• 建設資材を探す
  • 電子カタログを探す
建設資材データベーストップ > 話題の新製品 > 2020年11月

渓流などで発生する土石流について、カメラ映像を利用して、非接触で瞬時に検知を可能とし、画像を基に検知状況をアラートメールで通知する技術である。カメラで撮影された動画から、PIV手法(粒子画像流速測定法)を利用して流体の流れが一定の移動量が検知された状態(継続ベクトル)を一定時間検知することで土石流と判断するものである。 NETIS登録番号QS-200028-A。
 
 

 
 
■問い合わせ先
いであ株式会社
TEL:03-6328-5823
https://ideacon.jp/

このページの先頭へ




「ワイドリリースタイ」の特長は、①被結束物にストレスを与えにくい幅12.7mmのワイドストラップ。PF管などの樹脂管をしっかり結束でき、冷媒管などを凹ませることなく結束できる。②M4サイズのビスを使用して壁面にしっかりと固定することが可能。ビス穴4つで、固定時のヘッド位置を自由に設定できる。③再結束用のレバーにより取り外しでき、ビスを抜かずに壁面に固定したまま再利用、配線・配管の追加が可能。
 
 

 
 
■問い合わせ先
ヘラマンタイトン株式会社
TEL:03-5790-3128
https://www.hellermanntyton.co.jp/

このページの先頭へ




「サラオ」は、「快適トイレ」に適合した移動式トイレの製品シリーズ名である。最新式の洋式便器と温水洗浄・暖房便座を備え、天然木で仕上げた落ち着きのある内装が特長である。
「サラオパネル組み立て式」は、現地で簡単に組み立てが可能である。一枚のパネルが約10㎏程度と軽量で手運びもできる移動式トイレ。1tトラックでの運搬が可能なので、これまで仮設トイレを設置できなかった狭い空間へも対応できる(従来の「サラオ」は4tユニックで運搬のうえ、クレーンでの設置となる)。
組み立ては2人で10分程度で完了できる施工性の良さが特長だが、半透明の天井で自然採光を可能にし、家庭のトイレと同様の温水洗浄・暖房便座を通常装備とするなど、快適性にも配慮した製品となっている。
同省の「快適トイレ」の標準仕様に、付属品として備えるものの規定がある。その1項目で「周囲からトイレの入口が直接見えない工夫」が求められている。
「目隠しパーティション」を使うことで、動線に配慮した快適なトイレ環境が導入できる。入口に屋根(写真右端)も設置できる。
 
 

 
 
■問い合わせ先
Gテクノ株式会社
TEL:0533-78-2231
https://g-techno.jp/

このページの先頭へ




株式会社アルファコックス(本社:東京都世田谷区、CEO:廣瀬 繁伸)は 3Dモデリングソフト『SketchUp Pro2021』を発売した。
 

 
■概要
SketchUp Proは米Trimble社が開発しているモデリングソフトウェアで建築、建設、土木、インテリア、映像分野、製造業などさまざまな分野で世界的に普及している。
マルチプラットフォームに対応し、Windows、Mac双方で利用することができる。
『SketchUp Pro2021』サブスクリプションライセンスには、以下のアプリケーションとサービスが同梱、提供されている。
 
・SketchUp Pro(3Dモデリングソフト)
・LayOut(SketchUp3Dモデル連動2Dドキュメントアプリ)
・Style Builder(SketchUp モデルに独自のエッジスタイルを作成するアプリ)
・Trimble Connect(クラウド型コラボレーションツール)
・SketchUp Viewer for Moblile(iOS、Android 対応モバイル対応ビューア)
・SketchUp Viewer for XR(AR/VR)
 
■サスティナブルな設計をアシストするWebアプリ「PreDesign」を標準搭載
「PreDesign」は建設予定地の気象データと方角を元に適切なグレージング量や性能、庇などが空間の快適性や照明にどのような影響を与え、どのようなファサードを検討すべきか視覚的にシミュレーションできるWebアプリである。
グレージングの性能指数であるU値、太陽熱取得係数、陰影係数、可視透過率などのシミュレーションは米国エネルギー省国立研究所の一つ、ローレンス・バークレー国立研究所が開発した「Berkeley Lab Window」で算出されている。
意匠設計者が3Dモデルを作成する前に、概括的にサスティナブルな建築デザイン、ファサード検討をするのに役立つ。
 
※PreDesign は「SketchUp Proサブスクリプションライセンス」と「SketchUp Studioサブスクリプションライセンス」のみ利用可能。
 
■タグにフォルダ作成機能
シーンの設定をするタグリストは時に大量かつ複雑になっていた。
今回タグにフォルダを作成し、関連するタグをドラッグアンドドロップして移動することでリストが整理され、便利に利用できる。
さらにタグフォルダはSketchUpに同梱されるソフト「LayOut」でもタグツリーの階層と視認性を制御することができる。
 
■タグフィルタリング機能
SketchUpのタグパネルにフィルタリング機能を搭載。
シーンに紐づけるタグを検索し、簡単に見つけることができるようになった。
 
■3DWarehouse に「ライブコンポーネント」が追加
3DWarehouseは世界最大の3Dモデルの素材サイトである。
Louis poulsenやHerman Millerなどの有名メーカーから世界中のユーザーが作成した3Dモデルを無料で利用できるサイトである。今回、新たにライブコンポーネントコンテンツが追加された。
ライブコンポーネントはブラウザ上で3Dモデルのサイズ変更や色の変更、ドアやサッシの開口をユーザー自身がスライダーを利用し設定、モデルをダウンロードできるようになった。
今後同コンテンツは追加していくことと同時に、ユーザー自身が独自のコンポーネント(3D素材)を作成できる機能(プログラム)を提供する予定である(時期は未定)。
 

※現在、ライブコンポーネントは SketchUp Pro2020以降のバージョンで利用可能。
 
 
 

■問い合わせ先
株式会社アルファコックス
https://www.alphacox.com

このページの先頭へ




會澤高圧コンクリート株式会社(本社:北海道苫小牧市、代表取締役社長:會澤 祥弘)、並びに同社のR&D部門であるアイザワ技術研究所株式会社(札幌市)は、オランダのデルフト工科大学とバクテリアの代謝機能を活用した自己治癒コンクリート技術を共同開発してきたが、およそ2年半に及ぶ実証試験を経て、このほどバクテリアとその餌となるポリ乳酸を配合したコンクリートの自己治癒化材料の新たな量産技術を確立した。
 

 
■概要
第一弾として、年間70万立米分に相当する自己治癒コンクリートの供給を可能にするバイオマテリアル(商標:Basilisk)の製造プラントを札幌市内に設置、本格稼働を開始した。本量産技術の確立、並びに製造プラントの新設は、世界に先駆けて自己治癒コンクリートの大量供給に道を拓くものとなる。脱炭素化の流れを追い風に、同社では今後、関東圏、関西圏にも同様のプラントを追加設置し、社会インフラ関係を中心に国や自治体、建設業界等に本テクノロジーの本格採用を働きかけていく。
 
自己治癒(Self-Healing)とは、ひび割れに代表されるコンクリートの損傷をコンクリート自体が自動的に修復してしまう機能のこと。デルフト工科大学のヘンドリック・M・ヨンカース准教授率いる研究チームは、アルカリ耐性の強いバクテリアとバクテリアの餌となるポリ乳酸をカプセル化したものをコンクリート製造時に配合、コンクリートにひび割れが生じた際に、餌を食べて炭酸カルシウムを排出するバクテリアの代謝機能を活用し、自動的にひび割れを埋めてしまうという画期的な手法を考案。
人体に傷が生じた場合、出血した後にかさぶたができて、自然と治癒する。同じようにバクテリアという生物
の代謝でコンクリート表層の傷が絶えず治癒される状態をつくり出せれば、構造クラック等の遠因になる劣化因子の侵入を阻止し続け、コンクリートを実質的に永久構造物にすることができる。
 
 
 

■問い合わせ先
會澤高圧コンクリート株式会社
https://www.basilisk.co.jp

このページの先頭へ




建ロボテック株式会社(本社:香川県木田郡、代表取締役:眞部達也)は協働型鉄筋結束ロボット『トモロボ』を販売しているが、これまで対応不可能であった、土木・インフラ工事向けの太径に対応するための対応機(既存機改造)を、株式会社富士ピー・エス社(本社:福岡県福岡市、代表取締役社長:堤忠彦)の全面的な協力で開発した。
 

 
■概要
建設現場の生産性向上と作業者の負担軽減を目的とし、市販されている結束電動工具を取り付けるだけで自動化できる『トモロボ』は、建築工事が主となる細径(φ10~16mm)の鉄筋結束作業を専門に行うロボットだったが、富士ピー・エス社の協力によって、既存機を土木工事やインフラ工事に使用される太径(φ19~29mm)へ対応させる改良開発が完了し、現場での実証実験を2021年1月より同社施工の工事で運用を開始し、同年4月の一般販売(既存機改造による対応)を目標にテストを重ねてきた。
これにより、これまで結束作業が出来なかったD16/D19以上の鉄筋を使用した鉄筋工事で利用可能となり、より多くの工事でロボットを活用したスマート施工を可能とすることができる。
 
 
 

■問い合わせ先
建ロボテック株式会社
https://www.tomorobo-lab.com

このページの先頭へ




BIMobject Japan株式会社(本社:東京都新宿区、代表取締役社長:東 政宏)は、株式会社大塚商会(本社:東京都千代田区、代表取締役社長:大塚 裕司)と協業し、BIMiソフト「Revi」の国内ユーザー向けに、国内メーカー(29社)・日本への製品販売を展開する海外メーカー(12社)の Revit用BIMパーツ(Revitプロジェクトで利用できるファイル形式を含む。以下、Revit ファミリ)を掲載する特設サイトを大塚商会の運営する「CADJapan.com」内に開設した。
 

 
■概要
国内BIMユーザーがダウンロードしている家具を中心に、国内建設プロジェクトで好まれそうな照明、窓など約1400点を厳選掲載した。種類が多い建材設備の中から、国内BIMユーザーが担当案件に使いやすいRevitファミリを探す時間を短縮できる。
国内BIMユーザーがRevitファミリを見つけやすく、使いやすい環境を整備し、国内のBIM導入および利活用、業界全体の生産性向上、建設プロセスの最適化に貢献する。
 
■特長
1.ユーザーニーズの高い家具・照明・窓など約1400点を厳選掲載
・日本で入手しやすい建材設備を集約掲載しているため、検索結果がすぐに表示(施主へのプレゼン時に使った家具が、実は国内では入手できずに困ったということは防げる)
 ※掲載メーカーは、国内と日本向けに販売を展開する海外メーカーの全41社
 ※世界最大規模のBIMコンテンツプラットフォーム「BIMobjectR Cloud」に掲載する世界1960メーカー・50万点のうち、国内BIMユーザーが最もダウンロードしている家具を中心に選定
 
2.複数の検索窓、リクエスト機能
・複数の検索窓があるので、希望Revitファミリを絞り込みやすい
・特設サイトの利用状況に合わせて掲載アイテムを更新するなど、ユーザーデマンドに柔軟に対応予定
・モバイルでも閲覧可能
・希望の Revit ファミリが見つからない場合はリクエストまたは問合せ可能
 
3.BIMおよび建設業に詳しい2社による、初のメーカー横断型BIMパーツサイト
・同サイトは、国内BIMユーザーがより簡単に日本向けファミリを探しやすくするために、世界1960メーカー・50万点のBIMオブジェクトをはじめとする建材製品情報を掲載するBIMコンテンツプラットフォーム「BIMobejctR Cloud」を国内で運営する同社と、設計ソリューションのことなら大塚商会を掲げ年間120万人が訪れる「CADJapan.com」を運営する大塚商会とが知見を持ち寄り開発・国内建設プロジェクトに向けに使用頻度が高そうな、複数メーカーの建材設備を一つのサイトで横断的に検索可能
 
 

■国内向け BIMパーツ特設サイトのURL
https://www.cadjapan.com/special/bim-navi/bimobject/

 
 
 

■問い合わせ先
野原ホールディングス株式会社
https://www.nohara-inc.co.jp/

このページの先頭へ




株式会社日建マテリアル(本社:福岡県大野城市、代表取締役:眞保榮 薫)は、コンクリート欠損部の厚塗り下地補修が可能な防水材、水中硬化型コンクリート補修材『磯良 ISOLA』を2020年12月に販売開始する。
 

 
■概要
『磯良 ISOLA』は作業後2時間程度で歩行可能な状態まで硬化し、その後雨が降って水に浸かっても硬化する養生の心配がいらないコンクリート補修材である。
コンクリート欠損部へ直に一発仕上げが可能な材料、補修箇所を防水する。
従来の「ポセイドン」と違って厚塗が可能な補修用防水材である。
地下ピット・水槽・地下コンクリート構造物・土木インフラコンクリート構造物全般・コンクリート2次製品に至るまでコンクリートの欠損部を補修し一体化する防水材である。
磯良の強度は一般コンクリート強度より高く、作業性にも優れている。
現場で効率よくコンクリート下地補修を兼ねて防水効果を発揮する。
 
 
 

■問い合わせ先
株式会社日建マテリアル
https://www.nikken-material.com

このページの先頭へ




東リ株式会社(本社:兵庫県伊丹市 代表取締役社長:永嶋元博)は、2020年12月10日よりコンポジションタイル『ダイナミックストーン』を発売する。
 

 
■概要
ダイナミックストーンは、大胆で不均一な抑揚を持つ単層構造の無垢なタイルである。
石灰岩から採れる炭酸カルシウムを主原料とし、コンポジションタイルの製法ならではの「粘土を練り合わせるようにして生まれる独特の質感」「一枚として同じものがないリピートレス」、これらの特長を600mm角サイズで表現することで、施工された空間をより一層美しく際立たせる。
全層が有効層であるため、歩行量の多いホールエントランスやオフィス、店舗等において使用できる。
ダイナミックな色柄変化は、さまざまなシーンで豊かな空間づくりに貢献する。
また、生産時に発生する端材などは、粉砕されてタイルに生まれ変わる。あらかじめ再利用することを考慮して配合に至るまでの製品設計をすることで、極限まで無駄を省き、環境負荷を低減していることも大きな特長である。
 

商品名:ダイナミックストーン
規格:全厚3mm、サイズ 600mm角(面取無)
価格:4,300円/平米(材料価格・税別)
アイテム数:6アイテム
発売予定日:2020年12月10日

 
 
 

■問い合わせ先
東リ株式会社
https://www.toli.co.jp

このページの先頭へ




東リ株式会社(本社:兵庫県伊丹市 代表取締役社長:永嶋元博)は、2020年11月12日より腰壁用内装仕上げ材サンプル帳において、「東リ 防汚消臭腰壁シート、東リ 不燃腰壁シート、ウッドデコ」の新柄新色を発売した。
 

 
■概要
これまでそれぞれのサンプル帳で展開していた腰壁用内装仕上げ材を、ファブテック腰壁を含めて集約し、用途に合わせて選別しやすくなった。
シャープなデザインとなったモール材やコーナー材等副資材を共有することにより、目的に応じた組み合わせ提案が可能となった。
 

商品名:東リ 防汚消臭腰壁シート
品種:腰壁用塩ビシート
規格:幅910mm×長さ20m×厚1mm
価格:3,913円/m、4,300円/平米(材料価格 税抜き価格)
アイテム数:5柄13色(新柄3柄新色8色)
 
商品名:東リ 不燃腰壁シート
品種:不燃腰壁用塩ビシート
規格:①幅910mm×長さ20m×厚0.5mm、②幅1200mm×長さ20m×厚0.5mm
価格:①5,280円/m、5,800円/平米(材料価格・税別)、②6,960円/m 5,800円/平米(材料価格・税別)
アイテム数:①4柄11色(全て新色)、②2柄2色(全て新色)
 
商品名:ウッドデコ
品種:腰壁用壁紙
規格:幅920mm×長さ50m
価格:1,600円/m、1,740円/平米(材料価格 税抜き価格)
アイテム数:5柄7色14アイテム、新色1柄2色4アイテム(タテ張りとヨコ張り含む)
 
 
 

■問い合わせ先
東リ株式会社
https://www.toli.co.jp

このページの先頭へ




最新の記事5件

カテゴリ一覧

バックナンバー

の特集記事資料館フィード