• お問い合わせ
  • プライバシーポリシー
  • サイトマップ

建築資材、土木資材をはじめとした建設資材、機材、設備、工法等の
データを収録し、スピーディな検索を実現した建設総合ポータルサイト

建設資材データベーストップ > 話題の新製品 > 2017年12月

日本住環境株式会社(本社:東京都台東区、代表取締役社長:林 容)は、省エネ・安定性・安心感にこだわった排気柄集中喚起システム『ルフロ400』を発売した。
 
ルフロ400
 
■製品の概要
住宅内の汚れた空気を入れ替える、第3種の排気型集中換気システム。
ドレンキャップ採用により、本体(LFB-400DC-V)内に水分が発生しても排出し、浴室換気も可能になった。
本体は蓋の開閉が回すだけなので年1回のファン清掃のみ。
 
■問い合わせ先
日本住環境株式会社
TEL:03-5289-3302
http://www.njkk.co.jp/

このページの先頭へ




エーアンドエー株式会社(本社:東京都千代田区、代表取締役:横田貴史)は、設計環境の強化と機能拡張を実現したCAD・BIMツールの新バージョン『Vectorworks 2018』を2018年1月12日より提供開始する。
 
設計・デザイン業務の生産性向上を支援する最新CAD・BIMツール『Vectorworks 2018』
 
■製品の概要
同製品は、2D、3D、データベース、高品質レンダリングなど豊富な機能を搭載した、設計・デザインのためのワンストップアプリケーション。
専門分野別のラインナップにより、BIM・建築・インテリア設計、舞台照明設計、造園設計の設計業務をさらに効率化する。
主な特長は下記の通り。
 
1.設計環境の強化
・画面を分割するマルチビュー機能により、複数視点での同時表示・編集を実現
・辺の追加・削除、新しいブリッジモードなど、サブディビジョンサーフェス編集機能の強化
・各種リソースの検索、編集が容易になる、リソースマネージャの強化
 
2.Renderworksエンジンのアップグレード
・インタラクティブ表示が可能な、360度のパノラマレンダリング取り出し
・新しく搭載された布シェーダ、ヘアライン設定が改善されたメタルシェーダにより、レンダリング品質が向上
・写真に合成しやすい陰影を取り出すことができる、シャドウキャッチャー機能の搭載
・高品質な立体感を素早くレンダリングできる、パララックスバンプ設定の搭載
 
3.BIM・建築設計機能の拡張
・スタイル割り当てされた壁の構成要素の高さ変更など、壁オブジェクトの改良
・平面や断面での構成要素同士の表示改善による、図面表現の高品質化
・断面ビューポートの表示状態を維持したままの編集を実現し、より精確な図面作成が可能
・図面枠ツールの刷新による、詳細な図面情報の定義、変更ができる機能拡張
・RevitデータをVectorworksオブジェクトに変換して、テクスチャとともに取り込みが可能
 
4.用途、利用環境ごとに選択可能な充実の製品ラインナップ
・基本製品「Vectorworks Fundamentals」をはじめ、BIM・3D設計を可能にする建築設計向けの「Vectorworks Architect」、造園設計向け「Vectorworks Landmark」、舞台照明設計向け「Vectorworks Spotlight」など専門分野ごとに選べる製品構成を提供。
・PCごとにライセンスを管理する「スタンドアロン版」とサーバ/クライアント型で大規模なライセンス管理、運用を可能にする「ネットワーク版」の2種を用意。
 
■標準価格(税別)
30万5,000円〜
 
■問い合わせ先
エーアンドエー株式会社
TEL:03−3518−0131
http://www.aanda.co.jp/

このページの先頭へ




星和電機株式会社(本社:京都府城陽市、代表取締役社長:増山晃章)は、電磁波ノイズ対策製品「EMISTAR」シリーズの新ラインアップとして、『ナノクリスタルコモンモードチョークコイル(E24CMCシリーズ)』を発売した。
 
kHz帯域の低周波ノイズ対策製品 超小型&軽量型『ナノクリスタルコモンモードチョークコイル』発売
 
■製品の概要
同製品は、インバーターおよび産業機械やパワーコンディショナー等を制御するパワーモジュール製品に対応した電磁波ノイズ対策製品である。
標準品として「E24CMC251327SNV」(定格電流13A)と「E24CMC301835SNV」(定格電流18A)の2機種をラインナップしており、大電流対応の製品となっている。
また、この製品は定格電流やリードピッチなどカスタム対応も可能となっている。
主な特長は下記の通り。
 
①コア(磁心)にナノクリスタル材(軟磁性材料)を使用。
②ナノクリスタル材は透磁率が高く、優れたノイズ抑制効果がある。
③kHz帯域での高いインダクタンス性能を発揮。
④フェライトコア磁心のコモンモードチョークコイルよりも小型化および軽量化が可能。
⑤温度の影響を受けにくく、高温環境下(最大120℃)でも安定した性能を保つ(自己温度上昇を含む)。
 
■問い合わせ先
星和電機株式会社
TEL:0774-55-8181
http://www.seiwa.co.jp/

このページの先頭へ




文化シヤッター株式会社(本社:東京都文京区、社長:潮崎 敏彦)では、大規模震災直後に火災が発生した際、建物の歪みによって防火戸の枠が変形しても、扉が上枠や床と干渉することなく閉鎖することで防火性能を保持し、避難経路を確保できる大変形追従随時閉鎖型防火戸『アスコード』を発売した。
 
「アスコード」
 
■製品の概要
大規模震災に対する意識が高まり、「震災直後の火災においても機能する防火戸を設置したい。」との声を受けて開発された。
大規模震災直後に火災が発生した際、建物の歪みにより防火戸の枠が変形しても、扉が上枠や床と干渉することなく閉鎖し、防火性能を保持しながら、避難経路の確保が可能である。
新設の他、既存の改修にも対応。
 
■問い合わせ先
文化シヤッター株式会社
TEL:03-5844-7111
http://www.bunka-s.co.jp/

このページの先頭へ




株式会社コンピュータシステム研究所(本社:東京都新宿区、代表取締役社長:長尾良幸)は、木造住宅構造計算システム「KIZUKURI」シリーズの枠組壁工法版『KIZUKURI 2×4』の新バージョンを2017年11月30日にリリースした。
 
枠組壁工法版 木造住宅構造計算システム『KIZUKURI 2×4 Ver5.5』リリース
 
■製品の概要
同システムは、木造建築物及び混構造の木造部分の構造計算を行うソフト。
今回のバージョンでは、作業者の生産性を向上させ、中大規模建築物の計算業務に必要な機能を追加した。
主な新機能は以下の通り。
 
●じん性の検討
共同住宅や中大規模の非住宅でも求められるじん性の検討機能を追加。
 
●耐力壁に直行する横架材の短期回転力計算
直行する架構の応力を自動考慮。
 
●PHの偏心率計算
ペントハウスの偏心率の計算に対応。
 
●JWデータの下絵表示
JWデータを下絵表示することで、初期の入力作業を効率化。
 
●その他の新機能
・構造区画の領域X表示
・(告示第1791号)部材検討(1.5倍)での個別計算の表記
・固定荷重の設定範囲の表示
・耐力壁配置図の長さ表記
・Kiz-Sub 38mm厚アンカーボルトの計算 等
 
■標準価格(税別)
新規購入:450,000円
増設:225,000円(2本目以降の価格)
 
■問い合わせ先
株式会社コンピュータシステム研究所
TEL:03-5363-0650
http://www.cstnet.co.jp/index.html

このページの先頭へ




株式会社日本住宅保証検査機構、略称/JIO(本社:東京都千代田区、社長:平井雅彦)は、書籍『防水施工マニュアル 住宅用防水施工技術2017』を発売した。
 
日本住宅保証検査機構『防水施工マニュアル 住宅用防水施工技術2017』発売
 
■概要
本書は、「JIO わが家の保険」をはじめとした住宅瑕疵保険業務における引受実績や現場情報の蓄積などから、引渡後の不具合事象として割合の多い「3大重要部位」を中心に 現場の施工で誤りやすい雨漏りの対策の施工方法等の図解を多く盛り込んで現場施工で直ぐ役立つよう解説されている。
 
事業者に情報提供を開始していた「JIO防水施工要領」を改訂し、その編集方針は変更せず、データや内容をリニューアルした「防水施工マニュアル」となっている。
 
書籍名:防水施工マニュアル 住宅用防水施工技術2017(A4判・240頁)
株式会社日本住宅保証検査機構 編 / 東海大学名誉教授 石川廣三 監修
発行出版社:技報堂出版 http://gihodobooks.jp/
発売場所:全国の書店、出版社のホームページ、インターネット通販サイト 等
 
■定価(税込)
3,456円(本体3,200円)
 
■問い合わせ先
株式会社日本住宅保証検査機構(JIO)
TEL: 03-6861-9210
http://www.jio-kensa.co.jp

このページの先頭へ




白水興産株式会社(本社:東京都港区、代表取締役:岡? 裕明)は、層間変形に追従する片側固定専用ブラケット『WPブラケット』を発売した。
 
「WPブラケット」
 
■製品の概要
片側固定型のアルミ製笠木。
地震時に挙動が異なる外壁(ALC・押出成形セメント板)と防水立上り壁の両側を固定すると、笠木が破損や外れる可能性がある。
笠木がないと雨水侵入など事故が起きる。
そこで固定を片側に限定することで事故を予防。
耐力を補うために大型化することで従来品と同等な強度を確保。
12月13日〜15日に東京ビッグサイトで開催される建材EXPOに出展予定。
 
■問い合わせ先
白水興産株式会社
TEL:03-3431-9713
http://www.hakusui-k.co.jp/

このページの先頭へ




キャタピラージャパン(本社:東京都中野区、社長・CEO:矢口 教)は、国土交通省が推進するi-Constructionに対応し、オフロード法2014年基準に適合した中型ブルドーザ『Cat D6T ブルドーザ』を発売した。
 
Cat D6T ブルドーザ
 
■製品の概要
国土交通省が推進するi-Constructionに対応し、オフロード法2014年基準に適合した中型ブルドーザ。
Catスロープアシストを標準装備し、ブレードを目標勾配に自動でキープでき、初心者でも高精度の勾配施工が簡単にできる。
施工時間短縮、オペレーターの疲労低減に貢献する。3次元マシンコントロール「Catグレードコントロール3D」もオプションで選択可能。
 
■問い合わせ先
キャタピラージャパン
TEL:03-5717-1122
https://www.nipponcat.co.jp/

このページの先頭へ




パナソニック株式会社 エコソリューションズ社(本社:大阪府門真市、社長 :北野亮)は、配線器具の新シリーズとして、住宅や店舗などのホワイトを基調としたスイッチ、コンセント『CLA-CHIC SERIES(クラシックシリーズ)』を2017年11月21日より発売した。
 
『CLA-CHIC SERIES(クラシックシリーズ)』
 
■製品の概要
近年、タンブラスイッチを含むアメリカンスイッチやトグルスイッチと呼ばれるレトロ感のある商品が注目される中、この『CLA-CHIC SERIES(クラシックシリーズ)』は、以前より愛用されてきたデザインを現代の住空間などに調和するデザインに対応させた配線器具である。
 
本製品は、ホワイト色のタンブラスイッチとスイッチプレート、コンセントプレートを新たにそろえ、プレートにはホワイトのメラミン焼付塗装で「ホーローの質感」を再現し、細部の仕上げや色味にも、こだわっている。
主な特長は下記の通り。
 
1.レトロなデザインのタンブラスイッチ、プレート系列(ホワイト色)を発売
2.メラミン焼付塗装で「ホーローの質感」を再現した、プレートをラインアップ
3.こだわりのあるインテリア空間に調和するスイッチ・コンセント
 
■標準価格(税別)
1,080円(WS5116SW)
※工事費別
 
■問い合わせ先
パナソニック株式会社 エコソリューションズ社
TEL:0120-878-709
https://panasonic.co.jp/es/

このページの先頭へ




株式会社サンエー(所在地:神川県横須賀市、代表取締役:庵崎 栄)は、エアコンや照明、玄関ドアなどさまざまな家電や住宅設備をスマートフォンでリモートコントロールする機能を備えた建築業者向け住宅向け新システム『S-REMOS(エス・リモス)』を12月13日に発売する。
 
『S-REMOS』
 
■製品の概要
同製品は制御基盤セット、有線ルーター、屋外用カメラ、温度センサー、光回線などから構成され、住宅内の照明、エアコンなどと制御基盤を配線工事でつなぎ、ルーターを介してスマホから操作できるようにした。
住宅購入者はスマホ1台あれば、「外出時の消し忘れ確認や帰宅時の自動点灯」「鍵無しでの玄関ドアの施錠、解錠」などが可能となる。
また、セーフティー機能としてドアの動きや人感センサーで侵入者を検知し、緊急事態を知らせることもできる。
 
IOT機器はメーカーを問わず、建築業者は自社の標準設備のまま『S-REMOS』を採用することでIOT住宅として顧客へ提供できるほか、住宅引渡し後もスマホを通じて購入者に情報発信できるため、メンテナンスやリフォームの案内、顧客紹介など営業の効率化ができる。
 
家のあらゆるものをインターネットにつなぎ、時間、場所を問わずに制御、管理するIOT住宅は、AIスピーカーやIOT機器の登場で脚光を浴びつつある。
現在、住宅のIOTに関連する商品は、赤外線やBluetoothといった電波によるものが多く、「赤外線対応機器しか操作できない」「赤外線が壁などに遮断されると操作できない」「各メーカー間の互換性がなく単発商品になっていて横のつながりがない」といった問題を抱えているほか、家電を新たに購入してもネットとの設定や操作が煩雑になるケースも多く、シンプルで拡張性がある商品が求められている。
『S-REMOS』はそういった問題に対応しており、今後日本の住宅のIOTを加速させる全く新しい住宅設備となっている。
 
■問い合わせ先
株式会社サンエー
https://sanei-e.com/

このページの先頭へ




次の10件
メルマガ登録

最新の記事5件

カテゴリ一覧

バックナンバー

の特集記事資料館フィード