• お問い合わせ
  • プライバシーポリシー
  • サイトマップ

建築資材、土木資材をはじめとした建設資材、機材、設備、工法等の
データを収録し、スピーディな検索を実現した建設総合ポータルサイト

建設資材データベーストップ > 話題の新製品 > 2017年5月

株式会社コンピュータシステム研究所(本社:東京都新宿区、代表取締役社長:長尾良幸)は、木造住宅構造計算システム『KIZUKURI Ver7.6』を2017年6月7日にリリースする。
 
コンピュータシステム研究所 木造住宅構造計算システム『KIZUKURI Ver7.6』
 
■製品の概要
「KIZUKURI」は、3階建てまでの軸組工法木造住宅および混構造住宅(1階がRC/S造、2〜3階が木造)の木造部分の構造計算を行うソフト。
コンピューターで構造計算ができる市販のソフトとしては国内初の歴史がある。
今回のバージョンでは、「木造軸組構法住宅の許容応力度設計(2017年版)」への対応等、ユーザーからの要望を選定し、構造計算業務に至るまでの生産性の向上に寄与する機能を追加。
主な新機能は下記の通り。
 
●2017年グレー本に対応
公益財団法人 日本住宅・木材技術センター発行「木造軸組構法住宅の許容応力度設計(2017年版)」(グレー本)に一部対応。
【対応項目】
1. 短期めり込み軸力の低減
2. 添え柱を加味した短期めり込み計算
 
●CEDXM入出力機能を追加
CEDXMデータによる入出力機能を追加。
主な用途として、CADから構造材(横架材・柱等)を取り込む事で、初期データ入力の手間が大きく軽減される。
※CEDXM連携対応のCADが対象。
 
●中大規模建築物の計算に対応
予め設定できる固定荷重の数を増やした。
幼稚園・保育園、高齢者施設等、中大規模建築物の計算にも対応可能となった。
 
●金物工法の梁端部金物の自動選定
従来の金物の検定から選定に変わった。
選択した金物テンプレートにある金物の中から、計算された耐力に応じた金物を自動的に割り当てる。
 
■標準価格(税別)
【新規購入】450,000円
【増設】225,000円(2本目以降の価格)
 
■問い合わせ先
株式会社コンピュータシステム研究所
TEL:03-3350-4686
http://www.cstnet.co.jp/index.html

このページの先頭へ




タカノ株式会社(本社:長野県上伊那郡、代表取締役社長:鷹野準)は、風速15m/sにも対応する片持ち式パラソル『STELLA(ステラ)』を発売した。
 
タカノが風速15m/sにも対応する片持ち式パラソル「STELLA(ステラ)」を発売
 
■製品の概要
秒速15m/sの強風にも対応できる片持ち式パラソル。
日本特有の気象現象である「突風」による転倒や破損を防ぐため、独自の風抜き機構(強風が吹くと傘部が自動で上部にはね上がり、風を逃がすことで傘や柱に作用する負荷を減らす)を持つベンチレーションシステムを持つ。
メンテナンスが容易な国産品で、ウエイトも使いやさを考慮した。
ホテルや商業施設、公共施設の屋外空間に最適。
 
■問い合わせ先
タカノ株式会社
https://www.takano-net.co.jp/

このページの先頭へ




センクシア株式会社(本社:東京都江東区、代表取締役社長:笠原伸泰)は、太陽光発電の電力を蓄える「蓄電池盤」と、停電時にその電力を自動切り替えで使用できる「制御盤」をセットとした太陽光発電 防災型制御盤『ep-BOX』を発売する。
 
太陽光発電を使って緊急時の電力が確保できる防災型制御盤『ep-BOX』発売
 
■製品の概要
従来の太陽光発電システムは、電力を緊急時に使用する際、手動で切り替え操作が必要となり、いざという時に切り替え方が分からず使えなかったケースが過去の災害発生時に多く見られた。
 
そこで同社は、停電時にその電力を自動切り替えで使用できる、緊急時の一時的な電力確保を目的とした防災型制御盤を開発。
太陽電池モジュール2枚を設置できるスペースがあれば使用可能で、これまでスペースがなく太陽光発電の導入を断念していたユーザーも使用することができる。
事務所などの照明やパソコンの電源、マンションのオートロックの電源やエントランスの照明、災害時に避難所となる公民館や集会所でのテレビや携帯電話の電源など、停電時に電気が必要となる場面で使用できる。
主な特長は下記の通り。
 
●手間いらず
 ・停電時に操作が不要、自動で蓄電池の電力に切り替わる
 ・電力会社への申請が不要
●省スペース
 ・太陽電池モジュールが2枚設置できる
●スペースがあれば設置可能
 ・制御盤と蓄電池盤がボックスに収まりコンパクト
●低コスト
 ・大型システムに比べ必要最小限装置のため、低コストで導入可能
 ・通常時には太陽光発電の電力をオフィスやマンションなどの一部電力として使用できる
 
■標準価格
160万円
 
■問い合わせ先
センクシア株式会社
TEL:03-3615-5789
https://www.senqcia.co.jp/

このページの先頭へ




パナソニック株式会社エコソリューションズ社(本社:大阪府門真市、社長:北野 亮 )は、2017年7月より、電源内蔵型のLED高天井用照明器具「DNシリーズ」に、簡単な操作で用途に合わせた調光ができる 『PiPit(ピピッと)調光シリーズ』計6機種12品番を拡充する。
 
パナソニックエコソリューションズ社がLED高天井用照明器具 『PiPit(ピピッと)調光シリーズ』を発売
 
■製品の概要
従来のシリーズに比べさらに軽量・高効率を実現した「DNシリーズ」は、光源寿命60,000時間で全てのタイプでまぶしさを低減した「高機能型」と光源寿命40,000時間で高効率、軽量、低価格を重視した「普及型」の2つのタイプをラインアップしている。
 
今回高機能型に追加されるPiPit調光シリーズは、手元のPiPit+(ピピッとプラス)ハンディライコンを操作することにより、照明器具のグループをまとめて調光制御できる。
例えば体育館で使用する場合、公式試合では100%点灯、昼間の授業やクラブ活動などでは明るさを抑えるなど、用途に応じた調光制御で節電が可能。
また、ライトマネージャーFxと組み合わせることで、複数シーンの記憶・再生ができる他、災害非難時の保安灯として使用できるなど、イベント時の演出なども可能。
さらに、センサで昼光を検知し、適切な光の量になるように照明器具をコントロールし、空間の明るさは一定のまま自動的に省エネができる。
 
また、調光型LED照明器具を導入する際に必要な信号線の配線工事が不要のため、短工期・省施工で導入することが可能。
主な特長は下記の通り。
 
1.簡単な操作で用途に合わせた調光制御が可能
2.昼光連動により自動的に省エネするためランニングコストを削減
3.明るさを確保しながらもまぶしさの抑制を実現
 
■標準価格(税別)
133,000円〜401,000円
※器具本体
 
■問い合わせ先
パナソニック株式会社 エコソリューションズ社
TEL:06-6908-1131
https://panasonic.co.jp/es/

このページの先頭へ




大建工業株式会社(本社:大阪府大阪市、社長:億田 正則)は、主力のエコ事業における新たな用途展開として、国土防災技術株式会社(本社:東京都港区、社長:辻 裕)と共同開発した土壌改良材『DWファイバー』を新たに発売し、5月15日より提案を開始した。
 
大建工業が土壌改良材『DWファイバー』を発売
 
■製品の概要
『DWファイバー』は、国産の木材チップを解繊処理し、植物の生育促進効果のあるフルボ酸(※)を添加した土壌改良材である。
これまでの住宅などの建築資材への利用用途にとどまらず、「土木資材分野」への新たな事業展開として、防風林の客土形成や斜面の吹き付け緑化などの土木工事を行う自治体や、工事業者に提案を進めてく予定。
製品の主な特長は下記の通り。
 
1.「フルボ酸」により植物の生育を促進
原材料となる木質繊維に植物の光合成を活性化する効果のあるフルボ酸を混合しているため、植物の生育を促進。
 
2.優れた通水・保水性
木質資源をランダムな繊維構造に形成しているため、高い通水・保水性能を発揮。
また、嵩(かさ)密度が低く空気を多く含むため、地温の変化を抑制するなど、植物が生育しやすい土壌環境づくりに役立つ。
 
3.資源の有効活用・環境負荷が少ない
国策として利用促進が求められている国産木材の間伐材、林地残材、河川木などを利用しており、資源を有効に活用することができる。
また、100%バージン木材の繊維を使用していることから、土の中で分解・土壌化するため環境負荷を抑えながら利用できる。
 
(※)フルボ酸とは:元来、森林や土壌の中に存在する腐植酸の一つ。
植物の光合成を活性化し、生成促進に効果がある。
国土防災技術株式会社がフルボ酸の人工生成技術に関する特許を取得している。
 
■問い合わせ先
大建工業株式会社
http://www.daiken.jp/index.html

このページの先頭へ




メガソフト株式会社(本社:大阪府大阪市、代表取締役社長:井町良明)は、簡単な操作で工事現場の3Dイラストを描けるパソコン用ソフトウェア『3D工事イラストワークス』を、全国各地の支店・営業所・建設現場で共同利用できるフローティングライセンスサービス「FCENA eWide(富士通エフ・アイ・ピー)」の契約者向けに、2017年5月11日より提供開始した。
 
メガソフトが工事現場の3Dイラスト作成ソフトをフローティングライセンスで提供開始
 
■製品の概要
本製品は、役所に提出する施工関連書類や、周辺住民への説明会資料への挿絵の他、外国人従業者が増えている工事関係者間での情報伝達、指示書用に、誰でも手軽にイラストが描ける。
これまでは、直営のメガソフトショップを含むECショップや、大手家電量販店の店頭で販売されてきた。
製品ユーザーの多くは中小の建設業者や他業種企業の設備系部署が多いのが現状である。
新しい提供方法は、これまでの”パソコン1台に1ライセンス”というルールとは異なり、同時使用台数分のライセンスでの運用が可能となる。
 
■問い合わせ先
メガソフト株式会社
http://www.megasoft.co.jp/

このページの先頭へ




エイブル株式会社(本社:東京都練馬区、代表取締役:榎原明義)は、5月15日よりエントランスにインパクトのある『光る壁システム』を発売した。
 
エイブルがエントランスにインパクトのある『光る壁システム』を発売
 
■製品の概要
本製品は、超薄の石材(約1mm厚)を合わせガラスで挟み、ハイパワーなLEDライトで照らしている。
日本の合わせガラス技術、ドイツの超薄型石材剥離技術、インド産石材を融合してシステムアップした。
昼は自然石で、夜は透過光の石材へと変化し、従来の石材の床や壁も、照明を効果的に使用することで、より美しく空間を演出できる。
 
■問い合わせ先
エイブル株式会社
TEL:03-6766-8981
http://www.d-kuru.com/product/2814

このページの先頭へ




東亜道路工業株式会社(本社:東京都港区、取締役社長:新谷章)が小規模用常温硬化型路面補修材『ファスト・アス』でグッドデザイン賞を受賞した。
 
小規模用常温硬化型路面補修材『ファスト・アス』がグッドデザイン賞を受賞
 
■製品の概要
同製品は、施工性,耐久性に優れた改質アスファルト乳剤系路面補修材。
構造物周辺の段差や継目の修正,荒れた路面のリフレッシュなどに最適である。
このほど,改質アスファルト乳剤と骨材を1パッケージ化したことより、手を汚すことなく、簡単確実に施工できることが評価され、日本デザイン振興会が運営するグッドデザイン賞2016に道路補修材として初めて受賞した。
 
■問い合わせ先
東亜道路工業株式会社
http://www.toadoro.co.jp/

このページの先頭へ




株式会社シムトップス(本社所在地:東京都目黒区、代表取締役社長:水野 貴司)は、電子帳票ソリューションConMas i-Reporterの最新バージョンとなる『ConMas i-Reporter Version 6』を2017年5月8日にリリースした。
 
シムトップスが電子帳票ソリューション「ConMas i-Reporter」の最新バージョンをリリース
 
■製品の概要
「ConMas i-Reporter」は、あらゆる現場で行われている紙帳票を使用した記録・報告・閲覧を、iPad、iPhoneを使用した現場完結型の新しいスタイルへと変える電子帳票ソリューションである。
これまで事務所に戻ってから行っていた報告書の作成やシステムへの入力をなくし、全ての作業を現場でiPad、iPhoneから完結できる。
現場からサーバーへアップロードするだけで、関連するシステムへの連携など全ての記録・報告がリアルタイムに共有できる。
管理者はPCやモバイルのWebブラウザから簡単に記録・報告を検索、参照や編集、承認が可能。
主なリリース機能は下記の通り。
 
【音声入力機能】
アドバンスト・メディアとの協業により、i-Reporterアプリ本体に「AmiVoice(R) Mobile Toolkit for iOS SDK」を組み込み、音声入力機能を実現。
声だけでタブレットへの入力ができるため、作業の手を止めることなく、ハンズフリーで効率的なデータ作成を行うことが可能。
また、音声認識・音声対話専用のバッジ型ウェアラブルマイクデバイス「AmiVoice(R) Front WT01」と連携して使用することで、高騒音環境下でも正確な音声入力を行うことができる。
 
【ピン打ち機能】
●想定される用途
[建設・建築]
マンション、分譲・注文住宅などの途中の検査や完成検査などで、完成図面に対して指摘された不具合の場所にピンを打って不具合内容詳細の記録を残す業務を想定。
不具合箇所は写真を撮影することも可能。
仕訳用の帳票を別途に出力し業者に配布など。
[製造]
目視検査などで、図面や実物の写真にピン打ちして、不具合内容詳細の記録を残す業務を想定。
不具合箇所は写真を撮影することも可能。
仕訳用の帳票を別途に出力し各部門に配布など。
 
■問い合わせ先
株式会社シムトップス
http://www.cimtops.co.jp/

このページの先頭へ




JFEスチール株式会社(本社:東京都千代田区,代表取締役社長:柿木厚司)は、5%アルミ−亜鉛系高耐食溶融めっき鋼板
『エコガル®』を発売した。
 
JFEスチールが5%アルミ−亜鉛系高耐食溶融めっき鋼板「エコガルNEO」を発売
 
■製品の概要
従来の5%アルミ−亜鉛系高耐食溶融めっき鋼板『エコガル®』を改良し、
GI(溶融亜鉛めっき)同等の溶接性・加工性を維持しながら、表面外観を向上させた。
後処理は無処理もしくはクロメートフリー処理で、強度も490MPa級ハイテン材まで製造でき、
電機・建材・自動車向けに幅広く適用可能。
製造はJFEスチール(株)、販売は同社ならびにJFE鋼板(株)。
 
■問い合わせ先
JFEスチール株式会社
http://www.jfe-steel.co.jp/

このページの先頭へ




前の10件
メルマガ登録

最新の記事5件

カテゴリ一覧

バックナンバー

の特集記事資料館フィード