• お問い合わせ
  • プライバシーポリシー
  • サイトマップ

建築資材、土木資材をはじめとした建設資材、機材、設備、工法等の
データを収録し、スピーディな検索を実現した建設総合ポータルサイト

建設資材データベーストップ > 話題の新製品 > 2016年10月

株式会社建築ピボット(本社:東京都文京区、代表取締役社長:千葉貴史)は、データ連携の強化、構造や法規などの
専門分野の機能の充実など、様々な改善を行った建築設計・製図CAD『DRA-CAD15シリーズ』を新発売する。
 
建築ピボットが建築設計・製図CADの新バージョン『DRA-CAD15シリーズ』を発売
 
■製品の概要
「DRA-CAD」は、直感的に目的の操作が行える建築設計・製図CADである。
デザイン、シミュレーション、プレゼンテーション、基本設計、実施設計、行政への各種申請・届出、施工図作成、
維持管理関連業務など、建築の企画から生産、運用までのあらゆる場面をカバーし、
さまざまな業種、職種のユーザーが利用できる設計支援ソフト。
PDFのCADデータ変換をはじめさまざまな形式のデータを有効利用でき、他社CADデータ(DWG/DXF/JWW)や
SXFとの互換性に優れている。
また、IFCファイルを介してBIMソフトとも連携可能。
面積表や建具表、法規対応機能、構造図作成コマンドも標準装備し、画像や文字の表現手法も多彩。
 
今回の新バージョンでは、同社の「i-ARM」をはじめとしたさまざまなソフトウェアのデータを利用し、設計業務を円滑に進めるため、互換性の向上や連携機能の強化を行った。
また、図面編集に関するコマンドの改良や、構造設計や設備設計向けの新機能、法規や建築計画の専門機能などの機能を追加した。
主な特長は下記の通り。
 
●データ連携、リソース共有による円滑な設計業務をサポート
・AutoCADとのデータ変換
・Jw_cadとのデータ変換
・i-ARMとの連携
・分散レンダリング
 
●構造設計、設備設計向け機能
・網掛けハッチング
・クイックメジャー
・グリッド
 
●3次元の表現手法の追加と操作性の向上
・帯筋文字
・断面性能
・アイソメ変形
 
●法規など建築専門機能
・任意座標求積表
・有効換気面積(居室)の計算
・トイレの適正器具数算定
 
●その他の新機能
・ポリライン内選択と前回の選択
・マルチタッチ対応
 
※出荷時期
【DRA-CAD15】2016年11月1日出荷
【DRA-CAD15 LE】2016年11月15日出荷
 
■標準価格(税別)
【DRA-CAD15(建築設計・製図CAD)】:190,000円
【DRA-CAD15 LE(2次元製図CAD)】:95,000円
 
■問い合わせ先
株式会社建築ピボット
http://www.pivot.co.jp/index.html

このページの先頭へ




文化シヤッター株式会社(本社:東京都文京区、代表取締役社長:潮崎敏彦)は、浸水高さ3mの水圧に耐える止水ドア
『アクアード』新タイプを発売した。
 
文化シヤッターが浸水高さ3mの水圧に耐える止水ドア『アクアード』新タイプを発売
 
■概要
『アクアード』は通常時は一般的なスチールドアと同等に開閉でき、非常時は「止水グレモン」を引き上げるだけで
浸水対策が完了する止水ドア。
今回、浸水高さ3mの水圧荷重に耐えられる浸水防止用設備として、機械室の出入口など広い開口部に対応した
「両開きスチールタイプ」と、港湾施設の塩害対策として錆びにくい「片開きステンレスタイプ」を追加した。
 
■問い合わせ先
文化シヤッター(株)
http://www.bunka-s.co.jp/

このページの先頭へ




日鉄住金建材株式会社(本社:東京都江東区、代表者:中川智章)は、集中豪雨による斜面崩壊を未然に防ぐ『テレスコドレーンパイプ』を発売した、
 
日鉄住金建材が集中豪雨による斜面崩壊を未然に防ぐ『テレスコドレーンパイプ』を発売
 
■概要
盛土などの斜面に貫入して地下水位の上昇を抑え,地震時の過剰間隙水圧を消散し、斜面の耐雨性・耐震性を高める。
異なる直径のパイプを組み合わせた押出式構造のため、内側のパイプを順次押し出すことでパイプと土の摩擦抵抗を分割でき、
地盤を緩めずに最大約6mまで貫入が可能。
パイプ表面は開口率が高く排水性に優れ、斜面崩壊の抑制に効果的な構造。
 
■問い合わせ先
日鐵住金建材(株)
https://www.ns-kenzai.co.jp/

このページの先頭へ




マテラス青梅工業株式会社(本社:東京都中野区、代表取締役:高村幸宏)は、道路の冠水を回避する『MO式冠水対策縁塊』を発売した。
 
マテラス青梅工業が落葉対策により道路の冠水を回避する『MO式冠水対策縁塊』を発売
 
■概要
近年多発する局地的豪雨(ゲリラ豪雨)により、落葉が道路排水ますのグレーチング表面に溜まり、
グレーチングを覆うことで水はけが悪くなり道路冠水が多発している。
『MO式冠水対策縁塊』は落葉対策に特化し、平面グレーチング部が排水機能を失ったあとも
立上り部分で排水できる構造にすることで道路の冠水対策に貢献する。
 
■問い合わせ先
マテラス青梅工業(株)
http://www.materras.co.jp/

このページの先頭へ




株式会社ホクコン(本社:福井県福井市、代表取締役社長:花村進治)は、水を使用しない非常用し尿分離型トイレ
『UDドライトイレ』を発売した。
 
ホクコンが水を使用しない非常用し尿分離型トイレ『UDドライトイレ』を発売
 
■概要
し尿と便を分離することで処理量を大幅に削減できるプラスチックダンボール製の組立式の簡易型トイレ。
分離した便は可燃ごみとして焼却処分でき、尿は消石灰の添加により土壌に浸透するか水で薄めて肥料としても利用できる。
既存トイレの個室をそのまま活用でき、洋式・和式とも被せるだけで使用可能。
清水芳久京都大学教授が開発、同社が製造販売を担う。
 
■問い合わせ先
(株)ホクコン
http://www.hokukon.co.jp/

このページの先頭へ




トレーラーハウスデベロップメント株式会社(本社:東京都中央区、代表取締役:坂本有美)は、建築確認不要なトレーラーハウス『CAPSULE-CUBE』を発売した。
 
トレーラーハウスデベロップメントが建築確認不要なトレーラーハウス『CAPSULE-CUBE』を発売
 
■概要 
カプセルベッド内蔵のトレーラーハウスで、2.4m×6mのコンテナサイズをもとに設計され、4カプセルベッドを装備。
冷暖房を完備、希望によりテレビや冷蔵庫も設置可能。
建築確認申請が不要で、宿舎用途が終了したら都度移動して別の場所で利用が可能。
オリンピックなどの大規模開発に伴う作業員宿舎や災害時のボランティア宿舎などの需要に幅広く対応できる。
 
■問い合わせ先
トレーラーハウスデベロップメント(株)
http://www.trailer-house.co.jp/

このページの先頭へ




新日鐵住金株式会社(本社:東京都千代田区、代表取締役社長:進藤 孝生)は、塗装の塗替周期延長を可能にする耐食鋼である
コルスペース『CORSPACER:Corrosion Resistance Steel forPainting Cycle Extension』を発売している。
 
新日鐵住金が塗装の塗替周期延長を可能にする耐食鋼『コルスペース』が好調
 
■製品の概要
鋼材に微量のスズ(Sn)を添加することにより、塗装の塗替周期延長を可能にする新たな耐食鋼。
鋼構造物インフラの寿命延長や維持管理費削減、塗装頻度削減により環境負荷軽減に貢献する。
特に、塩害を受けやすい沿岸地域や、凍結防止剤散布の影響を受ける部位で、効果を発揮する。
主な特長は下記の通り。
 
1. 塗膜欠陥部における鋼材腐食量が従来鋼に比べ大幅に抑制されるため、同一の塗装条件・架設環境下で普通鋼に比べ塗替周期を
  2倍に延長できる。
  その結果、普通鋼が100年で3回の塗替が必要な場合、本製品の適用により1回に削減でき、維持管理コストを半減できる。
  塗替回数削減によるVOC排出抑制効果も期待できる。
2. 橋梁に使用されるJIS鋼材規格(SS/SM/SBHS)に適合し、鋼材の機械的性質や加工特性、厚板製造範囲、
  切断・曲げ・溶接性などの各種施工性はすべて普通鋼と同等である。
  専用の溶接材料や添接ボルトも準備し、鋼構造物全体での活用を可能としている。
3. 国土交通省NETIS登録技術であり(KK-150056-A)、首都高速道路(株)の「橋梁構造物設計施工要領」(2015年6月発行)に
 「スズ添加鋼」として記載されている。
 
■問い合わせ先
新日鐵住金(株)
http://www.nssmc.com/

このページの先頭へ




メガソフト株式会社(本社:大阪府大阪市、代表取締役社長:井町良明)は、高さや空間の広がりをヘッドマウントディスプレイで
体感できる仮想現実空間を、自作・編集できるVRシミュレーションシステム『メガソフトVRソリューション ハウジングエディション』を10月26日より販売開始する。
 
仮想現実空間を自作できるVR体感システム『メガソフトVRソリューション ハウジングエディション』
 
■製品の概要
まるでその場にいるかのような没入感を体感できるVRヘッドマウントディスプレイだが、それには専用のコンテンツが必要である。
これまで仮想現実データの制作は専門業者に外注することが一般的で、VRを利用したい企業にとってはその都度コストと時間が
かかることが課題であった。
 
本システムは、豊富な3DコンテンツをVRヘッドマウントディスプレイで閲覧するためのオールインワンシステムで、
ヘッドマウントディスプレイ用の仮想現実空間の作成、仮想現実空間の体験がワンストップで行える。
また、シミュレーション機能を使って、目の前にあるように感じる家具や設備、壁紙、床材などをその場で変更することも可能。
 
360度VRを閲覧するには、ヘッドマウントディスプレイと、それを動作させるための高性能なPCが必要だが、本システムは、
動作確認済みのそれらのハードウェアを同梱し、初期導入や年間保守などのサポートもついている。
360度VRを実際に体験できるショールームも同社の東京事務所内に設置している。
※VR体験は要予約、詳細はメガソフト法人営業部(03-5213-6730)まで。
 
■問い合わせ先
メガソフト株式会社
TEL:03-5213-6730
http://www.megasoft.co.jp/

このページの先頭へ




建材の開発、製造、輸入、販売を行う、株式会社エービーシー商会(本社:東京都千代田区、社長:佐村 健)は、重厚かつ繊細な石目柄のイタリア製セラミックタイル『ブレイブ』シリーズを発売した。
 
エービーシー商会が石目柄セラミックタイル『ブレイブ』シリーズを新発売
 
■製品の概要
「ブレイブ」シリーズは床・内壁用の「ブレイブ」、内壁のアクセントとしての「ブレイブ モザイク」、重歩行用の「ブレイブ20」と
豊富なバリエーションで展開し、床、壁を同一の質感で統一感のある空間に仕上げることが可能である。
各製品の主な特長は下記の通り。
 
●「ブレイブ」
豊富なサイズバリエーションが特長。
特に自然の石材のような不規則模様の石目柄を一枚で大きく表現できる大板サイズは、コストを抑えつつ迫力のあるデザインを
可能にする。
また意匠性に優れた細目地仕様(3mm目地)に対応。
 
●「ブレイブ モザイク」
流行を捉えた凹凸による立体感と自然な色幅のあるデザインで、奥行きのある空間を演出。
こちらも細目地仕様(3mm目地)に対応。
 
●「ブレイブ20」
耐荷重性をさらに高めた20mm厚のセラミックタイルで、ひび割れのリスクは極めて低く、また高い防滑性能のため人通りの多い
コンコースなどへの使用に適している。
 
■標準価格(税別)
【ブレイブ】:12,000円/m2〜
※大板サイズ(746×1,495×T10)は\16,000/m2
【ブレイブ モザイク】:46,400円/m2〜
 ※サイズ(288×440×T14)・(305×305×T8)の2種
【ブレイブ20】:19,000円/m2
 ※サイズ(595×595×T20)のみ
 
■問い合わせ先
株式会社エービーシー商会
https://www.abc-t.co.jp/

このページの先頭へ




株式会社エクソル(代表取締役社長:鈴木伸一、本社:京都市中京区)は、10月3日より多結晶太陽電池モジュール
『XLKT-215PK』を販売開始した。
 
エクソルがオリジナル多結晶太陽電池モジュール『XLKT-215PK』を販売開始
 
■製品の概要
『XLKT-215PK』は現在販売中のオリジナル多結晶太陽電池モジュール「XLKT-205PK」の後継品である。
同社は9月1日にオリジナル多結晶太陽電池モジュール「XLKT-325PK」を販売開始、9月2日にはオリジナル工法「X-large」の発表と、産業向けのソリューションを提案してきたが、今回発売される同製品は主に住宅向けとなっている。
主なの特長は下記の通り。
 
1.住宅屋根などに調和する黒色のフレームを採用
屋根との調和を考慮した黒色のフレームを採用しているので、景観を重視するユーザーにも推奨できる。
 
2.高い技術力による確かな品質
オリジナル多結晶太陽電池モジュール「XLKTシリーズ」は、「XLKT-215PK」以外にも「XLKT-270PK」、「XLKT-325PK」と
ラインアップが豊富。
住宅屋根から広大な土地まで、設置する環境や条件に合わせて種類を選ぶことが可能で、。また、「XLKT-215PK」にも
「XLKTシリーズ」の特長であるバスバーを4本配線する「4本バスバー」を採用している。
高い技術力により生産された確かな品質で、長期間にわたる安定した発電を実現。
 
3.安心の製品・出力保証を付帯
エクソルのオリジナル太陽電池モジュールには、製品保証を10年、出力保証を25年付帯。
製品に製造上の不具合が発見された場合や、当社が定めた経年出力値を下回る場合などには、
速やかに修理または良品との交換に対応。
※ 補償内容は、不具合判定の結果により異なる。
 
■問い合わせ先
株式会社エクソル
TEL:0120-33-1139
https://www.xsol.co.jp/

このページの先頭へ




前の10件
メルマガ登録

最新の記事5件

カテゴリ一覧

バックナンバー

の特集記事資料館フィード