• お問い合わせ
  • プライバシーポリシー
  • サイトマップ

建築資材、土木資材をはじめとした建設資材、機材、設備、工法等の
データを収録し、スピーディな検索を実現した建設総合ポータルサイト

建設資材データベーストップ > 話題の新製品 > 2020年7月

キヤノンマーケティングジャパン株式会社(本社:東京都港区、代表取締役社長:坂田正弘、以下キヤノンMJ)は、大判プリンターMFPモデルとクラウドストレージを連携する、建設・建築業向けのテレワーク環境支援ソリューションとして、『図面変換シェアソリューション』を8月上旬より提供開始する。
 

 
■概要
キヤノンMJは、大判プリンター(MFPモデル)とクラウドストレージを組み合わせ、紙図面のスキャンからCADデータへの変換、そしてクラウドストレージへの保存を可能にするテレワーク環境支援ソリューション『図面変換シェアソリューション』を2020年8月上旬より提供し、CAD図面などのクラウド活用による建設・建築業での新しい働き方推進に貢献する。

 
・紙のCAD図面を簡単電子化、クラウドへ簡単保存
大判プリンター(MFPモデル)は、スキャンした紙図面を電子データ(イメージデータ)化し、簡単な操作でクラウドストレージへ保存できる。電子化した紙図面の電子データをPCでCADデータに変換したうえで保存することで、手作業に頼っていた紙図面のトレース作業を効率化し業務時間を削減可能である。
 

・クラウドストレージ格納でCAD図面などを自宅からアクセス可能に
図面をはじめ、作業・施工データをクラウドストレージに安全に格納することができる。インターネットを通じてオフィス内はもちろん、外出先や自宅からでも、図面データなどへのアクセスが可能となり、場所に限定されない働き方の構築を実現する。
「HOME type-S2」は、クラウドストレージである「HOME-BOX2」と「IT運用支援」を組み合わせた中小オフィス向けIT支援サービスである。専任スタッフがユーザーのIT利用をサポートするため、安全に運用できる。
 

・CADデータ変換ツール概要
大判プリンター(MFPモデル)でスキャンした図面データや、複合機で受信したファクスデータのイメージデータを、編集可能なCADデータに変換できる。同ツールでは、変換後のCADデータを加工/編集することも可能。また、イメージデータからだけでなく、取引先企業などから受領したPDFデータを、編集可能なCADデータに変換できる。
 

・「HOME type-S2」概要
文書データを管理し、社内外での活用ができるクラウドストレージサービスである。
大判プリンター(MFPモデル)からのスキャンデータをクラウド上のストレージに格納でき、社内や取引先企業との文書の共有や、モバイル環境からの閲覧を可能にする。複合機に届いたファクス文書をクラウドストレージに転送することも可能である。
 
 
 

■問い合わせ先
キヤノンマーケティングジャパン株式会社
https://cweb.canon.jp/

このページの先頭へ




株式会社コンピュータシステム研究所(本社:宮城県仙台市、代表取締役:長尾 良幸)は、建築事業者向け住宅プレゼンシステム「ALTA」シリーズの最新版『ALTA Revolution(アルタ レボリューション)』を開発し、2020年7月29日に販売開始した。
 

 
■概要
『ALTA Revolution』は、プラン作成から3D・VRによるプレゼン、積算・見積、設計、伏図、構造計算まで行える住宅営業支援システムである。施主と打合せをしながら利用することを前提に開発しているため、簡単に使うことができる。プレゼン力と提案スピードを向上し、受注率アップを支援する。
 
■主な新機能

1.プレゼン段階から構造計算を容易に
木造建築物構造計算ソフト「KIZUKURI」のエンジンを搭載。構造計算(許容応力度法)による梁せいを算定でスパン表よりも正確に梁せいを算出できる。また、KIZUKURIとのデータ連携で梁せい算定根拠や構造計算書を出力可能である。
 
2. 伏図作成の生産性を大きく向上
CADライクだった伏図作成画面を見やすく、分かりやすいインターフェイスへ変更。優れた操作性で伏図の作成スピードを向上する。また、部材干渉や定尺オーバー等の自動エラーチェック機能や部材の入力・削除時に関連する部材の結合や分割を行う自動調整機能により、伏図作成の生産性を大きく向上する。
 
3. リモート商談も3DやVRでわかりやすく
施主と会えない場合でも、リモートやオンラインで分かりやすく商談ができる。
・YouTube用のVR動画を簡単作成し、プランをバーチャルツアー
・LINEで提案プランを共有し、360度パノラマ体験
・無料ビューワーでいつでもどこでもプランを3D&VR体験
・ビデオ会議システムでALTA画面を共有しながらプラン変更
 
 
 

■問い合わせ先
株式会社コンピュータシステム研究所
https://www.cstnet.co.jp/

このページの先頭へ




旭トステム外装株式会社(本社:東京都江東区、社長:阪本 浩一)は、金属外装材「Danサイディング」のスチール深絞りシリーズiD塗装品の木目柄デザイン「プレシャスウッドllSF」に、新色「SWプレシャスアッシュF+」を追加し、2020年8月1日から順次発売開始する。
 

 
■概要
iD塗装品は、耐候性とセルフクリーニング機能を備えた「セルフッ素コート」を施した、「塗膜の変色・褪色15年保証」の金属外装材である。
今回カラーラインナップを拡充し発売するiD塗装品『プレシャスウッドllSF』は、板ごとに色ムラを付け、単調に見えない自然な張り上がりとなる木目柄デザインが特長である。iD塗装により、素材感や色合いを豊かに表現している。
新たに、モダンな印象のアッシュを加え、全4色のラインナップとなる。他のiD塗装品と同じく、「隠目地」採用で上下の継ぎ目が目立ちにくいデザイン。
また、同時発売品として、耐食性に優れた遮熱性フッ素SGL鋼板単色塗装品「ジオストライプS」にホワイトとグリーンの2色を追加し発売する。
 

※「iD塗装」は繊細な色調の変化を描き分ける旭トステム外装オリジナルのインクジェット塗装技術。
 
 
 
■問い合わせ先
旭トステム外装
http://www.asahitostem.co.jp/

このページの先頭へ




リノブリッジ株式会社(本社:東京都新宿区、代表取締役社長:伊藤 敦)は、アオイ化学工業株式会社が製造する『ウォーターカッター(NETIS登録番号:NETIS登録番号KK-180012-A)』を小規模橋梁補修ARCHISTブランドで取扱い開始することを発表した。
 

 
■概要
ウォーターカッターは、降雨時に壁高欄を伝って床版下部に回り込み、内部鉄筋の腐食やコンクリートの劣化につながる伝い水を防止するために、橋梁に設置する水切り材である。業界最軽量で柔軟性に優れ専用取付台も有することで簡便に適切な設置を行うことができる。
 
AOS工法とウォーターカッターはいずれも橋梁上部からの劣化因子(水)の侵入を防止することによって劣化しやすい侵入部の補修とともに橋梁全体の劣化を抑制する事後保全・予防保全の両方に寄与する。
AOS工法とウォーターカッターを合わせて使用することで、橋梁上部からの劣化因子(水)の3大侵入箇所である、床版面・桁端部・壁高欄からの伝い水を適切に抑止することが可能となった。
 
 
 

■問い合わせ先
リノブリッジ株式会社
https://www.renobridge.jp

このページの先頭へ




アイホン株式会社(本社:名古屋市中区、代表取締役社長執行役員:加藤 康次)は、ワイヤレステレビドアホン「WL-11」に加え、より大きな画面で玄関先の様子を確認したい、また室内の壁面へ取り付けたいという要望に応えるため、ワイヤレステレビドアホン『WR-11』を2020年8月26日に発売する。
 

 
■概要
ワイヤレステレビドアホン『WR-11』は玄関と室内の配線工事をすることなく来訪者を室内親機のテレビモニターで確認することができる。
玄関に設置するカメラ付ワイヤレス玄関子機には単三乾電池※1を6本使用、室内のモニター付ワイヤレス親機はACプラグ式となっており、ACプラグをコンセント(AC100V)に挿すだけで、玄関子機からの電波が届く範囲※2であれば建物内のどこでも使用できる。
モニター付親機は、業界最大※3の4.3型液晶画面を採用し、玄関先の様子が確認しやすくなった。
また普段触れることが多い「通話」、「終了」、「モニター/みやすさ」ボタンを大きくした。
カメラ付ワイヤレス玄関子機は広角カメラを採用することで、玄関周りの様子を左右画角約110°の範囲で広く捉えることができる。また、エクステリアと調和し、明るい色調の外構にも馴染むよう表面デザインはヘアライン調のシルバー色を採用している。その他、単三乾電池は約2年間交換不要※4。
ワイヤレステレビドアホン「WR-11」は、チャイムからの取り替えやインターホンが設置されていない建物、アパート等での防犯の一助として役立つ。
 
※1 推奨:容量2500mAh以上の単三ニッケル水素電池(市販品:別売)
※2 カメラ付ワイヤレス玄関子機とモニター付ワイヤレス親機間の通信可能距離は約100m(見通し距離)
※3 ワイヤレステレビドアホンの中で最大サイズ(同社調べ:2020年4月現在)
※4 推奨電池を使用し、初期設定のまま1日3回使用した場合
 
 
 

■問い合わせ先
アイホン株式会社 
https://www.aiphone.co.jp/

このページの先頭へ




実行予算作成・工程管理・日報管理・出来高管理・利益予想を簡単に行える原価管理システム。現場代理人が入力した作業日報から原価情報などをリアルタイムに集計し、クラウド経由で工事部長らが現場ごとの出来高進捗・原価状況を把握できる。スマホで撮影した資料を簡単に共有でき、事前のマスター登録は不要で、運用前の準備に手間がかからない。土木積算システム「ATLUS REAL Evo」の工事データと連携可能。
 

 
 
 
■問い合わせ先
株式会社コンピュータシステム研究所
TEL: 03-3350-4591
https://www.cstnet.co.jp/

このページの先頭へ




本製品は、人工光でありながら限りなく自然に近い光をつくり出すと共に、従来では専用の照明器具でしか実現できなかった高い演色性(本来のモノの見え方)と色味調整機能や、121種類のカラー演出機能までも備えたLED照明シリーズである。色温度は、従来品の光源範囲が2,700K〜6,500Kであったのに対して、本製品は1,800K(ろうそくの光に相当)〜12,000K(晴れ渡る空の青色光相当)に拡張した。
 

 
 
 
■問い合わせ先
株式会社遠藤照明
TEL:06-6267-7095
https://www.endo-lighting.co.jp/

このページの先頭へ




アルミの押出成形技術を駆使し、製造の際に天然木に由来したゆらぎのある形状をルーバー表面に施したアルミ製ルーバーである。天然木表面の様相を周波数化したデータを基に設計された金型を使用することで、規則性を持たない凹凸仕上げを実現している。表面の形状が陰影を生み出すため、特殊な表面加工を行わずにルーバー単体で表情豊かな外装にできる。
材工共価格は44,600円(100㎡基準価格)〜。
 

 
 
 
■問い合わせ先
株式会社エービーシー商会
TEL:03-3507-7194
https://www.abc-t.co.jp/

このページの先頭へ




窓の外部に取り付けて室内への日射熱の侵入をカットする外付けロールスクリーン。新たにソフトクローズ機能を搭載した。住宅の断熱性能が向上する中でより重要性が増してきた夏場の日射遮蔽を手軽に実現できる製品である。
窓の外側に設置することで室内への日射熱の侵入を80%程度カットできる。室内の温度上昇を抑え、熱中症のリスク削減にも役立ち、冷房費を削減できる。
本製品はスプリングによる自動巻き上げとなっている。今回、ダブルブレーキによるソフトクローズ機構を搭載することで、スクリーンが収納しきる直前でブレーキが掛かってゆっくり巻き上がり、ボトムバーが静かに収納される。スクリーンを使用しない時はボトムバーがボックス内に完全収納される。また、スクリーン収納時は、強風が吹き続いてもボトムバーがバタつくことがなく安心。
フレームは5色、スクリーンは11色から選べる。オプション部品として、サッシ枠付けやシャッター付けなどの設定に、今回天井付け金具が追加されて、バルコニーの下や各種エクステリア商品にも設置しやすくなった。材料価格は、16520(幅1820×高2090mm)
標準色で36,500 円、25622( 幅2730×高2290mm、生地2枚仕様)標準色で66,000円(税別。搬入費・取付工事費別途)。
 

 
 
 
■問い合わせ先
セイキ販売株式会社
TEL:03-5999-5825
https://www.seiki.gr.jp/

このページの先頭へ




チタンとアルミの2種類の素材を用い、200mm角の正方形モジュールとしてパネルの取り付け方向を変えることで、整然と揃った表情やランダムな変化のある表情など、設計者や施主のイマジネーションによって、洋にも和にもなり得る個性的な壁面を創ることができる材料である。KENOKUYAMA DESIGN(奥山清行代表はピニンファリーナ在籍時にフェラーリ・エンツォなどのデザインを手がけた)との共同開発。
 

 
 
 
■問い合わせ先
アイジー工業株式会社
TEL:0237-43-1810
https://www.igkogyo.co.jp/

このページの先頭へ




前の10件

最新の記事5件

カテゴリ一覧

バックナンバー

の特集記事資料館フィード