• お問い合わせ
  • プライバシーポリシー
  • サイトマップ

建築資材、土木資材をはじめとした建設資材、機材、設備、工法等の
データを収録し、スピーディな検索を実現した建設総合ポータルサイト

建設資材データベーストップ > 話題の新製品 > 2018年2月

四つ葉産業株式会社(本社:東京都練馬区、代表者:細野 泰孝)は従来の橋梁用鋼製排水溝の問題点を改良したメンテナンスフリー型100年耐久SUS鋼製排水溝『Gブロックドレイン』を開発した。
 
メンテナンスフリー型100年耐久SUS鋼製排水溝『Gブロックドレイン』
 
■製品の概要
同社は販売先からの「メッキが錆びた。」「塗装がはがれた。」「中にはゴミが溜まり、草が生い茂ってきた。」「雨水が流れずあふれている。」との声を受けて、従来の橋梁用鋼製排水溝の問題点を改良した新型排水溝『Gブロックドレイン』を開発した。
SS400素材に防蝕表面処理を二相ステンレス鋼(SUS821L1)にすることにより、「100年耐用年数」を実現。SS400に比べ強度が1.6倍となることで、従来品よりも30%の軽量化を実現し施工性が大きく向上している。
また、メッキや粉体塗装製品は擦り傷がつくとそこから腐食が進行するが、二相ステンレス鋼は素材に自己修復能力があるため、腐食が発生しない。
海沿いや凍結防止剤を使用する等の塩分・塩化カルシウムが多い場所でも錆による劣化を気にせずに使用できる。
雨水呑口部に透水性ゴムチップフィルターを内蔵するタイプは、排水溝内部に枯葉やゴミ、土砂などが入らないため、排水溝内部を綺麗に保持することが可能である。
清掃作業の省力化、内部排水能力の安定化により、維持管理面にも大きく寄与する。
都心部幹線道路、高規格道路等道路規制の困難な場所や海沿い、ゴミ・枯れ葉の多い山間部、緑地、公園等に最適な製品である。
 
NETIS登録番号:KT-160064-A
 
■問い合わせ先
四つ葉産業株式会社
TEL:03-5912-2880
http://yotsuba-mta.jp/

このページの先頭へ




株式会社コンピュータシステム研究所(本社:東京都新宿区、代表取締役社長:長尾良幸)は、2017年5月31日にリリースしたHMD(ヘッドマウントディスプレイ)タイプの住宅プレゼン用VRシステム『ALTA VR-Mini』オプション商品として、複数台のHMDが同時に接続可能となる『ALTA VR-mini マルチオプション』を2018年2月21日にリリースした。
これにより1人ずつでしか体験することができなかったVRのデメリットを解消し、施主家族が同時に同じ空間を体験することが可能になる。
 
  「複数人同時」にVR体験が可能なHMDタイプの住宅プレゼン用VRシステム『ALTA VR-Mini マルチオプション』
 
■製品の概要
1.VRを活用した分かりやすい「体感型プレゼン」でビルダーの提案力を向上
『ALTA VR-Mini』は、VR技術によってバーチャルの住空間をつくり出し、まるで建物の中にいるような感覚を味わうことができるシステムである。
家を建てる前に、バーチャルの住空間を施主に体感してもらうことによって、完成イメージを楽しく・分かりやすく伝えることができる。
2.家族全員で同時にVR体験が可能
住宅プレゼンシステム「ALTA」で施主に提案する3Dプランを作成し、PCとHMDをつなげば、作成した提案プランをVRで分かりやすくプレゼンできる。
HMDは複数台接続できるため、家族全員で同じ空間を同時にVR体感することが可能である。
 
主な特長は下記の通り。
 
●約4m×4mのスペースを自由に移動
約4m×4mのスペースにVR空間を創り出し、スペース内を歩いたり、しゃがんだり、自由に動きまわることができる。
コントローラの十字キーで視点を移動するのではなく、実際の設置スペース内を自分の足で歩きまわれるため、臨場感溢れるバーチャル空間を体験できる。
●VR体験をしながらプラン変更
商談中に施主の要望を聞きながら、間取りや建具、内外装等の変更が行え、その場ですぐ、修正内容をVRで確認できるので、打合せもスムーズに進む。
●日照シミュレーションで具体的なプラン提案
間取りや建具、内外装等の変更だけでなく、日当たりのシミュレーションや建具の開閉をアニメーションで体感でき、より現実に近いプランで具体的な打合せが行える。
 
■ 標準価格(税別
ALTA VR-Mini マルチオプション 300,000円
※「ALTA VR-Mini マルチオプション」の利用には別途下記の内容が必要。
(2名同時接続の場合)
 
【ソフトウェア】
 ・住宅プレゼンシステム「ALTA」
 ・住宅プレゼン用VRシステム「ALTA VR-Mini」
 
【ハードウェア】
 ・操作用PC×1台
 ・描画用PC×2台 (モニタ・マウス・キーボード含む)
 ・ヘッドマウントディスプレイ×2台
 ・コントローラー×2台
 ・センサー×2台(ポールスタンド付)
 
■問い合わせ先
株式会社コンピュータシステム研究所
https://www.cstnet.co.jp/

このページの先頭へ




株式会社MetaMoJi(本社:東京都港区、代表取締役社長:浮川 和宣)は、大林組(本社:東京都港区、代表取締役社長:白石 達)との共同開発によるiOS用デジタル野帳「eYACHO(イー・ヤチョウ)」の法人向け製品『eYACHO for Business』に、対象となる利用ユーザーと適用業務を大幅に拡大するバージョンアップを行い2月15日に提供開始した。
 
MetaMoJiがデジタル野帳法人版『eYACHO for Business』のアップデート版を提供開始
■概要
今回のバージョンアップでは、建設会社の現場監督と密に業務を遂行しているジョイントベンチャー(JV)企業や協力会社とより便利に利用できる機能および新しいライセンス体系を追加。
また現場の状況や安全確認の際によりリアルに状況を伝えることのできるセキュアで簡便な動画共有機能、現場でのテンプレート作成を超えた高度なカスタマイズをシステム部門や外部SI会社が利用する開発環境を追加。
 
これらにより、今まで以上に広範囲の利用ユーザー、適用業務での利用が可能となった。
また、日本語手書き入力「建設mazec」も、設備メーカー者の利用を想定して、約8,500の電気設備、空調・衛生・配管用語を追加して、辞書を大幅に強化した。
 
追加された新機能は下記の通り。
 
●協力会社・JV企業とのデータ共有
●MetaMoJi社サーバーによるセキュアで簡便な動画共有
●ノート内、複数のノートやチーム内で散在する現場情報を横串して集約
●ノートテンプレートによる特定業務向けカスタマイズ機能
●社内システム、ストレージサービスとのデータ連係、CSV 出力
●パッケージ開発・配信環境
●コンテンツタグ設計、検索条件設定
 
■標準価格(税別)
【YACHO for Business チーム クラウド版】
年間利用料:1ライセンス 20,000円
5ユーザーから初期導入費:250,000円
 
【協力会社向け限定ライセンス】
年間利用料:1ライセンス 8,000円
 
■問い合わせ先
株式会社MetaMoJi
http://product.metamoji.com/gemba/eyacho/

このページの先頭へ




パンドウイットコーポレーション日本支社 (本社:東京都港区、日本支社長:須崎弘明) は、現場での施工コストを大幅に削減する『RJ45 かんたん成端モジュラープラグ』を発売する。
 
  施工コストを大幅削減、拡大する IPネットワークに対応可能な『RJ45 かんたん成端モジュラープラグ』を発売
■製品の概要
ワイヤレスアクセスポイント、セキュリティカメラ、LEDスマート照明、デジタルサイネージなどのIPネットワーク対応、特にPoE(パワー・オーバ・イーサネット)を採用したデバイスが増加し、空港、ホテル、病院、学校、駅、オフィス等、さまざまな場所で急激にインフラ需要が拡大しており、2020年に開催される東京オリンピックに向けて、さらなる拍車がかかると予想されている。
しかしながら、従来のRJ45モジュラープラグはLANケーブル加工用として開発された製品が多く、現場施工をする際、とりわけカテゴリが高い製品については、施工性や品質、性能の確保においてさまざまな課題があった。
『RJ45 かんたん成端モジュラープラグ』は、2ピース構造のハウジングと簡易工具で『かんたん』に成端でき、施工時間の大幅な短縮はもちろん、施工後の品質および性能に均一性をもたらす。
最大20回の再成端が可能になったことにより、トータルな施工コストの削減に大きく貢献する。
主な特長は以下のとおり。
 
●カテゴリ5Eからカテゴリ6Aまで対応
●2ピース構造により大幅な施工時間の短縮
●最大20回の再成端が可能
●スリム形状で高密度ネットワーク機器に対応
 
■問い合わせ先
パンドウイットコーポレーション日本支社
TEL:03-6863-6060
http://www.panduit.co.jp/

このページの先頭へ




株式会社LIXIL(本社:東京都千代田区、社長:瀬戸欣哉)は、最上位グレードの洗面ドレッサー『ルミシス ボウル一体タイプ』に優れたインテリア性と素材感にこだわったアイテムを搭載してリニューアルし、2018年3月1日より受注を開始する。
 
洗面ドレッサー『ルミシス ボウル一体タイプ』をリニューアル
 
■概要
今回のリニューアルでは、インテリア性を重視するユーザーのニーズに応え、素材感にこだわり、より上質な空間を演出するアイテムを搭載している。
新しく搭載するのが、ミラーの下に配置された「下部LED照明」。
手元を明るく照らして使い勝手を向上させるだけでなく、演出照明として洗面空間全体を引き立てる。
大理石の質感と肌触りを再現した「ラピシアカウンター」には、深みのある濃色2色が新たに追加となり、ホテルライクな演出だけでなく、カウンターとボウルの間のつなぎ目がない一体成形で、メンテナンスにも配慮している。
また、多目的に使えるように足元のスペースを確保した「フルオープンセット」をラインアップに追加し、椅子を置いてゆったりと化粧などを行えるようになった。
メイク道具などをキレイに整頓できるスマートポケットや小引出も付いており、洗面ドレッサーで過ごす時間をより快適にしてくれる。
さらに、ルミシスで人気の高いアイテムを厳選してパッケージにした商品『ルミシス セレクト』も新たに発売される。
間口を標準的な定寸サイズに限定することで、商品選定の時間や手間を省くことができるようになる。
主な特長は下記の通り。
 
●インテリア性の高いアイテム「下部LED照明」を初搭載
●「ラピシアカウンター」に深みのある濃色2色を追加
●ゆったり座れる「フルオープンセット」も新たにラインアップ
●ルミシスで人気のアイテムをパッケージした『ルミシス セレクト』
 
■標準価格(税抜)
ミニマム仕様(間口750 mm・シングルレバー混合水栓仕様・1面鏡):222,100円
※取付費、運賃等は別途
 
■問い合わせ先
株式会社LIXIL
http://www.lixil.co.jp

このページの先頭へ




アイホン株式会社(本社:愛知県名古屋市中区、代表取締役社長:市川周作)は、高級マンションにおけるコンシェルジュサービスのサポート機能を充実させた、新しい集合住宅インターホンシステム『VIXUS ADVANCE(ヴィクサス アドバンス)』を2018年10月に発売する。
 
 アイホンが高級マンション向けインターホンシステム『VIXUS ADVANCE(ヴィクサス アドバンス)』を発売
 
■製品の概要
『VIXUS ADVANCE』は、マンションにおけるコンシェルジュサービスのサポート機能をさらに充実させることにより、入居者の満足度向上を目指した商品である。
サポート機能の一例として、今回、フロントの管理室親機と管理用パソコンの連携機能を新たに設け、管理用パソコンから各住戸へメッセージやアンケートの配信を可能とすることで、入居者に対し、よりきめ細かなサービスの提供を可能した。
また、複数の住戸での警報内容が管理用パソコンで同時に確認できるため、住戸の異変を迅速に把握することができ、マンション全体のリスク管理の向上を図ることができる。
入居者へのサポートとして、スマートフォンとの連携機能を搭載し、専用アプリを使用することで外出先でも自身のスマートフォンで来訪者の確認や通話、宅配ボックスの着荷通知の確認、万が一の際は火災やガス漏れの警報表示を受けることができる。
主な特長は下記の通り。
 
●コンシェルジュサービスのサポート機能
・管理用パソコンから各住戸へメッセージやアンケートを配信して、その回答等の確認が可能。
・管理用パソコンで複数住戸の警報内容を同時に確認できるため、住戸の異変を迅速に把握することが可能。
 
●コミュニケーション
・GUI(グラフィカルユーザーインターフェース)技術を駆使して直感的な操作を可能にした。
 説明文も表示されるので、初めて操作や設定をするときも分かりやすい。
・外国人入居者のユーザビリティに配慮し、メニュー画面を英語での表示に切り替え可能。
・外出先でもスマートフォンで来訪者の確認や通話ができるほか、火災等の警報表示や宅配ボックスの着荷、通知来訪者の録画された画像が確認できる(録画画像確認サービス)。
・フロントでの預かり物等の連絡を、集合玄関機にメッセージとして流すことができる。
 メッセージは任意で作成が可能で最大で10種類のメッセージが登録可能。
・ラウンジやゲストルーム等の共用施設に設置した住宅情報盤と各住戸間の内線連絡が可能。
・住宅情報盤親機からゲストルームなどの共用施設の予約ができる。
 
●セキュリティ
・来訪者が集合玄関機から住戸を呼び出すと、来訪者を自動でズームする。
・住戸ごとに集合玄関機の暗証番号を設定できるため、セキュリティの強化になる。
(プライベートパスワード)
 
●デザイン
・住宅情報盤はマンション向けインターホンで最薄の奥行き12mm。
 
■問い合わせ先
アイホン株式会社
https://www.aiphone.co.jp

このページの先頭へ




株式会社エービーシー商会(本社:東京都千代田区、社長:佐村 健)は太陽の熱線を空へ反射する窓用の熱線再帰フィルム『ソラリフレ』を2月1日に発売した。
室内の温度上昇を抑制するとともに建物周辺の暑熱環境を改善し、ヒートアイランド現象の緩和に貢献する。
 
 エービーシー商会が太陽の熱線を空へ反射する窓用の熱線再帰フィルム『ソラリフレ』を発売
 
■製品の概要
『ソラリフレ』は特殊な反射膜を持った窓用の透明遮熱フィルムである。
反射膜は日射に含まれる熱線(近赤外線)のみを選択して上方向へ反射するため、ヒートアイランド現象の要因の一つである、建物からの熱線反射による地表面の温度上昇を抑制する。
また、熱線の室内への侵入を70%カットする遮熱効果を持ち、明るさに関わる可視光線は67%透過させる。
室内温度の上昇を抑えつつ、明るい室内を実現する。
 
同製品は熱線再帰技術により、室内環境のみならず、周囲の暑熱環境にも配慮した製品となっており、市街地のビルなどの窓へ施工することで、今後も発展を続けていく都市部の環境改善に貢献する。
 
■問い合わせ先
株式会社エービーシー商会
TEL:03-3507-7120
https://www.abc-t.co.jp

このページの先頭へ




株式会社LIXIL(本社:東京都千代田区、社長:瀬戸欣哉)は、優れた調湿機能に加え、気になるニオイやホルムアルデヒドなどの有害物質を低減し、室内の快適な空気環境づくりをサポートする内装機能建材「エコカラット」に、意匠性を高めた石柄『ヴァルスロック』や織物柄『ファブリコ』など全4商品を追加し、2018年3月1日より発売する。
また「エコカラット」の機能に加え、清掃性に優れ、水まわりやパブリック空間に最適な「エコカラットプラス」にも同デザインを追加するほか、エコカラットで人気の高い3商品を追加して、同時発売する。
 
内装機能建材「エコカラット」「エコカラットプラス」シリーズから4商品を新発売
 
■製品の概要
新商品では「Gシリーズ」に、最新技術を使った高精細加飾により上質な素材表現を実現した『ヴァルスロック』『ファブリコ』の2デザインを追加するほか、使いやすい「Sシリーズ」「Fシリーズ」のラインアップも充実させる。
 
リアルな石柄で存在感のある『ヴァルスロック』、織物の表情を豊かに表現した『ファブリコ』の2デザインは、どちらもリビングや寝室などの居住空間を上品に演出する。
また、ナチュラルなデザインが特長の「Sシリーズ」には、暖かみのある木目の意匠の『カームウッド』を、上品な美しさが特長の「Fシリーズ」には、見る方向によって表情が変わるリブレリーフをミックスした『リブミックス』を追加する。
 
さらに、「エコカラットプラス」には、上記4デザインのほか、エコカラットの人気デザイン『グラナス ルドラ』『グラナス ヴィスト』(Gシリーズ)、『ペトラスクエア』(Sシリーズ)の3デザインも新たに追加することでバリエーションを増やし、ホテル宿泊施設のラウンジ空間、客室(ゲストルーム)、共用部パウダールームなどの水まわり空間など、パブリック空間も含めた幅広い用途で選びやすいラインアップとしている。
 
■問い合わせ先
株式会社LIXIL
http://www.lixil.co.jp

このページの先頭へ




福井コンピュータ株式会社(本社:福井県坂井市、代表取締役社長:田辺 竜太)では、「工事写真の小黒板電子化」をサポートする、電子小黒板Androidアプリ『どこでも写真管理Plus』を3月13日にリリースする。
 
福井コンピュータが電子小黒板Androidアプリ『どこでも写真管理Plus』リリース
 
■製品の概要
「デジタル工事写真の信憑性確認(改ざん検知機能)」に対応したAndroid アプリ。
「黒板作成・連携ツール」にて黒板情報を事前に入力し、作成した黒板を利用した撮影が行える。
撮影した写真は、PC と端末を直接接続、またはクラウドを使用し、自動振り分けが可能。
主な特長は下記の通り。
 
●スマートフォンアプリよりも効率的に作業できるPCで事前に黒板作成を行うことで、現場での作業を最小限に抑え、スムーズに写真撮影が可能。
●アプリで黒板情報を入力する場合においても、黒板の各項目に直接記入しているような感覚で黒板作成が可能。
●利用頻度の高い黒板の登録や撮影済み黒板数表示により写真の撮り忘れを防止。
●データ連携は、スマートフォン内・クラウド内のフォルダを探して開くような面倒な作業は不要で、コマンドにて簡単に送受信が行える。
 
■標準価格(税別)
どこでも写真管理Plus:無償
黒板作成・連携ツール:年額12,000円が別途必要
 
■問い合わせ先
福井コンピュータ株式会社
TEL:776-67-8860
http://const.fukuicompu.co.jp/

このページの先頭へ




福井コンピュータドットコム株式会社(本社:福井県坂井市、代表取締役社長:野坂 寅輝)は、インターネット上に仮想モデルハウスを3Dで見学できる住宅広告サービス『3Dバーチャル住宅展示場(石川版)』を公開した。
なお、昨年7月に「福井版」、9月に「富山版」を先行して公開しており、北陸3県で約90社の仮想モデルハウスを見学できるサービスを展開している。
 
インターネット上で3D仮想モデルハウスを見学できる新しい住宅広告サービス『3Dバーチャル住宅展示場(石川版)』
 
■サービスの概要
『3Dバーチャル住宅展示場』は、インターネット上に北陸3県の優良住宅会社(※末尾参照)の企画住宅や、着工前のモデルハウスなどを3D仮想モデルハウスとして構築し、PCやスマートフォン、タブレット等から、いつでもどこでも見学ができるサービスである。
 
住宅を検討するユーザーは、3Dでの立体空間の確認やスマートフォンVRを通して、より具体的な住まいの検討ができる。
出展企業は、実際の展示場と比較して大幅に低コストで運営ができ、また新たな広告手法として、自社ホームページへの誘導や資料請求受付など、潜在顧客の発掘に結び付けることができる。
主な特長は下記の通り。
 
●今までにない手軽な住宅展示場
インターネット上に公開される3D住宅展示場であるため、いつでもどこでも気軽に住宅見学が可能。
また、公開されているプランは実在する建材や設備機器のデータで構築されているため、色や素材など、好みに合わせてコーディネートを試すことができる。
 
●スマートフォンVRであたかも現地にいるような感覚
各モデルハウスの高品質な360°パノラマ画像を用意。
スマートフォンの動きに連動した簡易VRで手軽にリアルな住宅見学が可能になる。
市販のスマートフォンVR用ゴーグルを使えば、より臨場感のある内覧が可能。
 
■問い合わせ先
福井コンピュータドットコム株式会社
TEL:0776-67-8890
http://www.fukuicomputer.com

このページの先頭へ




前の10件
メルマガ登録

最新の記事5件

カテゴリ一覧

バックナンバー

の特集記事資料館フィード