• お問い合わせ
  • プライバシーポリシー
  • サイトマップ

建築資材、土木資材をはじめとした建設資材、機材、設備、工法等の
データを収録し、スピーディな検索を実現した建設総合ポータルサイト

建設資材データベーストップ > 話題の新製品 > 2016年2月

日本ヒルティ株式会社(本社:横浜市都筑区、代表取締役社長:下元 紳志)は、回転グリーンレーザー『PR 3-HVSG』を3月1日に発売する。
 
日本ヒルティが回転グリーンレーザー『PR 3-HVSG』を発売
 
■製品の概要
レーザークラス2の最新緑ダイオード技術採用により、従来の赤色レーザーに比べ、4倍の視認性を実現。
レベル出し作業を、より簡単により正確に行うことが可能。
また、クラス最高の10秒の整準スピードにより作業効率を向上する。
さらに、新設計の衝撃吸収ハンドルと頑丈なハウジング、加えて保護等級IP64の防水・防じん性により、過酷な作業環境においても、高い次元の信頼性を発揮する。
 
■問い合わせ先
日本ヒルティ株式会社
TEL:0120-66-1159
http://www.hilti.co.jp

このページの先頭へ




株式会社 カンペハピオ(本社:大阪市中央区、代表取締役社長:月野 二郎)は、トタン屋根に塗るだけで雪が滑りやすくなる『ラク雪(らくせつ)塗料』を3月1日に発売する。
 
トタン屋根に塗るだけで雪が滑りやすくなる『ラク雪塗料』
 
■製品の概要
塗膜に含まれる「超親水性特殊塗膜」の効果により、トタン屋根に塗るだけで自然に雪が滑り落ちる特殊屋根用塗料。
危険な屋根の雪下ろし作業が軽減でき、雪だけが滑り作業中の人は滑りにくいため、安全である。
カラーリングは、モスグリーンをはじめ5色をラインナップ。
 
■標準価格
7リットル入り:18,500円
14リットル入り:35,000円
 
■問い合わせ先
株式会社 カンペハピオ
TEL:0570-001167
http://www.kanpe.co.jp

このページの先頭へ




メガソフト株式会社(本社:大阪市北区、代表取締役社長:井町 良明)は、「住生活」に関わる図版や動画映像を、コンピュータグラフィックで分かりやすく解説した中学校家庭科用視覚教材『「3DCGで学ぶ住生活」パワーポイント教材/ワークノート』を2月25日に発売した。
 
メガソフトが「住生活」授業の円滑運営に図版と動画で理解を深める視覚教材を発売
 
■製品の概要
「衣」や「食」と違い「住」は家という大きなものが対象であるため、住まいの機能や問題点などを理解させるには視覚的な資料が重要ある。
本製品は、写真資料に加えてコンピュータグラフィックによる3D画像・動画映像を豊富に収録しており、生徒の関心や理解を深め、円滑に授業が運営できることを企図して開発された。
「教材」は、マイクロソフト社のパワーポイント用書類になっているため、使い慣れた操作方法ですぐに使用が可能。
また、授業への組み込みを支援する住生活授業用の計画例や教師用解説書も付属している。
さらに「ワークノート」(教材とは別売)は生徒用のノートであり、こちらを併用することで学習のまとめを効果的に行うことが可能である。
 
■問い合わせ先
メガソフト株式会社
TEL:06-6147-2780
http://www.megasoft.co.jp/

このページの先頭へ




三菱電機株式会社(本社:東京都千代田区、代表執行役 執行役社長:柵山 正樹)は、省エネに貢献する熱交換形換気機器「ロスナイ」の新製品として、有効換気量率の向上(98%)と「高気密顕熱エレメント」の採用により臭いを含む空気の漏れを抑えて、トイレや病室など臭いが気になる局所空間でも使用できる『局所用ロスナイ』を5月20日に発売する。
 
臭いが気になる局所空間で使用でき、省エネにも貢献する『局所用ロスナイ』
 
■製品の概要
本製品の主な特長は下記の通り。
 
●新構造の採用により有効換気量率98%を達成し、臭いを含む空気の漏れを抑制
新構造「ムーブフィットフレーム」の採用で、排気と給気の風路の隙間の発生を抑え、有効換気量率98%を達成。
排気から給気への臭いを含む空気の漏れを抑制し、新鮮な外気をより多く居室空間に供給する。
●新ロスナイエレメントの採用で臭いを含む湿気の移行を抑え、局所でも使用可能
空気透過量が一般の紙の約3,000分の1の樹脂膜素材を使用した「高気密顕熱エレメント」を採用。
空気が漏れにくいだけでなく、臭いを含む湿気を通さないため、臭いが気になる局所空間にも使用可能である。
●建物全体の外気負荷を低減し、空調システム全体の省エネ効果を向上
臭いが気になる局所空間では排気ファンに替えて「局所用ロスナイ」を、居室空間では「業務用ロスナイ」を使用することで、換気により排出されていた室内の熱エネルギーを回収する。
ロスナイを使用しない場合と比べて、建物全体の外気負荷を低減し、空調システム全体の省エネ効果を向上する。
 
■標準価格(税抜き)
310,000円
 
■問い合わせ先
三菱電機株式会社
TEL:0573-66-8217
http://www.mitsubishielectric.co.jp/

このページの先頭へ




株式会社 LIXIL(本社:東京都千代田区、社長:瀬戸 欣哉)は、「汚物」や「水アカ」による汚れというトイレ最大の悩みを解決し、長期間綺麗さを保つ衛生陶器『アクアセラミック』を開発し、2016年4月より主要住宅トイレシリーズに展開する。
 
汚物や水アカの付着を防止し、長期間綺麗さを保つ衛生陶器『アクアセラミック』
 
■製品の概要
衛生陶器が本来持つ硬さ(キズ防止)や、抗菌の国際規格ISO22196に準拠した抗菌性能を保ちながら、「汚物」と「水アカ」の汚れを同時に防ぐ性能を合わせ持つことで4つの汚れ全てに応えることが可能。
陶器表面の「超親水性」と「水酸基(OH-)が露出しない構造」を持ち、水になじみやすい「超親水性」は、陶器に付着した汚物の下へ洗浄水を入り込ませ、水の力で汚物を浮かび上らせ、洗い流すことを可能としてる。
また、洗浄水に含まれるシリカが陶器表面の水酸基(OH-)と化学的に結合することで発生する「水アカ」への対応として本製品では「水酸基が露出しない構造」としている。
その結果「水アカ」の発生を防ぐことができ、陶器表面をいつまでも平滑な状態を保つことができるようになる。
さらにこうした特性を持たせ続けるため、同社では「汚物」と「水アカ」に対して防汚機能の役割を果たす特殊な物質を釉薬に一体化させる新技術を開発した。
別の素材で覆うコーティングとは異なり、強度の維持にも成功している。
 
■問い合わせ先
株式会社 LIXIL
http://www.lixil.co.jp/

このページの先頭へ




オートデスク株式会社(本社:東京都中央区、代表取締役社長:ルイス・グレスパン)のBIMアプリケーション『Autodesk® Revit® 2015』で作成されるBIMデータを、建築数量積算・見積書作成システム『NCS/HEΛIOΣ(以下略称:ヘリオス)V11.0』に直接取り込むことができるアドインアプリ『Helios Link 2015』がこのほど株式会社 日積サーベイ(本社:大阪市中央区、代表取締役:生島 宣幸)により開発された。
 
オートデスク『Revit』と日積サーベイ『NCS/HEΛIOΣ』とがデータの直接連携が可能となるアプリ
 
■概要
従来、ヘリオスとRevitで行う数量積算と見積もり作成は、「IFC」と呼ばれる中間ファイルを介した方法で行われており、IFCファイルには全ての設計情報が含まれるため、データ変換に長い時間がかかる。
また、データ変換の際に、一部のデータが欠落してしまい、変換作業を何度もやり直さなければならない場合がある。
これに対して本アプリを使用すると、必要な情報のみを抽出することが可能になり、1回のデータ変換で済むため、データ欠落を最小限に抑えられる。
これらにより変換スピードが短縮され、部署間の円滑な業務連携に寄与し、日積サーベイが機能開発段階で行ったテストでは、データ変換にかかる時間が1/10にまで短縮された。
本アプリはオートデスクのアプリ提供サイト「Autodesk App Store」にて無料で提供される。
(Helios Link 2015提供サイト URL:http://autode.sk/1R5omSW
 
■問い合わせ先
オートデスク株式会社
http://www.autodesk.co.jp

このページの先頭へ




日立建機株式会社(本社:東京都文京区、社長:辻本 雄一)は、ハイブリッド機構を搭載した新型ホイールローダ『ZW220HYB-5B』(標準バケット容量3.4㎥、運転質量18.18t)を、4月1日に発売する。
 
日立建機がハイブリッドホイールローダ『ZW220HYB-5B』を発売
 
■製品の概要
ハイブリッド油圧ショベルZH200シリーズで培った技術を生かしつつ、ホイールローダ特有の使用形態に合わせて開発したハイブリッドホイールローダ。
本機のハイブリッドシステムは、減速時に発生するエネルギーを電気エネルギーとしてキャパシタに蓄電し、加速時に走行モータへ給電することで燃料消費量を削減する。
また周囲への騒音にも配慮しており、高まる環境へのニーズに対応した製品である。
2014年から市場導入に向けたユーザーテストを繰り返し行うことでこのたび製品化に至り、受注生産にて、日本国内で発売を開始する。
 
■問い合わせ先
日立建機株式会社
http://www.hitachi-kenki.co.jp/

このページの先頭へ




株式会社 タカショー(本社:和歌山県海南市、代表取締役社長:高岡 伸夫)と、照明事業を担う子会社である株式会社 タカショーデジテック(本社:和歌山県海南市、代表取締役社長:高岡 伸夫)は、『LEDIUS(レディアス)』ブランドで展開する屋外照明に於いて、「タカショープロエクス総合カタログ」発刊に合わせてガーデンアップライトの新製品を発表し、2月1日より順次発売を開始した。
 
タカショーがガーデンアップライトの新製品を発売
 
■製品の概要
新しいガーデンアップライトは、庭を熟知した同社ならではの視点を生かして開発。
3段階の明るさから選べ、豊富なオプションの組み合わせなど機能性を追求した「オプティ」、高い基本性能とデザイン性を低価格で実現した「ミオ」、コンパクトさを追求し庭での存在感を抑えた「ミニ」などをラインナップしている。
 
今回追加される各製品の主な特長は下記の通り。
 
「オプティ」(4月上旬発売予定)
照らす対象に合わせて S/M/L の3段階の明るさから選べ、それぞれに中角/狭角配光を用意。
さらに4種類の光学オプションで光の広がりを制御できる。
庭での設置条件を考慮して、スパイクは3種類から選択可能で、環境にあわせて3種類の延長ポールまで追加できる、機能性を重視したシリーズである。
 
「ミオ」(2月1日より発売)
1万円代前半から選べる低価格モデル。
真上に向けても水が溜まりにくいフラットなガラスパネルや目盛付ヒンジなど、ディテールは「オプティ」から継承し、照らす対象に合わせて、2.7Wとより明るい4.5Wから選択可能。
眩しさを抑えられ、アプローチに適したフード付もラインナップしている。
 
「ミニ」(2月1日より発売)
直径わずかΦ30のスリムな灯具と、Φ16のポールを組み合わせたコンパクトなアップライトで、角度を絞った光がくっきりと放たれる。
高さ500mmと300mmから選べ、植栽に埋もれず、かつ目立たずにライティングすることが可能。
 
「De-SPOT 調光リング/調色リング」 (4月上旬発売予定)
現場に最適な明るさや、植栽が最も美しく見える光色を選ぶことのできるアップライト。
 
■問い合わせ先
株式会社 タカショー
TEL:073-482-4128
http://takasho.co.jp/

このページの先頭へ




ネグロス電工株式会社(本社:東京都江東区、代表取締役社長:菅谷 三樹生)は、地上設置型アルミニウム製『太陽電池アレイ用架台』を発売した。
 
ネグロス電工が地上設置型アルミニウム製『太陽電池アレイ用架台』を発売
 
■製品の概要
支持脚があらかじめ仮組みされており、広げて組み立てるだけの省施工。
スターティングキットとジョイントキットの2種類をパッケージ販売するため、部品選定も簡素化している。
軽量かつ、地上垂直積雪量50cmまで対応できる強度を備えている。
 
■問い合わせ先
ネグロス電工株式会社
TEL:03-3654-7101
http://www.negurosu.co.jp/

このページの先頭へ




株式会社 ゲンバアイ(本社:東京都渋谷区、代表:相原 和義)は、株式会社 イーピーエーシステム(本社:東京都渋谷区、代表:相原 和義)が開発運営する建築現場管理インターネットサービス『Genbaeye』のバージョンアップリリースを行った。
 
建築現場管理インターネットサービス『Genbaeye』がバージョンアップ
 
■概要
本サービスは建設工事写真をインターネット上で管理し、工事管理や施主への情報公開を行うことができるAPSサービスである。
工程表の作成、地図表示など現場管理に役立つ機能を備えている。
本バージョンアップでは、全天球カメラで撮影した画像を、ゲンバアイPC版・スマートフォン版でパノラマ表示できるようになった。
画面上でドラッグすると写真がスクロールされ360度見ることが可能で、マウスホイールにより拡大/縮小もできる。
 
■問い合わせ先
株式会社 ゲンバアイ
TEL:03-3477-5339
http://www.genbaeye.com/

このページの先頭へ




前の10件
メルマガ登録

最新の記事5件

カテゴリ一覧

バックナンバー

の特集記事資料館フィード