• お問い合わせ
  • プライバシーポリシー
  • サイトマップ

建築資材、土木資材をはじめとした建設資材、機材、設備、工法等の
データを収録し、スピーディな検索を実現した建設総合ポータルサイト

建設資材データベーストップ > 話題の新製品 > 2016年11月

YKK AP株式会社(本社:東京都千代田区、社長:堀 秀充)は、窓の外側に設置する電動ルーバーの角度調整で
光と風をコントロールし、省エネで快適な暮らしを実現するリモコン外付ブラインド『X-BLIND(エクスブラインド)』を、
12月5日から発売する。
 
光と風をコントロールするリモコン外付ブラインド『X-BLIND(エクスブラインド)』発売
 
■製品の概要
2020年に向けた省エネルギー基準適合義務化やZEH(ネット・ゼロ・エネルギー・ハウス)の普及加速事業が進められ、
住宅の温熱環境において、窓の日射遮蔽対策が重要になっている背景から、夏場の日射遮蔽や冬場の日射取得を
上手にコントロールできる住宅部材が求められるようになっている。
 
今回発売する『X-BLIND』は、窓の外側に取付ける電動のブラインドで、夏場の強い太陽の照射熱を約85%カットし
(ルーバー角度90°の場合)、室内設置のブラインドに比べて約1.8倍の効果がある。
ブラインドの操作には、リモコン電動機構を標準装備したことで、ルーバーの角度調整や全閉全開が可能で、
日射遮蔽や取得、通風、採光、そして外部からの視線をバランスよくコントロールすることが可能。
また、新築対応(先付枠)に加え、外壁の上から取り付けるリフォーム枠を設定したことで、リフォームへの対応はもちろん、
同社の樹脂窓 「APW330」「APW430」との組合わせも可能となっている。
主な特長は下記の通り。
 
●熱と光を遮る
・ブラインドを室外側に設置することで日射熱を85%カット。(ルーバー角度90°)
・日差しを外で遮ることで、室内に熱が伝わりにくく、夏場の冷房効果もアップ。
・省エネ基準における外皮の日射取得を軽減する「付属部材」に該当。
 
●風と光をコントロール
・リモコンで自由にルーバー角度を調整でき、通風、採光、視線のコントロールが可能。
・遮蔽物のない場合と比べ、ルーバー角度90°で94.3%の換気量を確保。
 
●リフォームにも最適
・外壁の上から取り付ける仕様で、リフォームにも最適。
・リモコン操作のため、壁スイッチ工事が不要で、リフォーム工期も短縮。
 
●デザイン性
・ルーバーをフラットでスリムな形状とし、ルーバーを収納するボックスもコンパクト化することで、
 住宅外観にモダンでシャープな印象を与える。
 
■問い合わせ先
YKK AP株式会社
http://www.ykkap.co.jp/

このページの先頭へ




三菱樹脂株式会社(本社:東京都中央区、代表取締役社長:姥貝 卓美)は、太陽光と雨水でセルフクリーニングする
『ALPOLIC /fr光触媒コート』を発売した。
 

  • 三菱樹脂が太陽光と雨水でセルフクリーニングする「ALPOLIC /fr光触媒コート」を発売
  • 三菱樹脂が太陽光と雨水でセルフクリーニングする「ALPOLIC /fr光触媒コート」を発売

 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
■概要
「アルポリック」は表面にアルミニウム、芯材に樹脂を使用した3層構造のアルミ樹脂複合板で、さまざまな意匠・特性を実現する。
このほど追加された『アルポリック/fr光触媒コート』は、高耐久性フッ素樹脂塗膜上に光触媒コート層を形成し、
酸化分解力と親水性により、太陽光と雨水で汚れを分解して洗い流すセルフクリーニング効果を発揮する。
 
■問い合わせ先
三菱樹脂(株)
http://www.mpi.co.jp/

このページの先頭へ




株式会社オーレック(本社:福岡県八女市、代表取締役社長:今村 健二)は、小型で使いやすいセル仕様の除雪機
『スノークリーンSGW802S』を発売した。
 
オーレックが小型で使いやすいセル仕様の除雪機『スノークリーンSGW802S』を発売
 
■概要
小型サイズで使いやすく、狭い場所から広い場所まで女性や高齢者でも簡単に操作できる除雪機。
「SGW802」は、ダブルクローラー型で、サイドカバーとエンジンカバーを標準装備し、能率と使い易さを追求したモデル。
このほど、ブレードのワンタッチ可変や独自機構による上下調節が搭載されたスノークリーン(楽オス)に、セル仕様を追加した。
 
■問い合わせ先
株式会社オーレック
http://www.orec-jp.com/

このページの先頭へ




株式会社インテグラル(本社:茨城県つくば市、代表取締役:柳澤泰男)は、ホームズ君省エネ診断エキスパート
『すまいのエコナビオプション』を強化した新バージョンを2016年12月下旬に発売する。
 
ホームズ君省エネ診断エキスパート『すまいのエコナビオプション』新バージョン発売
 
■製品の概要
建築物省エネ法の省エネ基準では、立地の日当たり度合いを考慮せず建物が日影になることが一切ないことを前提とした外皮性能と
一次エネルギー消費量を基準として定めているため、実状と異なることがあった。
 
これに対して、新バージョンでは、ホームズ君の直感的なインターフェイスと動的熱負荷計算エンジンEESLISMエンジン(※)
との連携により、建物の断熱仕様と敷地の立地条件を入力するだけで、省エネ基準に基づく外皮性能(UA値、ηAC値)のみならず、
建物への日影のかかり方と気象データから実状にあった日射取得量を精緻に計算し、さらに、壁体の材料構成から求められる
断熱性能に加え蓄熱性能(熱容量)、暖冷房運転スケジュール、在室人数、内部発熱、換気経路等を考慮した
精緻な暖冷房負荷計算・室温計算が簡単に行えるようになった。
精緻な暖冷房負荷計算ができることで、本当のゼロエネルギー住宅の設計、最適室温を考慮した快適かつ健康度の高い設計、
太陽エネルギーを活かしたパッシブ設計が可能となる。
 
(※):EESLISMは、建築環境学の第一人者である工学院大学名誉教授宇田川光弘氏らが開発した建築周囲環境および
設備システムを含めた多数室動的熱負荷計算プログラム(フリーウェア)で、建築、設備の両方で構成される建築熱環境制御システムの
汎用シミュレーションプログラムとして実績がる。
EESLISM提供者に使用許諾を得て、ホームズ君に同梱して出荷するもの。
また、このEESLISMとホームズ君の連携については、佐藤エネルギーリサーチ(株)、東京大学准教授前真之氏、前研究室メンバーに
技術指導を受けて開発を行った。
 
■標準価格(税込)
183,600円
 
■問い合わせ先
株式会社インテグラル
TEL:029-850-3331
http://www.integral.co.jp/

このページの先頭へ




日鐵住金建材株式会社(本社:東京都江東区、代表取締役社長:中川智章)は、コラム内面ビード切除不要な裏当て金『カドピタBF』を発売した。
 

 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
■概要
コラム柱「Uコラム」とダイアフラムの溶接部においては、切断開先加工されたコラムを反転し、内面ビードを切除し、
平鋼を素材とした裏当て金を溶接するのが一般的であるが、本品はこのコラム反転作業の軽減を図ることを目的に開発された、
コラム内面ビード切除が不要な裏当て金である。
Uコラムとの組合せにより、裏当て金施工時間を約20%短縮できる。
 
■問い合わせ先
日鐵住金建材(株)
http://www.ns-kenzai.co.jp

このページの先頭へ




フジワラ産業株式会社(本社:大阪市西区、代表取締役社長:藤原充弘)は、高潮・洪水・津波被害を防止し河川・海岸の景観にも配慮した「垂直起立式可動ゲート」を発売した。
(NETIS登録番号:KTK-160009-A)

 
■概要
高潮、洪水、津波などの対策として、防潮堤や堤防のかさ上げ、陸閘の設置などが全国で進められている。これらは防災対策として有効である反面、(1)人力による荷揚げが困難になる、(2)一般的な形式の陸閘では設置できない場所がある、(3)浸水対策区間が長い場合に妥当な対策が見当たらない、(4)かさ上げされた堤防が景観を損ないやすい、といった課題も指摘されている。
「垂直起立式可動ゲート」は、平常時は堤体内に格納された状態で、災害発生が予測される場合に油圧シリンダーなどを機側操作または遠隔操作して、扉体を垂直的に起立させ、浸水を食い止める設備である。平常時は収納されているため、視界を遮らず、景観への影響も小さく、漁港などでの荷揚や堤防上の歩道や通路の通行の障害にならない。通行車輌の輪荷重にも対応している。
実大実験では、水位700mmでの作動テストで900mmまで上昇させ、水密性能を確認している。
シリンダーピット幅および高さは現場合わせ。複数の扉体を連続的に設置できるため、浸水対策区間が長い場合も対応できる。
 
 
■問い合わせ先
フジワラ産業(株)
http://www.fj-i.co.jp

このページの先頭へ




株式会社ミラクール(本社:東京都中央区、代表取締役社長:白木良彦)は、遮熱性舗装の小規模復旧キット
『ミラクールリペア』を発売した。
 
ミラクールが遮熱性舗装の小規模復旧キット『ミラクールリペア』を発売
 
■概要
2020年東京オリンピックに向けて遮熱性舗装の整備が各地で行われている。
本品は、低臭MMA樹脂をベースとした遮熱性舗装用塗料で、遮熱性舗装の小規模復旧キットとして活用され、
従来のように専門業者が大型特殊塗装機で再塗装を行うことなく、一般作業員でも簡便に塗装作業できる。
幹線道路で適用でき、超速乾性のため早期の交通開放が可能。
 
■問い合わせ先
(株)ミラクール
http://www.miracool.jp/

このページの先頭へ




アキレス株式会社(本社:東京都新宿区、社長:伊藤 守)は、優れた耐候性と防炎性、透明性をもち、
災害時の安全性にも優れたアキレスソフトパーティションシリーズから初の屋外使用対応軟質塩ビフィルム
『アキレス スカイクリア防炎』を2016年11月中旬に発売する。
 
アキレスが屋外使用対応の間仕切り用軟質塩ビフィルム『アキレス スカイクリア防炎』を発売
 
■製品の概要
これまで屋外用フィルムは、ポリエステル繊維の入ったターポリンタイプが主流であったが、
格子状にポリエステル繊維が入っていることで、破れが広がらずべたつきにくい特長があるものの、
美観・視認性の良さには難点があった。
今回新発売する『アキレス スカイクリア防炎』は、難易度が高いとされていた耐候性と防炎性、
そして透明性を高いレベルで同時に実現。
さらに、欧州の厳格なREACH規制(※)にも対応している。
 
同社では、この『アキレス スカイクリア防炎』をさらに多岐にわたって使用できるよう、
豪州で最も普及しているロールブラインドシステム「Ziptrakシステム」の国内専売権をZiptrak社から取得し、
『アキレス スカイクリア防炎』専用のフレームとして同時販売する。
また、日本のように地震が多発する地域では、窓ガラスの代替としてこのシステムを使用することで
二次災害を抑止する防災対策にもなる。
主な特長は下記の通り。
 
●優れた耐候性・防炎性・透明性
これまで高い透明性を維持しながらの耐候性・防炎性の向上は困難だったが、
今回新しい配合処方により優れたレベルでの透明性・耐候性・防炎性の並立を可能にした。
 
●REACH規制対応
グローバル化を意識し、海外規制を多く採用している国内企業の需要増を見込み、REACH規制対応仕様となっている。
 
(※)REACH規制とは、欧州で2007年6月1日に発効された化学物質の登録、評価、認可及び制限に関する規制
 
■問い合わせ先
アキレス株式会社
http://www.achilles.jp

このページの先頭へ




パナソニック株式会社エコソリューションズ社(本社:大阪府門真市、社長:吉岡民夫)は、清潔さと省エネを向上した業務用エアコン『オフィス・店舗用エアコン 4方向天井カセット形室内機』を発売した。
 
パナソニックエコソリューションズ社が清潔さと省エネを向上した業務用エアコン『オフィス・店舗用エアコン 4方向天井カセット形室内機』を発売
 
■概要
省エネ・節電ニーズに対応したオフィス・店舗用エアコン4方向天井カセット形室内機。
従来比約10倍の量のOHラジカルを生成させる「ナノイーX」デバイスを業務用空調機で初めて搭載し、清潔機能を高めた。
また、送風性能や新熱交換器による伝熱性能の改善により、APFが約4.8%に向上。
エコナビ機能の進化により,快適性を保ちながらの節電を実現した。
 
■問い合わせ先
パナソニック株式会社エコソリューションズ社
http://panasonic.co.jp/es/

このページの先頭へ




総合建設会社福美建設株式会社(本社:長野県駒ヶ根市、代表取締役社長:久保田 満)は、同社ブランド
「橋術家ARCHIST(アーチスト)」より、小規模橋梁補修の表面含浸工に用いる材料ラインナップを、11月7日に発売した。
 
小規模橋梁に特化した「橋術家ARCHIST」ブランドの 表面含浸材料ラインナップを発売
 
■製品の概要
「橋術家ARCHIST」は、小規模橋梁の調査点検および補修工事の効率化・スマート化をコンセプトとした、アプリケーションや材料、ツールなどの総合ブランドである。
今回発売する表面含浸材は、『ビルテクト-100E』『ビルテクト-200』の2種で、既に流通している同名の材料より
少量の荷姿にしたものである。
補修材料は開封後の保存ができないため、小規模な現場では少なからずロスが発生する傾向にある。
そこで同社では、少量使い切りの商品を求める施工現場の声に応え、小規模補修用の材料を商品化した。
 
例えば、従来のビルテクト-100Eが16kg入りなのに対し、「橋術家ARCHIST」ブランドのビルテクト-100Eでは、4kg入りとした。
標準塗布料は0.35kg/m2(※)で、1缶で約11.4m2(※)の塗布が可能。
(※)既設コンクリートの品質により異なる。
 
ビルテクト-100Eとビルテクト-200は、いずれもアルキルアルコキシシランを主成分とし、
従来の表面含浸材に比べて極めて浸透性に優れている(ビルテクト-100Eの方がより浸透性に優れる)。
コンクリート表面に塗布するだけで、コンクリート中のケイ酸と反応し結合することにより、
コンクリート表層部と内部に強固な防水保護層を形成する。
この防水保護層は、外部からコンクリート内部への水分及び劣化因子の浸透を抑制。
そのため、塩害及び中性化等の進行が阻止されると共に鉄筋腐食も抑制され、長期的な耐久性の向上や維持が期待できる。
 
■問い合わせ先
福美建設株式会社
TEL:0120-088-293
http://www.kyoujutsuka-archist.com/

このページの先頭へ




前の10件
メルマガ登録

最新の記事5件

カテゴリ一覧

バックナンバー

の特集記事資料館フィード