• お問い合わせ
  • プライバシーポリシー
  • サイトマップ

建築資材、土木資材をはじめとした建設資材、機材、設備、工法等の
データを収録し、スピーディな検索を実現した建設総合ポータルサイト

建設資材データベーストップ > 話題の新製品 > 2019年5月

YKK AP株式会社(本社:東京都千代田区、代表取締役社長:堀 秀充)は、優れた眺望・採光・開放感と、高い断熱性を両立した住宅用窓『APW511』大開口スライディングを2019年6月25日から発売する。
 
「APW511」大開口スライディング(メイン施工画像)
 
■概要
『APW511』大開口スライディングは、ウッドデッキからつながる開放的で一体感のあるリビング空間や、そこからの眺望と十分な光の取り込みなど、昨今の住宅の大空間・大開口ニーズの高まりに対応する一方、合わせて求められる省エネ・高断熱住宅づくりにも貢献する性能を有している。
窓種は、片引き窓、両袖片引き窓、FIX窓を設定。両袖片引き窓の場合、製作最大サイズが幅4,000mm×高さ2,730mm、或いは幅5,500mm×高さ2,000mmまで可能 ※1である。
また、対応するガラス種は、Low-E複層ガラスに加え、トリプルガラス、真空トリプルガラス ※2を設定。
一棟内で、樹脂窓と併せて使用できる高い断熱性能を実現している。
 

■特長
1.大開口を実現する窓種
窓種は、片引き窓、両袖片引き窓、FIX窓の3種を設定。単体での使用はもちろん、躯体柱を挟んで横並びに連続的に窓を配置することで、圧倒的な大開口も実現可能。
新築物件はもちろん、既存の柱を活かすリノベーション物件でも使用できる。
 

2.高い断熱性能を実現する構造とガラス種
アルミ樹脂複合構造のフレームと、Low-E複層ガラス、トリプルガラス、真空トリプルガラス※2を組み合わせることで、大開口でありながらも高い断熱性能 ※3、4を実現している。
 

3.軽い操作性と安全性へも配慮
複層ガラス・トリプルガラスの重量によって心配される操作性については、スムースムーヴィング機構により軽くてスムーズな動きを実現し、指はさみに対する安全性にも配慮している。
 

4.カラーバリエーション
空間に合せて選べる多彩なカラーをラインアップ。外観アルミ色と内観樹脂色の組み合わせに加え、意匠性にこだわった木目仕様(内外木目ラミネート色)も設定した。
 
 

※1:製作範囲は、幅と高さを同時に最大寸法にすることはできない。高さを最大の2,730mmにする場合は幅は4,000mmまで、幅を最大の5,500mmにする場合は高さは2,000mmまで、となる。
 
※2:真空トリプルガラス仕様は、2019年秋発売予定。
 
※3:断熱性能値の熱貫流率は、片引き窓(均等)[サイズ:幅2,600mm×高さ1,530mm]で、Low-E複層ガラス仕様が、Low-E複層ガラス・ブルー・アルゴンガス入樹脂スペーサーの場合。
トリプルガラス仕様が、ダブルLow-Eトリプルガラス・ブルー・アルゴンガス入樹脂スペーサーの場合。
 
※4:断熱性能値の熱貫流率は、片引き窓(均等)[サイズ:幅2,870mm×高さ2,230mm]で、真空トリプルガラス仕様が、真空トリプルガラス・グリーン・アルゴンガス入樹脂スペーサーの場合。
 
 
 

■問い合わせ先
YKK AP株式会社
https://www.ykkap.co.jp/

このページの先頭へ




福井コンピュータ株式会社(本社:福井県坂井市、代表取締役社長:杉田直)は、データ共有クラウドサービス『CIMPHONY』において、工事データに時間軸や位置情報を持った形で運用ができる新たな機能を、2019年秋より提供する。
 
CIMPHONY
 
 
■新機能の概要
『CIMPHONY』は、同社の測量および土木CAD、現場端末システムなどで作成された図面や観測データをクラウド上に保存し、現場と事務所間や協力会社間でデータを共有・運用するサービスである。
今回、このデータ保管スペースである『CIMPHONY』に、「時間軸」と「位置情報」の概念を取り入れたことにより、工事の進捗や3次元空間における位置や地形が直感的にわかるインターフェイス上で、現場写真データ(電子小黒板など)や、現場の3次元モデル(設計・点群データなど)の取り扱いが可能になる。
 
なお同サービスは、今後持続的なインフラマネジメントを支援するデータ流通基盤サービスとしてさらなる成長を目指しており、「CIMPHONY Plus」という名称でサービスを開始する。
 
 

■問い合わせ先
福井コンピュータ株式会社
https://const.fukuicompu.co.jp/

このページの先頭へ




株式会社LIXIL(本社:東京都千代田区、社長:瀬戸欣哉)は、業界初となるアルミ押出材屋根の採用により、リビングとの自然なつながりとテラスならではの開放感を演出する独立タイプの『LIXILテラスSC』を2019年6月3日より全国で販売開始する。
また、敷地条件や用途に応じて柱移動が可能な独立タイプの『LIXILテラスVB』も同時発売する。
 
LIXILテラスSC
 
■製品の概要
『LIXILテラスSC』は、業界初となるアルミ押出材屋根の採用により、リビングの快適な居心地とやわらかい日差しに満たされる開放感を併せ持つ「軒」のような空間を演出する。
屋根と柱だけで構成されたシンプルで美しいデザインは、さまざまな住宅に美しく調和する。
また、雨樋を屋根・柱に内蔵することで、機能性はそのままに見た目の凸凹をなくし、細部にまで徹底的にノイズレスデザインにこだわった。
さらに住宅の外観になじむ金属光沢を抑えたマットな質感で、落ち着きのある佇まいを演出する。
屋根材と柱を異なるカラーで組み合わせることで単色のボリューム感が低減でき、ツートン・コーディネートも可能となっている。
屋根にアルミを採用することで、夏は直射日光をしっかりカットし暑さをやわらげ、冬は低く柔らかい光を取り込むことで心地よい空間が実現できる。
また、すべてアルミ部材で構成されているため、防火・準防火地域にも設置可能である。
同時発売の『LIXILテラスVB』は、敷地条件や用途に応じて柱移動が可能な中柱タイプのテラスである。
柱は間口・出幅方向のどちらへも移動でき、柱が住宅に近いことから、視界を遮りにくく、開放感のあるテラス空間が生まれる。また、屋根材は熱線カット率に応じて3種類より選択できる。
 
『LIXILテラスSC』『LIXILテラスVB』ともに、躯体にねじ止めしない独立構造により、住宅の外壁を傷つけることなくテラス屋根を設置することが可能である。
 
 
 
■問い合わせ先
株式会社LIXIL
http://www.lixil.co.jp/

このページの先頭へ




パナソニック株式会社ライフソリューションズ社(本社:大阪府門真市、代表取締役社長:津賀一宏)は、柱や壁、天井などの装飾や、造り付けの収納を手早く施工できる現場造作用部材『カスタムパーツ』198品番を2019年6月3日より一斉発売する。
 
パナソニック(カスタムパーツ)
 

■製品の概要
インテリア性と施工性にこだわった現場造作用部材『カスタムパーツ』を発売。
壁や天井に貼り付け室内の雰囲気を変える羽目板や、柱や梁に巻き付けて装飾できるラッピング化粧ボード、造り付けの収納を製作するための造作棚用化粧ボードなどの豊富な品ぞろえを展開する。
それぞれ同社の建材「ベリティス」シリーズの色柄を取り入れているため、色味があった部材を探したり、塗装をする手間をかけずにコーディネイトが可能である。
また、各製品と同じ色柄の納まり部材(※)も品ぞろえをするなど、簡単に施工ができるさまざまな工夫を取り入れている。
 
※化粧板や羽目板などを設置した際に、部材の端部を隠すことで、仕上げを行う部材
 

■特長
1. 柱・壁・天井などの装飾や現場造作の収納に必要な部材を豊富な品ぞろえで展開
現場で柱や壁、天井などに装飾を施す場合や、物件ごとに設計する造り付けの収納を設置する場合、建具の色味とあった部材を探したり、塗装をすることに時間やコストを要する場合があった。今回インテリア性と施工性にこだわった現場造作用部材『カスタムパーツ』198品番を発売する。
豊富な品ぞろえから選択でき、多種多様な空間デザインのニーズに素早く対応できる。
 

2. 同社の建具と同じ色柄で、部材探しや塗装に時間をかけることなくコーディネイトが可能
同社の建材「ベリティス」、「ベリティス プラス」、「ベリティス クラフトレーベル」の色柄を取り入れており、部材探しや塗装の手間をかけずにコーディネイトが可能である。
最大12種の色柄を品ぞろえしており、部屋の雰囲気に合わせて選べる。
また、塗装が可能な色柄「ワイルドオーク柄」も用意しており、品ぞろえに無い色柄が欲しい場合でも、市販の塗料でお好みの色に塗装できる。
 

3. 簡単に施工できる様々な工夫を取り入れ、手早く、きれいな仕上がり
各製品と同じ色柄の納まり部材も品ぞろえをするなど、簡単に施工ができさまざまな工夫を取り入れており、手早く設置できるうえ、きれいな仕上がりを実現する。
造作棚用化粧ボードでは、必要な金具類も品ぞろえをしており、部材調達の時間も短縮できる。
 
 

■問い合わせ先
パナソニック株式会社
https://news.panasonic.com/jp/

このページの先頭へ




パナソニック株式会社ライフソリューションズ社(本社:大阪府門真市、代表取締役社長:津賀一宏)は、「建築に自由を与える。」をコンセプトに展開している建築照明器具「SmartArchi(スマートアーキ)」の品ぞろえを拡充。600グリッド天井を生かしながら、自由なレイアウトができる「Square+Type(スクエアプラスタイプ)」合計17品番を新たにラインアップし、2019年6月1日より発売する。
 
SmartArchi(スマートアーキ)
 
■製品の概要
同製品は600グリッドのシステム天井に適合し、上質な光による空間演出が可能な照明器具である。
新築やリニューアルされたオフィスビルにあらかじめ設置された600グリッドのシステム天井を生かしながら、機能性とインテリア性を両立できる。
天井全てを張り替える必要がなく、照明器具を入れ替えるだけで、品格のある空間価値を実現することができるため、テナントオフィスに適している。
例えば、受付は企業イメージを高めるために、品格のある空間に演出。フリースペースは、コミュニケーションを促すカジュアルな雰囲気を演出。会議室は、集中したミーティングのために中心感のある空間を演出。
通路は、開放感のあるすっきりとした空間を演出する。
 

■特長
1.600グリッド天井を生かしながら自由なレイアウトができる
共用部(受付、会議室、通路、フリースペース)の機能・イメージに合わせて、600グリッド天井を生かしながら、レイアウトの自由度が高い3タイプ(1枚タイプ、2枚タイプ、ウォールウォッシャ)を品ぞろえ。
色温度は、5000K(昼白色)・4000K(白色)・3500K(温白色)・3000K(電球色)の4光色から選べる。
 

2.導光パネルの採用により、建築化照明のしつらえを照明器具で実現
同社独自の光学設計技術による導光パネルを採用することで、空間に設置した際に、照明器具でありながら、照明器具のように見えない、建築化照明のしつらえを実現している。
 

3.インテリアに溶け込むツヤを抑えた反射板・本体塗装
ツヤを抑えた反射板・本体塗装(高反射高拡散白色粉体塗装)により、映り込みが少なく、インテリアに自然に溶け込む。
 
 

■問い合わせ先
パナソニック株式会社
https://news.panasonic.com/jp/

このページの先頭へ




メガソフト株式会社(本社:大阪市北区、代表取締役社長:井町良明)は、建築プランニングソフト『3Dアーキデザイナー10Professional』に英語メニューを表示させる「バイリンガル機能」を搭載した最新プログラムを公開した。
 
3Dアーキデザイナー
 
■製品の概要
『3Dアーキデザイナー10Professional(以下、3Dアーキデザイナー)』は、平易な操作で3D空間を作成でき、そのデータから3D建築パースやウォークスルー動画作成機能、各種シミュレーション機能を搭載した建築プランニングソフトである。
このたび搭載した「バイリンガル機能」は、プログラムを起動する言語環境により操作画面の表示を日本語または英語に自動で切り替える機能である。
既存ユーザーにはアップデートプログラム(更新プログラム)により無料で追加される。
 
※Windowsの表示言語の設定を「英語(米国)」に設定したのち、3Dアーキデザイナーを起動すると、英語表記で起動する。
 
「バイリンガル機能」を搭載したことにより、日本語が苦手で英語OSを使用している国内外の3DCG製作者にも、使用しやすくなる。
 
 
 

■問い合わせ先
メガソフト株式会社
https://www.megasoft.co.jp/

このページの先頭へ




メルマガ登録

最新の記事5件

カテゴリ一覧

バックナンバー

の特集記事資料館フィード