」Michael Baker International
No.2「大沼の浮島景観シミュレーション」株式会社 三友エンジニア
No.3「運転サポートエージェントVRシミュレーション」同志社大学
No.4「東高瀬川周辺環境改善シミュレーション」京都市立伏見工業高等学校
No.5「ボルドー埠頭周辺におけるITS教育シミュレーション(G’EduCom)」ITSボルドー La CUB & BMIA
No.6「橋梁付替えにおける施工工程および施工VRシミュレーション計画」株式会社 創造技術
No.7「DSSS体験VRデータ」一般社団法人 UTMS協会
No.8「N邸住宅設計検討VRシミュレーション」アトリエ・ドン
No.9「協調型ITSドライビングシミュレータ」トヨタ自動車株式会社
No.10「クイックデッキプロモーションVRデータ」日綜産業株式会社
No.11「東京メトロ地下鉄シミュレータ」東京地下鉄株式会社
 
■問合せ先
株式会社 フォーラムエイト
TEL:03-6894-1888
http://www.forum8.co.jp

このページの先頭へ




元旦ビューティ工業株式会社(本社:神奈川県藤沢市、代表取締役社長:舩木 元旦)は、ラジコンヘリを用いた屋根の空撮動画配信『Bird View The GANTAN』を同社ホームページにて11月1日に開始した。
 
ラジコンヘリを用いた屋根の空撮動画配信『Bird View The GANTAN』
 
■概要
目線の高さから普段見ることのできない屋根上空へ移動する動画を閲覧できるサービス。
毎月更新していく予定で、第一弾は「元旦屋根一体型横葺きソーラーシステム」を採用した洋野町立種市小学校(岩手県洋野町)となっている。
屋根一体型横葺きソーラーシステムの特長である、屋根と同一面に納まる「出っ張りのない美しい意匠」を見ることができる。
 
さらに、各種製品カタログに設けたQRコードをスマートフォンやタブレット端末から読み取ることで、その製品の特長が一目でわかる動画配信サービスも11月中旬より随時開始予定。
第一弾は、両面発電 屋根一体型ソーラーシステム「Sun・Bothノンシャドウ」をはじめ、太陽電池パネルの発電
効率低下や落雪を防ぐ「元旦ウイング」、太陽電池パネルを安全に設置するための取付け金具などソーラーシステムシリーズの技術を今まで以上に動画でわかりやすく紹介する。
 
■問合せ先
元旦ビューティ工業株式会社
TEL:0466-45-8771
http://www.gantan.co.jp/

このページの先頭へ




前の10件
メルマガ登録

最新の記事5件

カテゴリ一覧

バックナンバー

の特集記事資料館フィード