建設資材データベーストップ > 話題の新製品 > 2020年8月

福井コンピュータ株式会社(本社:福井県坂井市、代表取締役社長:杉田 直)では、3D点群処理システム『TREND-POINT Ver.8』を、2020年9月24日に発売する。
 

 

 
■概要
国土交通省が推進するi-Constructionにおいて、ICT土工の出来形評価が見直されたことにより、今年度から路面切削工や吹付法枠工といった新たな工種が追加された。
また、測量および設計段階における3次元計測の普及に伴い、公共測量マニュアルや作業規程の準則等も順次改訂され、UAVレーザー測量などの新技術を採用する動きが高まっている。
今回発売する『TREND-POINT Ver.8』では、これらのニーズに対応する機能強化を行っている。
 

■最新版のポイント
・土木施工業向けに、2020年度のi-Construction各種要領・基準(ICT舗装-路面切削工・ICT 法面工-吹付法枠工・ICT 港湾浚渫工)に対応。
・測量業向けに、UAVレーザー精度管理成果アシストや地表面フィルタリングなど、点群処理機能を強化。
・建設コンサルタント業向けに、断面や三角網などの表現力向上による点群活群機能を強化。
・操作性やパフォーマンス向上など基本機能を強化。

 
■TREND-POINT Ver.8の主な新機能
 
●最新のi-Construction関連要領への対応
・ICT舗装工:路面切削工の工種追加に伴い切削からオーバーレイの一連の流れを支援する。
・ICT法面工(吹付法枠工):吹付法枠工の出来形計測を支援する計測値の集計機能を追加した。
・ICT港湾浚渫工:要領改定に対応した読込みや密度条件、成果書込みなどを追加した。
・ICT全般:成果書込みにおける分布図(ヒストグラム)出力による分かりやすい成果が作成できる。
・ICT検査対応機能:指定した検査箇所情報をCSVやSIMAで出力し、検査作業効率化を支援する。
 
●測量分野向け機能と点群処理強化
1.UAV搭載型レーザスキャナーを用いた公共測量マニュアルにおける成果作成支援
・コース間検証点・標定点/調整点・検証点の属性付与と座標点の操作性の向上を行う。
・点群を用いた重複性・均一性・正確性分析機能により、公共測量における点群活用を支援する。
・測量CADシステムのTREND-ONE、Mercury-ONEへの連携で、帳票作成までの流れを強力に支援する。
 
2.測量CADシステム:TREND-ONE、Mercury-ONE との連携強化
・連携時の背景画像や位置情報付き上空画像にヒートマップなどの解析結果を表示できるように改良し、2次元成果作成を支援する。
 
3.地表面フィルタリング強化
・抽出精度の大幅な向上とパラメーターの推奨設定を設けフィルタリング作業効率化を支援する。
・上面抽出設定の追加により樹木や海底のフィルタリングなどに活用できる。
 
●建設コンサルタント向け点群・三角網活用機能強化
1.三角網編集機能の強化
・勾配を維持した面の延長機能により三角網の活用の幅が広がる。
・直観的な操作による表裏の反転、合成・分割機能を追加した。
 
2.断面機能の強化
・縦断面の主要点や中間点の標高を自由に編集できる機能を追加した。
・任意断面左右幅・中心設定機能により利便性を向上した。
・点群からの抽出時に上側を抽出する設定により、樹木や建物の抽出を行うことができる。
 
3.カラーテーブルリストの改良
・自由に設定できるカラーテーブルにより点群の表現力が向上し、プレゼンツールとしての活用を支援する。
 
●その他、基本機能の強化
1.操作性の向上
・キーボードによる視点操作により、細やかな視点操作を実現する。
・クリック回数削減や操作性向上のため、範囲指定、グリッド設定、角度指定を改良した。
 
2.パフォーマンスアップ
・点群ファイルの読込み速度、密度確認実施時の書込み・読込み速度を向上した。
・三角網の表示速度を改善した。
・高性能グラフィックボードの自動切換え機能を追加した。
 
 
 

■問い合わせ先
福井コンピュータ株式会社
https://www.fukuicompu.co.jp/

このページの先頭へ




株式会社ダイテック(本社:東京都中央区、代表取締役社長:野村明憲)は、『注文分譲クラウドDX』を11月に発売する。
 

 
■概要
『注文分譲クラウドDX』は、現行システム「注文・分譲住宅クラウド」(2017年10月サービス開始)で培ったノウハウを結集した新バージョンで、業務を徹底的に分析したメニュー構成とより専用化された機能を搭載した住宅会社向けトータルソリューションサービス。
注文住宅、分譲住宅(建売・売建)、土地、リフォームなど、住宅会社のあらゆる業態を想定した柔軟性と拡張性を備えており、既存事業の改革と新規事業の創出にも貢献する。

具体的な機能では、営業、土地造成、事業計画、実行予算、電子受発注、支払計画、経理、アフターサービスに至る一連の基幹業務は勿論、ベストセラー建築CAD「ARCHITREND ZERO」(福井コンピュータアーキテクト)との積算連携や、同社の現場管理アプリ「現場情報共有クラウド」、各社会計システムまでのデータ連携を可能とする。
 
 
 

■問い合わせ先
株式会社ダイテック
https://www.daitec.co.jp/

このページの先頭へ




株式会社システムイン国際(本社:広島県三原市、代表取締役社長:水馬 久司)は、国土交通省、国土交通省港湾局の新しい電子納品要領・ガイドラインに対応した『電子納品物作成閲覧システム Calssist Ver.18』『デジタル写真管理システム Calstudio Ver.17』の提供を開始した。
 

 
1.『電子納品物作成閲覧システム Calssist Ver.18』
 
■新バージョンで追加した要領・ガイドライン
国土交通省 工事完成図書の電子納品等要領 令和2年3月
国土交通省 土木設計業務等の電子納品要領 令和2年3月
国土交通省 デジタル写真管理情報基準 令和2年3月
国土交通省 電子納品等運用ガイドライン【土木工事編】 令和2年3月
国土交通省 電子納品運用ガイドライン【業務編】 令和2年3月
国土交通省 港湾局 地方整備局(港湾空港関係)の事業における電子納品運用ガイドライン【業務編】令和2年3月
国土交通省 港湾局 地方整備局(港湾空港関係)の事業における電子納品等運用ガイドライン【工事編】令和2年3月
国土交通省 港湾局 地方整備局(港湾空港関係)の事業における電子納品等運用ガイドライン【資料編】令和2年3月
 
■特長
・『PDF作成支援ツール』を標準搭載
・デジタル工事写真の信憑性確認(改ざん検知機能)
・電子小黒板情報の取り込み機能
・多くの要領・ガイドラインに対応
・『設計業務』『調査業務』『測量』『地質』も標準対応
・Excel感覚の表形式の入力画面で効率的
・ドラッグ&ドロップで一括登録
・図面ファイル情報入力支援
・他社ソフトで出力したXMLの取込と修正
・充実したデータチェック機能
・保守期間中は無料でバージョンアップできるので、新OSや新要領への対応も安心
・フリーダイヤル、e-mail、遠隔支援サービス等のサポートサービス(1年目の保守料金は製品価格に含まれている)
 
2. 『デジタル写真管理システム Calstudio Ver.17』
 
■新バージョンで追加した要領
国土交通省 デジタル写真管理情報基準 令和2年3月
 
■特長
・デジタル工事写真の信憑性確認(改ざん検知機能)
・電子小黒板連携による自動振り分け機能
・Excel感覚の表形式の入力画面で効率的
・ダイジェスト版作成機能
・レイアウト自由な印刷機能
・黒板画像の自動検索
・複数人で分担整理したアルバムデータをひとつに結合
・写真のみの電子納品成果物作成も可能
・保守期間中は無料でバージョンアップ
・フリーダイヤル、e-mail、遠隔支援サービス等のサポートサービス(1年目の保守料金は製品価格に含まれている)
 
 
 

■問い合わせ先
株式会社システムイン国際
https://www.denshinohin.jp/

このページの先頭へ




株式会社トプコン(本社:東京都板橋区、代表取締役社長:平野 聡)は、世界最速・最小・最軽量(※1)のトータルステーションGTシリーズに、新開発のモーター制御技術『Smooth Drive Control (TM)』を搭載した。
 

 
■概要
GTシリーズは急激な加減速や高速回転が可能な超音波モーター(USM)を採用し、次世代型ロボティックトータルステーションとして世界最速の旋回スピードを実現、通常の測量作業に加え、建設機械の制御やUAV空中写真測量システムなど建設現場のあらゆるシーンで活用されている。
また小型軽量なボディーによる優れた可搬性やGNSS受信機と組み合わせて測量作業を行うハイブリッド・サーベイ・システムへの拡張など現場の作業効率の大幅向上を実現している。
このたび、このGTシリーズに搭載された新開発のモーター制御技術『Smooth Drive Control (TM)』は、追尾対象物であるプリズムの急激な変位や、建設機械に取り付けた際の振動などあらゆる建設現場の使用条件においてもスムーズな追尾を実現する。
また緻密な制御によりモーターへの負荷も軽減し、高い耐久性を実現すると同時に機械品質の向上も実現した。
 
 

*1 モータードライブトータルステーションとして。2020年8月同社調べ

 
 
 

■問い合わせ先
株式会社トプコン
https://www.topcon.co.jp/

このページの先頭へ




ネクストエナジー・アンド・リソース株式会社(本社:長野県駒ヶ根市、代表取締役社長:伊藤 敦)は、両面発電モジュールを採用したカーポート『Dulight(デュライト)』を販売した。
 

 
■概要
同製品は、両面発電モジュールを採用した屋根建材一体型カーポートである。
モジュール両面で発電が行えるため、片面モジュールに比べて実発電量が上昇する。また、屋根材の上に太陽電池モジュールを載せている従来の一般的なカーポートとは異なり、太陽電池モジュール自体がカーポートの屋根そのものとなることで、従来工法の屋根材や屋根材設置工事のコスト削減にもつながっている。
 
■特長
1.両面発電モジュール採用により、片面モジュールよりも実発電量が上昇
2.屋根建材一体型のため、デッドスペースが生まれずモジュールの最適設置、最大限の発電が可能
3.モジュールの重さを想定した強度設計で、最大風速38m/s、最大積雪60cmまで対応可能
4.システム機器保証15年(※1)、両面発電モジュールのリニア出力保証30年の長期保証を実現
5.自立運転機能付のパワーコンディショナ(住宅用)を使用した場合は緊急時に直接電力の供給も可能
 
 

※1 対象機器は同社が供給する太陽電池モジュール、パワーコンディショナ(同社製のみ)、接続箱(一部除外製品あり)、ケーブル、架台(カーポート)となる。
 
 
 

■問い合わせ先
ネクストエナジー・アンド・リソース株式会社
https://www.nextenergy.jp/

このページの先頭へ




大建工業株式会社(本社:大阪市北区、社長:億田正則)は、基材に独自素材「ダイライト」を使用することで高い不燃性・加工性を兼ね備える不燃壁材「グラビオシリーズ」の上級グレード品として、天然木突板を表面材に用いた、地域産材にも対応可能な不燃壁材『グラビオUS』と、不燃ルーバー『グラビオルーバーUS』を発売した。
 

 
■概要
今回発売する『グラビオUS』は、表面に天然木突板を用いた高グレードの木目調不燃壁材となっており、内装制限のかかる公共・商業建築でも、天然木ならではの味わい深い意匠を演出する。
標準柄として8樹種を用意しているほか、全国の地域産材に特注対応しており、木材の地産地消や地域林業の活性化にも貢献する。
また、併せて発売する、天然木突板化粧の内装用不燃ルーバー『グラビオルーバーUS』とのコーディネートによって、上質な空間を作ることも可能である。
 
■特長
1.標準で8樹種の天然木をラインアップ
天然木ならではの質感豊かな8樹種の表面材を標準柄(受注生産品)として揃えており、『グラビオUS』『グラビオルーバーUS』との同色柄コーディネートも可能。
 

2.全国の地域産材に対応
表面材の天然木突板には、特注対応として地域産材を使用することもできる。
独自技術で全国の木材を有効活用でき、地産地消にも貢献する。
(※突板に加工できる丸太の確保、当社工場までの流通経路等、突板の調達に問題がある場合、対応できないケースもある。)
 
3.軽量かつ優れた防火性能
基材である「ダイライト」は、ロックウール(鉱物繊維)やシラス(火山性ガラス質材料)などを原料にした無機質素材であるため、防火性、耐腐食性能に優れている。
また、軽量で加工性にすぐれ、手のこやカッターナイフでも簡単に切断できるため、施工の省力化も可能である。
 
 
 

■問い合わせ先
大建工業株式会社
https://www.daiken.jp/

このページの先頭へ




パナソニック エレベーター株式会社(本社:大阪府門真市、代表取締役社長:高野忠昭)は、上質で居心地の良い空間を追求した個人住宅向けホームエレベーターの新製品『1414ソフィーネH』を2020年9月1日に受注開始する。
 

 
■概要
今回、新製品として発売するホームエレベーター『1414ソフィーネH』は、ライン型のLEDを間接照明として採用し、柔らかく陰影のある光により上質で居心地の良い空間を演出している。
万一昇降中に停電になった場合でも、このライン型のLEDを通常時と同じ明るさで点灯させたまま、最寄り下方階まで運転(※1)を行う。
また、大型窓タイプのドアをオプションに追加。搭乗時に閉塞感を感じにくく、エレベーターの外からルーム内の様子を伺うことも可能。
さらに、脱臭効果に優れた天井埋込形ナノイー発生機「エアイー」を標準装備。併せて、エレベーターの利用者がよく触れる手すりや床、大型操作ボタンには抗菌処理(※2)を施した。
 
■特長
1. 間接照明の柔らかく陰影のある光により、上質で居心地の良い空間を演出
ルーム内の天井両サイドに幅8mm、高さ10mmのスリムなライン型のLEDを間接照明として採用し、温かみがある明るい空間を実現した。万一昇降中に停電になった場合でも、このライン型のLEDを通常時と同じ明るさで点灯させたまま、最寄り下方階まで運転(※1)を行う。また、ルーム内の内装には、両サイドの間接照明に合わせてアクセントパネルを2面に設置し、シンメトリーなデザインを採用した。
間接照明の柔らかく陰影のある光との組み合わせにより、上質で居心地の良い空間を演出している。
 
2. 大型窓タイプのドアをオプションに追加し、エレベーターの意匠性をさらに向上
大型窓タイプの乗り場ドア、ルーム内ドア(※3)をオプションとして追加。外部の光を取り込めるため、搭乗時に閉塞感を感じにくく、意匠性も向上した。さらに、エレベーターの外からルーム内の様子を伺うことも可能。
 
3. 天井埋込形ナノイー発生機を標準装備、併せて手すりや大型操作ボタンなどを抗菌処理(※2)
脱臭効果に優れた天井埋込形ナノイー発生機「エアイー」を標準装備。パナソニック独自の「ナノイー」技術により、タバコ臭、体臭、ペット臭など、日常生活のさまざまな場面で利用するエレベータールーム内に付着した臭いを脱臭する(※4)。
また、手すりや乗り場・ルーム内の大型操作ボタン、床など、エレベーターの利用者がよく触れる箇所に、抗菌処理(※2)を施した。

 
 

※1 エレベーターの停電時自動着床装置用バッテリーが適切な状態で保たれてる状態に限る。停電時には、標準装備されている「停電時自動着床装置」により、自動的にバッテリー電源で最寄り下方階へ運転し、到着後ドアを開く。電源が復旧すれば通常運転に自動復帰する。
 
※2 非常通報ボタンを除く。なお、抗菌とは製品の表面における細菌の増殖を抑制する状態を言う。試験機関:押しボタンカバー「(株)衛生微生物研究センター」、手すり・床「(一財)日本食品分析センター」試験方法:JIS Z 2801に基づき、フィルム密着法による生菌数を測定。
シャーレにて24時間、静置培養した後の菌数を測定する。対象:付着した一般細菌 試験結果:99%以上抑制(試験は2種類のみの菌で実施)
 
※3 大型窓のドアは、ルーム内・乗り場ともに変更となり、別途オプション料金が必要となる。なお、標準扉・大型窓タイプともに、ルーム内ドアは、フィブロホワイト柄のみとなり、乗り場ドアは全7柄から選べる

※4 試験機関:パナソニック エコシステムズ株式会社 試験方法:6畳の実験室においてFY-10Sを8時間運転後、6段階臭気強度表示法による検証
脱臭の方法:FY-10Sを運転 対象:付着したタバコ臭、付着したノネナール(体臭)、付着したトリメチルアミン(ペット臭、生ごみ臭、調理臭)
試験結果:8時間後、臭気強度1低減(自然減衰との差)。臭気強度が1下がるとは90%の低減を意味する。
脱臭効果は周囲環境(温度・湿度)、運転時間、臭気、繊維の種類によって異なる。また、タバコに含まれる有害物質(一酸化炭素等)は除去でできない。
常時発生し続ける臭い成分は、全て除去できるわけではない。
同データは製造元のパナソニック エコシステムズ株式会社が実施した一定条件下での試験結果である。エレベータールーム内での試験結果ではない。
 
 
 

■問い合わせ先
パナソニックエレベーター株式会社
https://panasonic.co.jp/ls/pev/

このページの先頭へ




パナソニック株式会社ライフソリューションズ社(本社:大阪府門真市、社長:道浦 正治)は、エクステリアのプランニングに役立つコンテンツを提供するとともに、建築照明器具SmartArchi(スマートアーキ)のエクステリア向けの品ぞろえを拡充。
植栽や建物、通路などを照らしてエクステリア空間を上質に演出するエクステリア照明「Cylinder Spot(シリンダースポット)」と「Broad Washer(ブロードウォッシャー)」の2種類合計74品番を、2020年9月1日より発売する。
 

 
■概要
今回、有限会社田主丸緑地建設グリーンクリエーター小西範揚氏を、パナソニックのエクステリアオフィシャルアドバイザーに招き、オンラインセミナーを開催するなど、エクステリアのプランニングに役立つコンテンツを提供する。

併せて、屋外空間や建築に調和するデザインと光を実現する新製品も発売。
照明器具の小型化を可能にする配光設計技術や放熱設計技術により、エクステリアで多く使用されるスポットライトを、同社従来品比で明るさ同等で器具直径65mmと約2分の1にスリム化(※1)した。
また同社独自の導光板技術と配光設計技術により、厚さ47mmの薄型フォルムで、発光面の輝度を抑えながら、ワイドな光の広がりを実現するローポールライト、フットスタンドライト、フットライトを開発した。
いずれもシンプルなデザインで、高い防水性能を確保し、マンションや、公共施設、商業施設などの中規模施設の外構のライトアップに適している。
 
■特長
1. エクステリア業界をリードする小西範揚氏とコラボレーションし、役立つコンテンツを提供
有限会社田主丸緑地建設グリーンクリエーター小西範揚氏を、パナソニックのエクステリアオフィシャルアドバイザーに招き、オンラインセミナー(3回予定)を開催する。
また、小西氏は、エクステリア事例の施工・撮影、カタログ監修などしている。
その他、エクステリアのプランニングに役立つ提案書など、さまざまなコンテンツを提供する。
 
2. シリンダースポット:屋外空間に調和するデザインと光を追求したスポットライト
植栽に溶け込むコンパクトデザインと、人が近づいてもまぶしさを感じにくい、グレアに配慮した美しい光を実現。
小型化を可能にする配光設計技術や放熱設計技術により、同社従来品比で明るさ同等で器具直径65mmと約2分の1にスリム化。LED電源には樹脂充填電源を採用、さらに、結露低減フィルターを採用することで、屋外での使用にふさわしい高い防水性能を確保している。
周囲温度も、マイナス20度から35度まで対応。

従来の700lmタイプ、1100lmタイプに加え、壁面演出に最適な2000lmタイプを新たに品ぞろえ。
植栽の色を鮮やかに演出する「彩光色」タイプも品揃え。黄みを抑え、彩度を上げたり、赤みの強い色もよりあざやかに見せることができる。
 
3. ブロードウォッシャー:発光面の輝度を抑えながら、ワイドな光の広がりを実現
同社独自の導光板技術と配光設計技術により、厚さ47mmの薄型フォルムで、発光面の輝度を抑えながら、ワイドな光の広がりを実現するローポールライト、フットスタンドライト、フットライトを開発。
統一デザインで、つながる空間を実現できる。
LED電源には樹脂充填電源と、結露低減フィルターを採用し、屋外での使用にふさわしい高い防水性能を確保している。
同社独自の導光板技術と配光設計技術によって開発した約5000個のマイクロレンズにより、上方向への光の広がりを抑えて、まぶしさを抑制し、足元をしっかりと照らすワイドな配光を実現している。光がワイドに広がるため、少ない器具数でも歩道に必要な明るさを確保できる
 
 
 

■問い合わせ先
パナソニック株式会社
https://www.panasonic.com

このページの先頭へ




パナソニックエイジフリー株式会社(本社:大阪府門真市、代表取締役社長:坂口 哲也)は30機種以上(※1)の機械浴槽が設置可能で、100種類以上の豊富なレイアウトを実現した高齢者施設向け大型システムバス『アクアハートF-eXシリーズ』を2020年10月1日に発売する。
 

 
■概要
今回発売する『アクアハートF-eXシリーズ』は、レイアウトの柔軟性を高めた高齢者施設向け大型システムバスである。
新たに開発した床パネルにより、浴室を囲むいずれの壁にも扉を設置でき、適切な動線や介助スペースを保ちながら30機種以上(※1)の機械浴槽を設置できる。

 
■特長
1. 適切な動線や介助スペースを保ちながら30機種(※1)以上の機械浴槽を設置可能
新たに開発した床パネルにより、浴室を囲むいずれの壁にも扉を設置できる。また、床パネルの分割位置(継ぎ目)を減らし、国内の主要な機械浴槽を設置した際、大きな負荷がかかる脚を避けるように設計。
これらにより適切な動線や介助スペースを保ちながら30機種以上(※1)の機械浴槽を設置できる。従来、在来工法(※2)でなければ実現できなかったレイアウトを省施工なシステムバスで造ることができ、新築時の工期短縮に加え、リフォーム時の入浴サービスの休止期間も短縮できる。
 
2. 100種類以上の豊富なレイアウトを実現し、介助の流れに合わせた最適なプランが選択可能
介助時の動線確保において重要となる扉は、設置位置を壁の中央や両端などに柔軟に設定できることに加え、2カ所に設置することも可能である。
さらに、同社従来品では特定の1箇所に限定されていた機械浴槽の設置位置も浴室の中央や壁面近くなど柔軟に選択でき、100種類以上の豊富なレイアウトが実現できる。
これにより、浴室への入口と出口を分けた2箇所の脱衣所の設置や、2台の機械浴槽の設置など現場での介助の流れに合わせた最適なプランを選択でき、効率的な介助が可能である。
 
3. 施設のイメージに合わせた浴室を実現する、豊富な壁柄展開
7柄17種類の豊富な壁柄を展開しており、施設の内装デザインに合わせて選択できる。
質感にこだわった壁柄により、利用者に、より上質な空間づくりが可能である。
 
 

※1 国内の主要な機械浴槽メーカーと検証した機種数。機械浴槽の特性を活かしきれないレイアウトは推奨していない。また、機械浴槽は同社製品ではない。
 ※2 工場であらかじめ生産したパネルを組み合わせて設置するシステムバスに対して、現場でタイル貼りやモルタルなどを用いて現場で作り上げる工法。浴室設計が柔軟に行える一方で、一般的に工事には時間と工数がかかる。
 
 
 

■問い合わせ先
パナソニックエイジフリー株式会社
https://panasonic.co.jp/ls/paf/

このページの先頭へ




アルミ製放射パネル内に冷温水ヒートポンプ(別売)で作った5〜60℃の専用クーラントを循環させて、パネル表面から放射する冷温熱を利用するシステム。輻射と自然対流により、冷房・暖房・除湿を行う。遠赤外線の輻射熱は、温度の高いところから低いところへ移動する。夏はパネルを冷却して人や室内のものから熱を吸収するため涼しくなり、冬はパネルに放熱させて輻射暖房となる。直接冷気・温風が当たらないため、目・肌・身体に優しい。
 
 

 
 
 
■問い合わせ先
株式会社エコミナミ
TEL:042-379-6333
http://www.ecominami.jp/

このページの先頭へ




前の10件

最新の記事5件

カテゴリ一覧

バックナンバー

の特集記事資料館フィード