• お問い合わせ
  • プライバシーポリシー
  • サイトマップ

建築資材、土木資材をはじめとした建設資材、機材、設備、工法等の
データを収録し、スピーディな検索を実現した建設総合ポータルサイト

建設資材データベーストップ > 話題の新製品 > 2017年6月

センクシア株式会社(本社:東京都江東区、代表者取締役社長:笠原 伸泰)は、緊急時の電力が確保できる防災型制御盤『ep-BOX』を発売した。
 
緊急時の電力が確保できる防災型制御盤「ep-BOX」
 
■製品の概要
太陽光発電の電力を蓄える「蓄電池盤」と、停電時にその電力を自動切り替えで使用できる「制御盤」をセットとした太陽光発電 防災型制御盤。
従来の太陽光発電システムは、電力を緊急時に使用する際、手動で切り替え操作が必要だった。
本製品は、停電時に自動で蓄電池の電力に切り替わり、緊急時の一時的な電力を確保できる。
太陽電池モジュール2枚を設置できるスペースがあれば使用可能。
 
■問い合わせ先
センクシア株式会社
TEL:03-3615-5789
https://www.senqcia.co.jp/

このページの先頭へ




ロンタイ株式会社(本社:大阪府守口市、代表取締役:中川 太郎)が安価で侵食防止を可能にしたワラ不織布付き張り芝『ロンケットキーパー』を発売した。
 
ロンケットキーパー
 
■製品の概要
本製品はワラと耐候性の高い不織布を装着しており、ワラのもつメリット(侵食防止効果、断熱性・保水性、保温性、環境保全)と特殊な不織布による侵食防止効果を兼ね備えている。
さらに、ワラに不織布を装着し「張り」を持たせることで、ロンケットワラに比べ敷設作業や製品の切断がしやすくなり、施工性が向上した。
 
■問い合わせ先
ロンタイ株式会社
TEL:06-6902-9401
http://www.rontai.co.jp/

このページの先頭へ




福井コンピュータドットコム株式会社(本社:福井県坂井市、代表取締役社長:野坂 寅輝)は、建材・設備と住まいの3Dシミュレーションサイト「3Dカタログ.com」において、PC画面上で各種サービスの接客対応を行う、オンライン相談窓口『WEB支店』を2017年6月より開設した。
 
福井コンピュータドットコムがオンライン相談窓口『WEB支店』開設
 
■概要
現在、同社では「3D カタログ.com」を中心としたWEBサービスの開発・販売を行っている。
今回、オンライン相談窓口「WEB支店」を開設し、インターネットによる「対面オンラインサービス」を開始した。
これにより、全国のユーザーが対面オンラインサービスを利用し「住宅プレゼンシステムに関する相談」「設計CAD導入に関する相談」「省エネ計算システムに関する相談」等、さまざまな個別相談を事務所にいながら、いつでも気軽にできるようになった。
「WEB支店」は、「3Dカタログ.com」上に開設している。
 
■問い合わせ先
福井コンピュータドットコム株式会社
TEL:0776-67-8890
http://www.fukuicomputer.com

このページの先頭へ




東拓工業株式会社(本社:大阪府大阪市、代表取締役社長:豊田 耕三)は、橋梁の伸縮装置からの漏水を集排水する『トータク簡易排水装置TYPE-C』を発売した。
 
トータク簡易排水装置TYPE-C
 
■製品の概要
コンクリート橋遊間部の発泡スチロールを部分除去した後、「トータク簡易排水装置TYPE-C」を設置することで、塩分が含まれる橋面からの漏水を集めて竪壁側面に排水し、橋台・支承・橋桁を保護する。
独自のV型構造で遊間内部のコンクリート壁にフィットし、寒暖による橋の伸縮に追従するので、集水性を損なわない。
橋上での作業はなく交通規制が不要。軽量で寒さに強いポリエチレン製。
 
■問い合わせ先
東拓工業株式会社
TEL: 06-6308-6026
http://www.totaku.co.jp/

このページの先頭へ




リンナイ株式会社(本社:愛知県名古屋市、社長:内藤 弘康)は、電気とガスを組み合わせた家庭用ハイブリッド給湯・暖房システムECO ONE(エコワン)のラインアップに、給湯一次エネルギー効率156%を実現した『タンクユニット160L』モデルを拡充し、2017年8月から順次発売する。
 
リンナイがECO ONE(エコワン)のラインアップに『タンクユニット160L』モデルを拡充
 
■製品の概要
主な特長は下記の通り。
 
●:給湯一次エネルギー効率156%
ハイブリッド給湯システムとしてタンクユニットの最適化の追求により、省エネ設備の評価基準となる給湯一次エネルギー効率にて156%を実現。
家庭のエネルギー消費の大半を占める給湯分野のエネルギー消費を削減し、ZEH(ゼロエネルギーハウス)の実現に大きく貢献する。
 
● 給湯光熱費を63%削減
タンクユニット160Lタイプ(シングルハイブリッド)は、従来型ガス給湯器と比べて、年間給湯ランニングコストを約63%削減する。
 
● 温水暖房で快適な暮らしを実現
同製品は、給湯やお風呂へのお湯はりはもちろん、床暖房、浴室暖房など、お湯の熱を利用した温水暖房まで1台でまかなうことができる。
また、電気とガスのハイブリッドで高い省エネ性を実現するため、ランニングコストの面でも安心して温水暖房を使用できる。
 
● スマートフォンから宅外操作が可能になるサービスを開始(2017年10月予定)
ECO ONE専用リモコンは、無線LANモジュールを内蔵しているため、宅内では当社専用アプリケーションを通じてスマートフォンやタブレットから給湯リモコンを操作することが可能。
さらに、従来のHEMSを通じた宅外からの給湯リモコン操作に加えて、10月から専用アプリケーションを更新し、同社サーバーを用いた宅外操作サービスを開始。
帰宅途中に浴室へのお湯はりや床暖房の運転開始など、さまざまな操作や設定が可能となる。
 
● 太陽光発電の余剰電力を活用してお湯を沸かす「太陽光発電モード」
ECO ONEに搭載された太陽光発電モード「PV活用」では、学習制御によりふろ湯はり用のヒートポンプ沸き上げを余剰電力時間帯に行う。
タンク容量も増加したことで、一般的な浴槽のお湯はり1回分を余剰電力でまかなうことが可能となり、省エネ性の向上、電気代の節約および再生可能エネルギー賦課金の負担軽減に貢献する。
 
● 奥行き550mmの狭小地でも設置可能
設置に必要な最小奥行き寸法は550mmと、タンクユニット100Lタイプと同じ。
都市部など狭小地への設置にも対応。
 
■標準価格(税別)
シングルハイブリッド
タンクユニット160L / 暖房能力14kW:820,000円
 
■問い合わせ先
リンナイ株式会社
TEL:052-361-8211
http://www.rinnai.co.jp/

このページの先頭へ




三協立山株式会社・三協アルミ社(本社:富山県高岡市、社長:蒲原 彰三)は、ビル用の基幹サッシ「MTG-70」を刷新し、『MTG-70R』として発売した。
 
三協アルミ社がビル用基幹サッシ『MTG-70R』を発売
 
■製品の概要
主な特長は下記の通り。
 
1. 安全・安心機能の充実
・障子脱落防止の「セーフティハング機構」を標準装備
 引違い窓などスライド系窓種には、障子脱落防止のために、従来より装備している「障子はずれ止め部品」(ビス留め式)に加え、
 新たに、障子を建て込むことで自動的にセットされる「セーフティハング機構」を標準装備しているため、安心して使用可能。
 
・障子コーナー部に樹脂製カバーを標準装備
 通常の使用では接触の可能性が低い部分も含め、障子の全てのコーナー部に樹脂製のカバーを標準装備し、安全性に配慮。
 
・オプション部品の充実
「隣地との境界が狭い場合」や「落下防止という安全面の配慮」から要望されるユーザーのニーズに対応するため、すべり出
 し窓や突出し窓には、有効開口幅を70mmに制限する「小開口制限アーム」を用意するなど、オプション部品も充実。
 
2.新機構搭載の窓種をラインナップ
・採風機構付のビル用かまちドア
 ドアに内開き窓(網戸標準装備)を搭載しているため、ドアを閉めた状態で自然の風を室内に採り込むことが可能。
 
・清掃モード付のすべり出し窓
 すべり出し窓には新機構アームを採用し、換気モードと清掃モードへの切り替えが可能。
 清掃モード時は一定の角度で障子が固定されるため、安全にガラス外面の拭き掃除を行うことができる。
 
3.断熱性の向上
・36mmのガラス溝幅を確保したことで、空気層12mmの複層ガラスも対応可能となり、断熱性が向上。
 Low-E 複層ガラスの採用で、断熱性H-3にも適応可能。
 
4.遮音性の向上
・防音合わせ複層ガラスを使用することで、引違い窓やたてすべり出し窓などの遮音性能がT-3等級となる。
 また、グレモンハンドルのかまちドアでもT-3等級を確保。
 
■標準価格(税別)
【耐風圧性:S-5、気密性:A4、遮音性:T-2、断熱性:H-2
引違い窓2枚建、幅2000mm×高さ2000mm、SLC色、階段タイプ、可動網戸付きの場合】:79,600 円
※搬入費・取り付け費は別途。
 
■問い合わせ先
三協立山株式会社・三協アルミ社
http://alumi.st-grp.co.jp/

このページの先頭へ




株式会社サンゲツ(本社:愛知県名古屋市、代表取締役社長:安田 正介)は、オフィスやホテル、商業・文教施設をはじめ住宅にも使用できるガラスフィルムの新作見本帳『2017-2019 ガラスフィルム』を6月16日に発刊した。
空間イメージに合わせてガラス面を装飾し、スタイリングを楽しめる“意匠性”と、省エネ効果や飛散防止などさまざまな“機能性”を備えた総点数92点のラインアップとなっている。
 
サンゲツが新作見本帳『2017-2019 ガラスフィルム』を発売
 
■概要
主な特長は下記の通り。
 
1. さまざまなシーンに選びやすいベーシック柄を充実
オフィスをはじめ各種施設で選びやすい、汎用性の高い白系のシンプルなデザインを拡充。
グラデーション柄では、無地との組み合わせが可能なアイテムを含めた9点を収録。
ベーシックな柄では、ストライプ・ドット・ファブリック・和のモチーフをバリエーション取り揃え、さまざまなニーズに合った空間を演出する。
 
2. 空間デザインの可能性が広がる
北欧フィンランドの人気ブランド「Finlayson(フィンレイソン)」などのデザインや、鮮やかな色合いのガラスフィルムを収録。
コントラクト分野から住宅分野の幅広いシーンで、意匠性の高いフィルムのガラス面への装飾を通じて、空間デザインの可能性を広げる。
 
3. 快適性を高める優れた機能
夜景を望むガラス面やショーケースなどの、気になる映り込みを抑える「低反射フィルム『ルクリア』」を収録。さらに、表面が凹凸な型板ガラスへの施工が可能な「フリーフィット」や、省エネ効果が期待できる「遮熱フリーフィット」、年間を通して空調消費電力を削減できる「低放射フィルム(断熱フィルム)」など、さまざまな機能性アイテムを取り揃えている。
 
※同見本帳は設計事務所や建設会社、工務店などで閲覧できる他、サンゲツ内のオンラインカタログ「デジタルブック」でも公開している。
 
■問い合わせ先
株式会社サンゲツ
TEL:052-564-3111
https://www.sangetsu.co.jp/

このページの先頭へ




古河電気工業株式会社(本社:東京都千代田区、社長:小林 敬一)が無電柱化に貢献する、地中埋設用ケーブル保護管『角型エフレックス』を発売した。
 
地中埋設用ケーブル保護管「角型エフレックス」
 
■製品の概要
軽量で曲げやすいといった特長を持ちつつ、波形状の山部を角型、谷部を丸型とすることにより、管自体を積み上げる多条多段配管を実現した樹脂製波付管。
従来の多条多段配管では、塩化ビニル管などの直管、曲り管を組み合わせ、管枕を用いて組み上げる必要があったが、本製品は、手作業で容易に曲げることができるため、曲り管が不要になる。
さらに直接段積ができるため、管枕も不要。
 
■お問合せ先
TEL: 03-3286-3001
https://www.furukawa.co.jp/

このページの先頭へ




積水化学工業株式会社(本社:東京都港区、代表取締役社長:高下 貞二)が、インフラ老朽化対策製品群『インフラガード』を発売した。
 
インフラガード
 
■製品の概要
同製品は、コンクリート構造物、鋼構造物の予防保全、補修、補強それぞれの用途に対応でき、鉄道、道路などのインフラ施設の長寿命化を可能にするプラスチック単体およびプラスチック複合材の製品群。
構造物を長寿命化することに加え、施工現場における仕上がり品質と短時間施工を兼備した。
6月から3製品(CF-PPS,CRJ,DLC)を順次販売開始している。
 
●CF-PPS(Carbon Fiber PrePregSheet:炭素繊維プリプレグシート)
2方向に配列した炭素繊維基材にエポキシ樹脂を事前含浸したプリプレグシート
(繊維基材に樹脂をあらかじめ含浸した状態の成型用材料)。
用途は、鋼構造物(標識、照明など)の防食、補修、補強およびコンクリート構造物の補修、補強。(写真左)
 
●CRJ(CRack Joiner)
湿潤なひび割れへ注入可能な軟質エポキシ樹脂。用途は、コンクリート構造物のひび割れ補修等。(写真中央)
 
●DLC(Diamond Like Carbon)
ダイヤモンドに類似する特性を持つ硬い炭素膜である。
本製品は、高いガスバリア性能を有するDLC膜を表面に配したプラスチックシート。
用途は、コンクリート構造物の表面保護工、剥落防止工等。
今秋発売予定。(写真右)
 
■問い合わせ先
積水化学工業株式会社
TEL:075-662-8603
https://www.sekisui.co.jp/

このページの先頭へ




YKK AP株式会社(本社:東京都千代田区、社長:堀秀充)は、ビル用窓の基幹商品「EXIMA31」に雨水抑制機能を備えた縦型の自然換気窓『サイドパス』を2017年5月31日に発売した。
 
雨天時でも換気できるビル用縦型自然換気窓『EXIMA31 サイドパス』発売
 
■製品の概要
本製品は、建物全体や空間において効率的な換気(給気)を行うことを目的とした室内外にパネルが対称に開く縦型自然換気窓である。
換気量の確保に特化した「V仕様」、自然換気と雨水浸入抑制の機能を備える「RV仕様」の2種類を設定。
特に、「RV仕様」は、従来の自然換気商品にはなかった機能により、換気をしている開放状態でも雨水浸入の抑制が可能。
そのため、雨天時でも換気でき、また使用者が不在の場合や閉め忘れた場合でも、安心して換気を行うことができる。
また、排気用の窓「EXIMA31 バランスウェイ」と組み合わせることで、給気・排気ともに天候変化への対応をしながら、建物全体での効率的な換気を実現できる。
主な特長は下記の通り。
 
●構造・ラインアップ
・防犯性への配慮や最適な換気量を確保できる150mm幅のフラットパネル構造。
 フラットですっきりとした意匠性を実現。
・内外に開く機構を採用。
 室内側のパネル操作と連動し、室外側パネルも開放。
・パネル幅に納まるコンパクトなハンドルを採用。
 閉鎖時にはフラットに収納可能。
・枠見込70?以内に「パネル」、「ハンドル」、「雨水浸入抑制がらり」、「網戸」の機能を納める構造。
(雨水浸入抑制がらりはRV仕様のみ)
 
●雨水浸入抑制機能 (RV仕様のみ)
・外部パネルとがらりで、雨水浸入を抑制。
 防水性99.99%の性能を実現。
 雨天時の換気を可能にし、不在時や閉め忘れ時の天候変化にも対応。
 
●網戸付き(標準設定)でも意匠性と防虫性を両立
・閉鎖時は内外パネルによって網戸が隠れているため、アルミパネルのシャープさが表現できる意匠。
・開放時も網戸が内蔵されているため、防虫しながら換気可能。
・閉鎖時は内外パネルで網戸がカバーされるため、ネットが外部に露出せず、汚れにくく清掃手間を軽減。
 
■問い合わせ先
YKK AP株式会社
TEL:0120-20-4134
http://www.ykkap.co.jp/

このページの先頭へ




前の10件
メルマガ登録

最新の記事5件

カテゴリ一覧

バックナンバー

の特集記事資料館フィード