• お問い合わせ
  • プライバシーポリシー
  • サイトマップ

建築資材、土木資材をはじめとした建設資材、機材、設備、工法等の
データを収録し、スピーディな検索を実現した建設総合ポータルサイト

建設資材データベーストップ > 話題の新製品 > 2016年3月

モリタ宮田工業株式会社(本社:神奈川県茅ヶ崎市、代表取締役社長:田中 幸男)は、延べ床面積275㎡未満の小規模福祉施設において、スプリンクラー設備の代替として設置可能で、施設の状況に合わせ3機種から選択可能なパッケージ型自動消火設備Ⅱ型『スプリネックス ミニ』の受注生産を4月1日より開始する。
 
モリタ宮田工業がパッケージ型自動消火設備Ⅱ型『スプリネックス ミニ』を発売
 
■製品の概要
平成28年1月29日「パッケージ型自動消火設備の設置及び維持に関する 技術上の基準」(平成16年消防庁告示第13号)等の改正により、本製品は延べ床面積275㎡未満の福祉施設(施行令別表第一(6)項口(1)〜(5)に掲げる防火対象物)において、スプリンクラー設備の代替としての設置が認められた。
従来の特定施設水道連結型スプリンクラーと比べ、設置施設に負担の少ない自動消火設備であり、大がかりな配管工事が不要なうえ、2種類の感知器による優れた感知性能と水の4倍の消火性能を持つ消火薬剤の高い消火性能で、初期消火する。
 
■問い合わせ先
モリタ宮田工業株式会社
TEL:0467-85-1210
http://www.moritamiyata.com/

このページの先頭へ




アイホン株式会社(本社:名古屋市中区、代表取締役社長:市川 周作)は、ナースコールシステム『Vi-nurse(ビーナース)』と医療用及び介護用ベッドメーカーであるパラマウントベッド株式会社(本社:東京都江東区、代表取締役社長:木村 恭介)の睡眠計測器『眠りSCAN(スキャン)』の連動を、3月10日から開始した。
 
ナースコールシステム『Vi-nurse』と睡眠計測器『眠りSCAN』と連動
 
■概要
『眠りSCAN』はマットレスの下に敷くだけで精度の高い睡眠時間が把握できる睡眠計測器で、在床/離床、および在床のうち睡眠/覚醒/起き上がりを表示する機能があり、高齢者向け住宅・介護福祉施設などにおいて見守りや個別ケアなどに役立てられている。
一方『Vi-nurse』は、システム幹線をIP化した新しいナースコールシステムで『眠りSCAN』を連動することで、PCナースコール親機での睡眠・覚醒・起き上がり・離床といった状態表示の他、状態が変化した際にはナースコール親機やハンディナース(PHS・スマートフォン)に通知することが可能となる。
このように、介護職員が施設内で持ち歩くハンディナースで状態変化を把握できるため『眠りSCAN』専用の端末とハンディナースを2台持つ必要がなくなる。
また『眠りSCAN』とナースコールのネットワーク幹線(LAN)の共有を図ることができるため、導入時の配線コストをも抑えることが可能。
更に、転倒・転落・徘徊などが懸念される入居者に対して迅速に対応できるなど、スタッフが少ない時間帯などで入居者の安全確保に寄与する。
 
■問い合わせ先
アイホン株式会社
TEL:0120-141-092
http://www.aiphone.co.jp/

このページの先頭へ




小松精練株式会社(本社:石川県能美市、社長:池田 哲夫)と、大和ハウスグループである大和リース株式会社(本社:大阪市中央区、社長:森田 俊作)は、超微多孔セラミックス「greenbiz(グリーンビズ)」を基盤とした香りを付加した機能を持つ内装材『AROMABIZ(アロマビズ)』を共同で開発、小松精練が製造し、4月1日に大和リースが日本全国で販売を開始する。
 
香りを付加した機能を持つ内装材『AROMABIZ』
 
■製品の概要
超微多孔セラミックス「greenbiz」は「捨てるから創る」をコンセプトにしたリサイクル製品で、小松精錬の染色工場から副産物として発生する産業廃棄物(余剰微生物)を原材料として焼き切ることにより、透水性のセラミックス材料を微多孔化し保水性能を飛躍的に高め、軽量化を実現した建材。
主に屋上緑化及び防水層保護材、インターロッキング材として利用可能。
本製品は、内壁や天井の仕上げ材として、高い保水力を持つ基盤に芳香液(アロマ)を吸着させており、室内に持続的に香りが漂う(1カ月に2度、芳香液の噴霧が必要)。
室内の場所を選ばす芳香が可能で、素材の持つ土壁調の質感を生かしたデザイン性の高い内装材として室内空間を演出する。
 
■標準価格(税抜き)
15,000円〜/㎡
 
■問い合わせ先
小松精練株式会社
http://www.komatsuseiren.co.jp/
 
大和リース株式会社
http://www.daiwalease.co.jp/

このページの先頭へ




三協立山株式会社・三協アルミ社(本社:富山県高岡市、社長:蒲原 彰三)は、カーポートをはじめ門扉、フェンスなどのエクステリア商品に新色「アースブラウン」を3月1日より順次追加発売する。
 
三協アルミがエクステリア製品に新色「アースブラウン」を追加
 
■概要
新色「アースブラウン」は、昨年10月末に発売した新アルミ樹脂複合サッシ「アルジオ(ALGEO)」にもラインナップしており、今回、エクステリア商品にラインナップすることで、サッシと外構とのトータルコーディネートが可能となった。
同色の主張しすぎない色合いは、昨今の住宅市場で人気のアイボリーや白系の明るい外壁色にほどよいアクセントとなる。
 
■問い合わせ先
三協立山株式会社・三協アルミ社
TEL:0120-53-7899
http://alumi.st-grp.co.jp/

このページの先頭へ




3D Robotics社は、米オートデスク インクによる新技術を活用した次世代のものづくり環境を実現するためのプラットフォーム「Forge(フォージ)」を利用して、同社ドローン「SOLO(ソロ)」を使用して飛行測量から作業地域の3Dデータ化までを自動で行う新しいシステム『Site Scan™(サイト スキャン)』を開発し、米国で発売した。
 
ドローンを使用して飛行測量から作業地域の3Dデータ化までを自動で行うシステム『Site Scan™』
 
■概要
本システムは土木測量向けに開発されたもので、ドローンによる作業現場の撮影範囲指定から3Dデータ作成まで、全て自動で行えるため、専門知識やスキルがなくても、多くの人手を介さなくても効率的に高精度な測量作業を行うことが可能。
また、作成された3Dデータは、オートデスクのBIM/CIMアプリケーションなどで利用でき、地図作製、造成計画、実施設計、工事進捗管理などの工程で活用が可能。
同社は日本など米国以外の国でも本システムの販売を検討している。
なお、日本においては国土交通省がドローンなどを使用した測量、検査、維持管理の取り組みを「i-Construction」として推進しており、オートデスクも最新技術を活用して、この取り組みを支援する。
 
■問い合わせ先
オートデスク株式会社
http://www.autodesk.co.jp/

このページの先頭へ




三協立山株式会社・三協アルミ社(本社:富山県高岡市、社長:蒲原 彰三)は、歩行者用補助手すり『エトランポ』シリーズを拡充し、子供や女性、高齢者もしっかりと握り込めるように笠木径が小さい『エトランポS』を4月1日に発売する。
 
三協アルミが歩行者用補助手すり『エトランポ』シリーズを拡充
 
■製品の概要
シリーズに新たに追加される製品の主な特長は下記の通り。
 
『エトランポS』(笠木径34mm)
笠木径34mmで、子どもや女性、高齢者でも握りやすく、歩行時に手を滑らせながらの使用(歩行補助)、立ち上がる・座る、姿勢を保持するなどの動作のための使用(動作補助)のどちらにも対応可能。
ベーシックな形材タイプ「1型」と、優しい手触りのエラストマー樹脂タイプ「2型」から選択でき、形材色は4色、木調色は2色の計6色のカラーバリエーションをラインナップ。
笠木納まりは、スタンダードな上部笠木納まり、足元の空間を広く取ることができるフロント笠木納まり、袖口などを引っ掛けないよう手すりの端部が突出しない構造になっている端部支柱納まり、また手すりの端部を壁面に固定する壁面突き当てブラケットの4種類、直付けブラケットは、固定式(形材タイプ)、固定式(鋳物タイプ)、調整式の3種類を設定。
さらに動作補助手すりとして、たて手すり納まりもラインナップし、設置用途や条件に合わせて選択が可能。
 
■問い合わせ先
三協立山株式会社・三協アルミ社
TEL:0120-53-7899
http://alumi.st-grp.co.jp/

このページの先頭へ




ヘラマンタイトン株式会社(本社:東京都渋谷区、代表取締役社長:塚本 敏広)は、セルフラップ(自己巻き付け式)で、素早く簡単に取り付けることができる、配線保護材『ヘラゲインTI(ティーアイ)』を3月14日に発売した。
 
素早く簡単に取り付けることができる配線保護材『ヘラゲインTI』
 
■製品の概要
産業機械やFA機器、輸送機器の配線ケーブルの保護に適した配線保護材。
主な特長は下記の通り。
 
●素早く簡単に取り付け・取り外し可能
耐摩耗性に優れた編組スリーブを、あらかじめ巻き付くように形状記憶させているため、取り付け・取り外しを簡単に行うことが可能。
 
●さまざまな箇所に取り付け可能
取り付け後の配線で、両端が固定されている場合でも、簡単に取り付けることができ、分岐することも可能。
 
●豊富なサイズラインアップ
φ4〜50mm計9種類のラインアップで、幅広いケーブル径に対応する。
 
●さまざまな規格を取得
欧州鉄道規格(EN45545-2):危険度分類 HL3(要求基準R22及びR23)鉄道車両用材料燃焼試験判定:難燃性UL規格:難燃グレードVW-1(UL1441)など、難燃性に関わる様々な規格を取得している製品です。
 
■問い合わせ先
ヘラマンタイトン株式会社
TEL:03-5790-3128
http://www.hellermanntyton.co.jp/

このページの先頭へ




YKK AP株式会社(本社:東京都千代田区、社長:堀 秀充)は、 住みながら簡単に最新の樹脂窓に窓リフォームができる『かんたんマドリモ』を4月4日に発売する。
 
住みながら簡単に最新の樹脂窓に窓リフォームができる『かんたんマドリモ』
 
■製品の概要
足場が不要で外壁・内壁を一切壊さず、既存の窓枠の上に被せるカバー工法でありながら、防水シーリングを使わない「ノンシールカバー工法」を採用し、既設の窓枠に新しい窓を設置するだけで、施工業者にとっても生活者にとっても簡単に窓のリフォームが可能。
接着テープ付きの気密シートを標準装備し、熟練技術が求められるシーリング作業を省くことで、施工知識が少なくても簡単に施工でき、かつシーリングの施工品質に頼らない安定した止水性能を実現しているため、施工者数の拡大にも寄与する。
 
■問い合わせ先
YKK AP株式会社
TEL:0120-20-4134
http://www.ykkap.co.jp/

このページの先頭へ




株式会社 LIXIL(本社:東京都千代田区、社長:瀬戸 欣哉)は、エクステリアライト『美彩(Bisai)シリーズ』に、照明7種30機種を追加し、4月1日に発売する。
 
LIXILがエクステリアライト『美彩(Bisai)シリーズ』を大幅拡充
 
■製品の概要
誰でも簡単に、本格的な照明演出ができるシステムとプロユースに相応しいデザインが高く評価され「2015年度グッドデザイン賞・ベスト100」を受賞した照明シリーズ。
新製品は、暖かなあかりを演出する間接照明の“面のあかり”に、きらめきや華やかさに満ちたあかりを表現した拡散照明の“点のあかり”を加えることで、住宅の夜間景観をより魅力的に変える照明プランニングを実現する。
各新製品の主な特長は下記の通り。

●「ローポールライト」(15機種)
住宅アプローチに点在させることでアイポイントを作り、目線を誘導しながら人を安全に導く。
ガラストップは中空のガラスに比べて強度が高いだけでなく、アクリルなどのプラスチック素材とは異なる本物の質感でエクステリアになじむ。
用途に合わせて透過型、下配光型、拡散型を選択可能。
 
●壁付け照明「グラスウォールライト」(4機種)
プレスガラスの内外両面に施されたブラスト加工により、壁に美しい光のグラデーションを描く。
表札を照らすあかりや、アプローチ、庭のアイポイントに適している。
丸形と角形のふたつの形状から選択可能で、表札灯として使用する場合に向けて遮光カバー付きがラインナップされている。
 
●「グラスフロアライト」(4機種)
自由な場所に置いて光の演出を楽しむガラス製の照明器具で、ウッドデッキの縁に置いたり、植物の根本に置いたりして陰影を生むことで、雰囲気のある空間を演出する。
形状は丸形(φ70mm)と角形(70mm×70mm)から選択可能で、ネジ固定ができる床置き施工や使いやすいスパイクタイプもラインナップしている。
 
●「フットライト」(2機種)
壁内の配線や埋込みボックスを必要としない簡単施工タイプで、後付けも可能。
完成したアプローチに合わせて設置ができるため、照明プランニングの幅を大きく広げる。
土に差し込んで設置する「スパイクフットライト」は、動線上に壁がなくても自由にあかりを配置することが可能。
 
●「ハイポールスポットライト」(1機種)
2500mmの高さのポールに、スポットライトを2個まで取り付け可能。
ガーデンリビングで人が集まるテーブルを照らすタスク照明として、また植物を上から照らして美しく魅せることもできる。
 
●「スタンドスポットライト」(2機種)
スパイクスポットライトをローポールに取り付けて、少し高い位置から樹木をライトアップすることができる。
樹木に合わせて、明るさは3段階から、高さは200mmと500mmから選択可能。
 
●「シンプルラインライト」(2機種)
外構空間に溶け込むシームレスなライン照明。
外構の階段構造を考えて作られたワンタッチ施工の薄型LED照明で、これまで設置が難しかった階段の蹴込み下やウッドデッキの幕板裏などにも間接照明として隠して取り付けが可能。
 
■問い合わせ先
株式会社 LIXIL
http://www.lixil.co.jp/

このページの先頭へ




株式会社 北洲(本社:宮城県黒川郡、代表取締役社長:村上 ひろみ)は、特殊エンボス加工技術により限りなく天然木に近い高級感と木質感を実現したユニリン社製(本社:ベルギー ウィールスベーケ、CEO:Bernard Thiers)の『ペルゴフロア』を3月1日に発売した。
 
北洲がベルギー製ラミネートフロア『ペルゴフロア』を発売
 
■製品の概要
本製品は、基材に高硬度のHDF(高密度繊維板)を使用し、表面に酸化アルミニウムを含んだシートを熱圧着しているため、汚れにくくワックスがけなどの必要がない。
さらに、接着剤や釘を使用しない特殊なサネを持った国際特許取得の置き敷き施工システムのため、合板フロアに比べ35%以上の工期短縮を実現し、従来のラミネートフロアに比べても格段に施工性が向上している(いずれも同社調べ)。
住宅では戸建・賃貸・分譲に、施設では店舗・オフィス・ホテル・医療・児童・介護・福祉など、 新築からリフォームまであらゆる現場に対応が可能。
エンボス加工技術「レジスターエンボス」により、節や木目の流れるような凹凸感を表面シートに施し、高級感のある4種類のデザインを取りそろえている。
 
■問い合わせ先
株式会社 北洲
TEL:03-6404-6750
http://hokushu.net

このページの先頭へ




最新の記事5件

カテゴリ一覧

バックナンバー

の特集記事資料館フィード