• お問い合わせ
  • プライバシーポリシー
  • サイトマップ

建築資材、土木資材をはじめとした建設資材、機材、設備、工法等の
データを収録し、スピーディな検索を実現した建設総合ポータルサイト

建設資材データベーストップ > 話題の新製品 > 2016年4月

阿部興業株式会社(本社:東京都新宿区、代表取締役社長:阿部 清英)は、創業70周年を記念して開発した新しいドアのシリーズであるseven doorsの中から、5製品目となる『wall』を4月25日に発売した。
 
阿部興業がseven doorsシリーズ『wall』を発売
 
■製品の概要
通常は壁に固定される「棚」や、「額縁」などの要素をドアに取り付けている。
このことによってドアの存在感は薄れて壁に馴染み、居住空間に楽しさを提案する。
棚と額縁の製作にはフラッシュドアの仕上げに使用している「Vカット」の技術を応用しており、額縁は簡単に着脱させることが可能でありながら、ドアの開閉時に揺れないよう新たな接合部を開発して組み込んでいる。
 
■標準価格(税抜き)
198,000円
※設計価格
 
■問い合わせ先
阿部興業株式会社
TEL:03-3341-9021
http://www.abekogyo.co.jp/

このページの先頭へ




東リ株式会社(本社:兵庫県伊丹市、代表取締役社長:永嶋 元博)は、腰壁シート『東リ 不燃腰壁シート』を4月21日に発売した。
 
不燃で大臣認定を取得した壁面保護にも寄与する腰壁シート『東リ 不燃腰壁シート』
 
■製品の概要
建築基準法の内装制限において、居室の腰高1.2mまでは制限除外となる場合があるが、通路や階段など施工される場所によって、また、建築用途や防火設備の状況によって、腰壁部分でも不燃性能が要求される場合がある。
本製品は、大臣認定を取得した不燃腰壁シートであり、これまで不燃化粧板に特定されてきた用途に対して、選択の幅が広がる。
また、モール材やコーナー材など、美しいディテールを構成するための副資材も充実している。
 
■問い合わせ先
東リ株式会社
http://www.toli.co.jp/

このページの先頭へ




東リ株式会社(本社:兵庫県伊丹市、代表取締役社長:永嶋 元博)は、NWシリーズ(長尺シート)の継ぎ目が目立ちにくい新工法『東リ ジョイントシールド』を4月21日に発売した。
 
NWシリーズ(長尺シート専用)溶接工法にかわる新継目工法『東リ ジョイントシールド』
 
■工法の概要
長尺シートの継目工法は「溶接棒を用いた溶接工法」が一般的であるが、溶接工法では、シートの柄が途切れるため、意匠性が損なわれることがある。
また、ワックスを使用しないメンテナンスが行われる場合、使用環境によっては、溶接棒とシートの僅かな隙間に汚れが溜まり、継ぎ目が目立つ場合がある。
本工法は、シート同士の断面を専用液で接着し一体化するため、シートの意匠性を損なわない。
また、汚れが溜まりにくい構造であり、ノーワックスメンテナンスでも床材の美観を維持することが可能。
さらに、溶接工法と同等の強度と耐久性を持ちながら、専用施工道具や電源も不要なシンプルな施工方法である。
 
■問い合わせ先
東リ株式会社
http://www.toli.co.jp/

このページの先頭へ




東リ株式会社(本社:兵庫県伊丹市、代表取締役社長:永嶋 元博)は、織物系内装仕上げ材『ファブテックシリーズ』を4月21日に発売した。
 
東リが伝統の平織りを塩ビ被覆糸で表現した『ファブテックシリーズ』を発売
 
■製品の概要
繊維芯材に塩ビをコーティングして糸状にした被覆糸を用い、匠の技による伝統の平織り技術と工業製品のテクノロジーを融合した、次代の素材感を追求した新たな高意匠製品。
タイルと腰壁をラインナップしており、空間提案の幅が広がる他、置敷きビニル床タイルやタイルカーペットを加えた多彩な組み合わせが可能。
耐久性に優れ、ほつれにくい構造であり、生産から在庫まで国産品であることも特長である。
無地をベースに3柄10アイテムをラインナップ。
 
■問い合わせ先
東リ株式会社
http://www.toli.co.jp/

このページの先頭へ




パナソニック株式会社 エコソリューションズ社(本社:大阪府門真市、社長:吉岡 民夫)は、自然冷媒(CO2)ヒートポンプ給湯機『エコキュート』の寒冷地向け18機種を6月27日に発売する。
 
寒冷地向け家庭用自然冷媒(CO2)ヒートポンプ給湯機『エコキュート』
 
■製品の概要
ヒートポンプユニットの熱交換効率と貯湯ユニットの保温性能の向上により、寒冷地年間給湯保温効率(JIS)3.2を実現。
また、家族一人ひとりの好みに合わせて風呂の湯温を台所リモコンで簡単に選べる「温浴セレクト」機能を搭載。
快適な3つの温浴モード(「あつめ」「ふつう」「ぬるめ」)の中から選択することが可能で、温度ムラなく好みの湯温にすることができる。
さらに、水を足さずに風呂の湯を設定温度まで下げることができるため、節水にもつながる。
加えて、2016年4月1日以降の電力小売全面自由化に伴う新電気料金メニューもリモコン設定で対応可能となっている。
 
■問い合わせ先
パナソニック株式会社 エコソリューションズ社
TEL:0120-878-709
http://panasonic.co.jp/es/

このページの先頭へ




福井コンピュータグループ福井コンピュータドットコム株式会社(本社:福井県坂井市、代表取締役社長:野坂 寅輝)は、建材・設備と住まいの3Dシミュレーションサイト『3Dカタログ.com』(https://www.3cata.com/を4月18日に公開した。
 
建材・設備と住まいの3Dシミュレーションサイト『3Dカタログ.com』
 
■概要
国内の住宅設備・建材メーカー等約100社・4,500製品の3DデータをWEB上に公開し、誰でも住宅プランの検討が可能なサービス。
福井コンピュータアーキテクト社製のCADと連携し、実際の空間を専用サイトに公開することが可能となるため、施主は実際の商品と空間を確認しながらリアリティのある家づくりの検討が可能となる。
 
■問い合わせ先
福井コンピュータドットコム株式会社
TEL:0776-67-8890
http://www.fukuicomputer.com/

このページの先頭へ




日新インダストリー株式会社(本社:東京都新宿区、代表取締役社長:川西 紀哉)は、環境対応型の亜鉛めっき補修塗料『ジンクプラスS』を、4月15日に発売した。
 
日新インダストリーが 環境対応型亜鉛めっき補修塗料『ジンクプラスS』を発売
 
■製品の概要
従来の高濃度亜鉛末塗料や亜鉛末塗料に含有されている、トルエン、キシレン、エチルベンゼンをはじめとする「特定化学物質の環境への排出量の把握などおよび管理の改善の促進に関する法律」(PRTR法)に該当する化学物質を一切含有しない、環境対応型の高濃度亜鉛末塗料である。
溶融亜鉛めっきと同などの性能を持った鉄の錆止めの補修塗料にため、溶融亜鉛めっき穴あけ箇所や、切断面の鉄素地が露出した箇所の補修に使用可能。
亜鉛粉末と亜鉛フレーク粉末を併用し、より密度の高い緻密な塗膜を形成し、腐食の進行を抑え、さらに輝度の高いアルミ粉を使用し、乾燥塗膜中亜鉛末90%でも明るめのシルバー色に仕上げている。
 
■問い合わせ先
日新インダストリー株式会社
TEL:03-3209-2181
http://nissin-industry.jp/

このページの先頭へ




セイキ販売株式会社(本社:東京都練馬区、代表取締役社長:守谷 将人)は、枠を外さずに防虫網(ネット)のみを着脱できる画期的な引き違い窓用の内付け網戸『室内付パネル網戸』を4月21日に発売する。
 
セイキ販売が引き違い窓用の内付け網戸『室内付パネル網戸』を発売
 
■製品の概要
引き違い窓用の網戸はサッシの外部側に設けられた網戸レールに取り付けられているのが一般的だが、近年マンションの高層化に伴い、網戸が落下するのを防ぐ目的で室内側に取り付けられるケースが増えてきている。
しかし同時に、マンションでは転落防止のため木額縁に手すりを設置しており、網戸の取外しができずに網の掃除・張替えなどのメンテナンスを困難にしていた。
また、同じマンションでも共有通路に面した引き違い窓には従来の網戸が外部に取り付けられているが、防犯目的の面格子が設置されているため、こちらも網戸が外せない状態にあった。
本製品は、こうしたマンションの引き違い窓用網戸の問題を解決する製品である。
構成は、網戸レールの役割を果たす四方枠と、ネットだけを外すことができる機能を搭載したパネル網戸の2点からなり、施工は、サッシの木額縁に四方枠を設置しパネル網戸をケンドンで建てこむだけと従来の網戸と同様で手軽に取り付けができる。
本製品の最大の特長はネットの四方に服飾等に使用される樹脂製ファスナーが接着されている点である。
網戸の縦枠がアルミ形材と樹脂形材の2重構造になっており、縦枠内部にある樹脂形材がファスナーを挟み込むことでネットが抜けないようになっている。
ネットの上下部は、こちらもネットの端に接着されたファスナーを挟み込んだ押し縁式の樹脂形材となっていて上下枠に着脱しやすい嵌め込み式となっている。
この構造により、網戸の枠を外すことなく、専門技術を待たない一般ユーザーであっても簡単にネットだけを着脱することができるメンテナンス性の高い網戸が実現した。
ネットを外したユーザーは浴室や洗面所で丸洗いがすることができ、ネットの取り替えも枠を外す必要がないため、張替えのために広い場所を確保するといった必要もなくなった。
さらに、網戸のサイズが大きくなるにつれて眺望の妨げとなっていたネットのタワミは、製品に内蔵されたラッチを操作することで、網が左右に張られて解消されるなど、細部にもこだわった機能が搭載されており、専用工具は一切不要でネットの着脱が可能である。
 
■標準価格(税抜き)
17,100円(幅1,200mm×高さ1,100mm)
 
■問い合わせ先
セイキ販売株式会社
http://www.seiki.gr.jp/

このページの先頭へ




株式会社 LIXIL(本社:東京都千代田区、社長:瀬戸 欣哉)は、玄関ドアをリフォームした後、1日で玄関の床タイルをリフォームできる“1dayリフォーム”(※玄関まわり6㎡で算出。現場環境により施工時間は異なる)の新工法『玄関床タイルリフォーム工法』を開発し、専用接着剤「R-QF」を4月1日に発売した。
 
玄関の床タイルを“1dayリフォーム”ができる新工法『玄関床タイルリフォーム工法』
 
■概要
既存のタイル上に専用接着剤「R-QF」を塗り、新しいタイルを張り付ける「タイル オン タイル工法」により、玄関床タイルの“1dayリフォーム”を実現。
また、同社のリフォーム玄関ドア「リシェントⅡ」に合わせた納まり設計により、安全なバリアフリー基準(段差5mm以下)を実現する。
新しく施工するタイルは同社の豊富なバリエーションの外装床タイルから選ぶことができ、リフォーム玄関ドア「リシェントⅡ」とコーディネートが可能。
ショールームやWeb上でドアや床タイルのデザイン・カラーコーディネートをシミュレーションができる“デザインセレクトナビ”により、リフォーム後の仕上がりのイメージを事前に確認することができる。
 
■問い合わせ先
株式会社 LIXIL
http://www.lixil.co.jp/

このページの先頭へ




フクビ化学工業株式会社(本社:福井県福井市、代表取締役社長:八木 誠一郎)は、壁内の配管等を点検する際に取り付ける点検口枠として、枠の見付巾11mmのスリムタイプ『壁用点検口枠 N11』を4月1日に発売した。
 
壁内の配管等を点検する際に取付ける点検口枠『壁用点検口枠 N11』
 
■製品の概要
本製品は、取り付け後に見える枠の巾を11mmとすることで、細枠によるすっきりとした仕上がりとなっている。
また、従来は現場にて別途用意していた内蓋を付属することで、内蓋作製の作業を軽減し施工性も向上した、意匠性と省施工性を兼ね備えた壁用点検口枠である。。
同時に別売部材として、開閉時に誤って内蓋を落下させることがないように対策出来る「壁用点検口枠N11 落下防止部材」もラインナップ。
樹脂製のバネ形状とすることで万一の落下時も、柔らかく内蓋の落下を防ぐ。
 
■問い合わせ先
フクビ化学工業株式会社
TEL:0800-919-2911
http://www.fukuvi.co.jp/

このページの先頭へ




前の10件
メルマガ登録

最新の記事5件

カテゴリ一覧

バックナンバー

の特集記事資料館フィード