• 建設資材を探す
  • 電子カタログを探す
建設資材データベーストップ > 話題の新製品 > 2021年12月

既存の浴室に設置することができるヒーター。
 
お風呂ヒーター
 
税別2万円台からという低価格を実現し、これまで浴室暖房機の導入が難しかった古い住宅でも設置しやすい。
 
 
■商品の特長
 
1、1秒で暖かくなる「速暖」
現在の主流である、遠赤外線によりじんわり暖める温風タイプの浴室暖房機に対して、本製品では近赤外線を放出する「ハロゲンヒーター」を使用。
スイッチを押してからわずか1秒で暖かさを感じることができる。
 
2、防水仕様
屋外の防水暖房機を専門に開発している同社が、そのノウハウを取り入れて開発。
公的機関で防水性能「IPX5」という厳しい規格に合格している。
 
3、長尺の電源ケーブルと2カ所の電源スイッチ
電源ケーブルは6mのロング仕様で、脱衣所のコンセントまで余裕をもって届く長さ。
また、脱衣所の製品本体とプラグ部の2カ所に電源スイッチを搭載し、設置位置に合わせてスイッチのON・OFFが選べる。
 
設置方法により、「吊り下げモデル」(物干し竿等から吊り下げるタイプ)と「DIYモデル」(専用の取付金具により購入者が設置するタイプ)の2種類から選択でき、ともに重量は約2kg、設計寿命は6,000時間となっている。
 

  • 吊り下げモデル

    吊り下げモデル

  • DIYモデル

    DIYモデル


 
 
■お問い合わせ
株式会社コンフォー
https://k-comfort.co.jp

このページの先頭へ




老朽化した改修現場などにおける、躯体への重量負担低減を目的として開発された軽量セルフレベリング材。
 
ABCライトフロー
 
従来品と比べ約40%の軽量化を実現しているほか、梱包も1袋15kgと従来品よりも軽く、材料の持ち運びも容易に行える。
上水道水で混練するだけで施工が可能なプレミックスタイプで、長尺シートやタイルなどの張物下地として歩行および台車程度の使用ができる。
 
また、速硬性があり、施工後約10時間で軽歩行、約24時間で張物施工が可能(気温20度、湿度65%、施工厚50mmの場合)となる。
標準施工厚は10~50mm、施工可能面積は1.4~1.6m2(塗り厚10mmの場合)。
 
ABCライトフロー2
 
今後は、本製品を店舗や商業施設などの改修市場へ提案していく予定である。
 
 
■お問い合わせ
株式会社エービーシー商会
https://www.abc-t.co.jp

このページの先頭へ




港湾・河川・湖等の護岸や、橋梁等における空洞補修工事に対応する空洞充填用袋体。
 
ジュウテンバッグ
 
小さな注入孔からでも挿入できるため作業効率が向上するほか、シート素材は柔軟性があり破損しにくく、充填材の流出を防止する。
なお、流動化処理土用のジュウテンバッグを活用した「ジュウテンバッグ工法」は、徳倉建設株式会社との共同開発でNETIS登録されている。
 
NETIS登録番号:CBK-210001-A
 
 
■お問い合わせ
アキレス株式会社
https://www.achilles.jp/

このページの先頭へ




完全樹脂製の免震構造用大可動エキスパンションジョイントカバー。
 
アーキウェイブM(免震)シリーズ
 
■開発背景
完全樹脂製の耐震構造用エキスパンションジョイントカバー「アーキウェイブEシリーズ」を2005年に発売。
そこで近年増加する免震建築物にも樹脂製のエキスパンションジョイントカバーを望む声が多く寄せられたことを受け開発された。
 
全方位に最大±900mmの高い可動追従性能を実現。
樹脂ならではの柔軟性と波型の特異形状により、可動時に本体カバー材のせり上がりによる危険がないほか、軽量のため脱落などの二次災害における安全性も担保できる。
 
クリアランス内部に納まるコン パクト設計
 
クリアランス内部に納まるコンパクト設計で、金属製のエキスパンションジョイントカバーと比べ製品幅を40%縮小(同社製品比)。
工事竣工日より10年間の長期保証も設けられている。
 
 
■お問い合わせ
株式会社エービーシー商会
https://www.abc-t.co.jp

このページの先頭へ




ダム・河川の工事等において、大型船でも容易に流木止設備を通過できる浮沈式の通船ゲート。
 
工事用浮沈式 通船ゲート
 
個々のフロートをコンプレッサーとバルブコントロールユニットでエア量を調整し沈下させ、効率的に大型船を通過させることができる。
従来の通船ゲートと比べ安価であり、また設置日数の短縮も可能となる。
 
NETIS登録番号:KK-210047-A
 
 
■お問い合わせ
ノダック株式会社
http://www.nodak.co.jp/

このページの先頭へ




特殊加工により高いグリップ力を発揮する「点字シリーズ」のハイグレードモデル。
 
グリップ点字パネルシリーズ
 
すべり抵抗係数(BPN)は、乾燥時・促進摩耗後の湿潤時ともに基準値をクリアしており(下記表参照)、東京都建設局の認定を受けている。
 
基準値
 
 
■その他の特長
 
1、色飛び・色抜けがほとんどない
年間想定の促進耐候試験により、色飛びや色抜けがほとんど発生しないことを確認。
 
2、裏面全面粘着テープ付き
施工は離型紙を剥がして貼り付けるだけなので、容易に設置できる。
 
3、JIS規格適合
あらゆる場所に安心して設置できる。
 
■ラインアップ
「ポイントタイプ」(300角/400角)、「ラインタイプ」(300角/400角)、「ホームタイプ」の3種類。
 
ラインアップ
 
このほか、同社の点字シリーズにはラバータイプの「点字パネル」、再生エラストマー樹脂を使用した「エコ点字パネル」、1カ月程度の短期使用に最適な「仮設専用点字パネル」、設置・撤去が容易に行える「点字カバー」などが用意されており、用途に応じて最適な製品を選択することができる。
 
 
■お問い合わせ
アラオ株式会社
http://www.arao.co.jp/

このページの先頭へ




福井コンピュータ株式会社(本社:福井県坂井市、代表取締役社長:杉田直)は、100億点クラスの点群でもストレスなく扱える3D点群処理システムの最新版、「TREND-POINT Ver.9」を2022年1月25日にリリースする。
 
TREND-POINT ポイント Ver.9を2022年1⽉25⽇(⽕)リリース
 
■最新版の概要
100億点クラスにも対応できる大幅な処理速度向上
・製品の基盤となるデータベース構造を刷新し、処理速度を飛躍的に高速化
・物理メモリやGPUメモリを使った処理でマシンスペックの性能を最大限に引き出す対応
・プロジェクトデータ一覧のサムネイル表示に対応
 
新オプション「ベクトル差分解析」のリリース
・点群データとサーフェスデータとの比較において面の法線方向における差分計算が可能
・法面吹付の厚さ、トンネルの経年変化、構造物の出来ばえ評価などに活用できる
※「ベクトル差分解析」(オプション)の価格は20万円(税抜)
 
高度な点群活用を実現する各種機能強化
・点群データのグルーピング機能を強化。一つのプロジェクト内で時系列毎のデータや工区毎のデータなど複数のデータを統合・分割した高度な運用が可能になった
・点群、3Dモデル、2D図面など、読み込めるファイル形式の対応範囲を大幅に拡大。地理院タイルなどのオープンデータや、弊社の3DCAD「TREND-CORE」で作成した3DAの読み込みにも対応
・法面などの傾きに合わせた土量算出に対応
・UAV写真計測や各種レーザスキャナのほか、ナローマルチビームやグリーンレーザー、手軽なiPhone LiDARなど、それぞれの特性を生かして取得した別々の点群データを簡単に結合できる機能を新たに搭載
・地表面フィルタリングのさらなる高精度処理
・視認性を向上する球体スポット表示で複雑に重なり合う点群でもスナップが容易に
・ビューア用ファイルを開く前にサムネイルで確認が可能に。ビューア用ファイルの再編集にも対応
・土工の施工履歴データ対応など、i-Constructionにおける2021年度要領案改訂に対応
・情報化施工技術の活用ガイドライン(R3.4)の、ほ場整備工事や舗装工事における要領案改訂に対応
・Windows11に対応
・その他、約30項目に及ぶ基本機能の強化
 
標準セットの価格改定
・今回リリースするVer.9より、標準セット価格を従来の100万円(税抜)から120万円(税抜)に改定
※2022年3月30日(水)までの期間は、従来価格の100万円(税抜)にて販売
 
■商品詳細
発売日:2022年1月25日(火)
価格(税抜)
・標準セット:120万円
・ベクトル差分解析(オプション):20万円
 
 
■問い合わせ先
福井コンピュータ株式会社
https://const.fukuicompu.co.jp/

このページの先頭へ




株式会社ルクレ(本社:東京都港区、代表取締役:有馬 弘進)は、鉄筋コンクリート工事用の電子小黒板を自動作成するAI技術「電子小黒板生成装置及び電子小黒板生成方法」で特許を取得した。
 
現場が「見える」蔵衛門が建設AI技術で特許を取得
 
■新技術の特長
今回特許を取得したAI技術「電子小黒板生成装置及び電子小黒版生成方法」を搭載した『e-Kokuban』は、特別な設定は一切不要、パソコンや蔵衛門Pad DXがあれば導入可能である。
PDF化された配筋リストから必要な豆図、テキスト項目をAIが自動的に判断し、電子小黒板を作成。
配筋リストの様式は設計会社ごとに微妙に異なるものの、以下の工夫を実施することで解決を得た。
 
1.前処理として、Open CV等の画像解析系のフレームワークを活用して読み込んだ配筋リストのPDFを画像化し、ディープラーニングの入力層に適した処理を行う。
2.ニューラルネットワークの入力層に投げ込み、畳み込みニューラルネットワークの畳み込み層や分類層に対しては、蔵衛門オリジナルのチューニングを複雑かつ適正に施す。
3.電子小黒板として分類を完了させるディープラーニング処理を実行。
 
新技術の特長
 
上記により、人の手を介することなく電子小黒板を作成することに成功した。
今後は多くの配筋リストからの学習を行い、『e-Kokuban』の精度をさらに高めていく予定である。
 
 
■問い合わせ先
株式会社ルクレ
https://lecre.jp

このページの先頭へ




有限会社ライラックシステム(本社:大阪府三島郡、代表取締役:友田 勝三)は、不動産・建築・介護・事務所・設備業などの間取り図面・土地図面作成に適した「間取りっど6」を発売した。
 
2次元間取り作成ソフト「間取りっど6」 12月10日(金)より販売開始
 
■商品の特長
 
1. 間取りの作成に専門知識が不要
グリッド(方眼紙)にマウスを吸いよせる吸着機能で、簡単で綺麗な間取り図を作成することができる。
 
2.分かやすい機能と操作性
・2点間指定で部屋のできる「部屋作成機能」
・壁上3点指定で配置できる「建具配置」
・一覧から部品を画面に貼り付ける「部品配置」など
 
3. 豊富な部品が初期常備、オリジナル部品も作成が可能
・登録部品は1,350点以上
・オリジナル部品も作成登録ができる
・建具、家具、住宅設備、オフィス、屋外、介護や電気、給排水記号等があらかじめ常備
 
4. 画像出力機能
・WordやExcel、Illustlatorなどの他社ソフトやホームページに作成した図面が利用できる
・JPEG、GIF、BMP、EMF、PNG形式でのファイル出力が可能
 
5. 画像ファイル取り込み
・スマホやスキャナーなどから画像(JPEG、PNG、GIF、BMP形式)を取り込んでレイアウトできる
 
6. 透過PNG、透過GIF画像
・新機能として透過画像にも対応。表現豊かな図面が作成できる
 
7. 下絵を使った作成
・下絵画像を用い、なぞって作成が可能
・スキャナなどから取り込んだ画像の上からなぞって図面が描ける
 
8. ワンタッチ表現切り替え
・色の切り替えがワンタッチでできる
・作成した図面はカラー、白黒、グラデーション(方向・周囲・シック)に切り替えることも可能
 
9.多彩な作図ツール
・直線、多角形、円、円弧、連続線、二重線、曲線、吹き出しなどの作図ツールで間取り以外の図面も作図が可能
・透過機能搭載
・二重線多角形でアール(弧)の作成もできるため、円形バルコニーなどもスムーズに作図にできる
 
10. 他CAD形式への変換と読み込み
・W_CAD(JWW,JWC)、DXF(R-12J)ファイルに入出力、JW_CAD図形ファイル(JWS,JWK)、図面のプロ2形式の取り込みが可能
※レイヤーは全て1つにまとめられるが、一部データが互換できない場合もある
 
11. 修飾文字
文字に縁取りを付けることができる「修飾文字機能」が新機能として追加
 
12. 不透明度機能が搭載
・文字の透かしを入れることができる
※不透明機能は100が不透明で0にいくほど透明度が上がる
 
 
■商品概要
名称:間取りっど6
販売開始日:2021年12月10日
販売料金: 8,778円(税込)
対応OS:Windows11・10(64bit版)
 
 
■問い合わせ先
有限会社ライラックシステム
http://www.lilacsys.com/

このページの先頭へ




YKK AP株式会社(本社:東京都千代田区、社長:堀 秀充)は、単窓・連窓の開口において室内側で防火性能を確保する、大臣認定防火設備(個別認定)のビル向けアルミ防火内窓「LAYLUS【ウインドウ仕様】」を12月13日から発売した。
 
LAYLUS(レイラス)のウインドウ仕様が発売
 
「LAYLUS」は、窓やカーテンウォールの室内側に内窓として新たな「層(LAYER:レイヤー)」を設け、外窓の持つ特長(意匠・性能)に内窓の性能を加える(PLUS:プラスする)ことができる商品で、大臣認定防火設備としての対応を可能にするアルミ防火内窓である。
今回発売するウインドウ仕様は、業界初の網のない耐熱強化ガラスを採用した大臣認定防火設備のアルミ防火内窓で、防火窓でありながら、窓辺のクリアな眺望性と透明感のある建物の外観意匠を実現した。
さらに、2020年7月に発売した「LAYLUS【カーテンウォール仕様】」に加えてウインドウ仕様を追加設定することで、より幅広くさまざまな物件に対応が可能になった。
 
 
■耐熱強化ガラスを採用したビル向けウインドウ用アルミ防火内窓の大臣認定防火設備
耐火建築物などを設計する際、延焼のおそれのある部分の開口部には防火設備の設置が義務付けられている。
「LAYLUS」であれば、防火設備が必要とされる開口部で、外窓に非防火商品を使用することができる。そのため、非防火部との建物外観の意匠を統一できる上、延焼の恐れのある部分にかからないように開口部のサイズを変更するなど、設計上の制約も不要となる。
 
■商品の特長
 
・防火部、非防火部に関わらず外観意匠統一
内窓(室内側)で防火性を確保するため、外窓は非防火商品で対応することができ、焼付塗装仕上げや無目の位置合わせなどが必要な場合でも意匠統一が可能。
また、網目のない耐熱強化ガラスを採用しているため、開放感や眺望性も確保することができる。
 
防火部、非防火部に関わらず、外観意匠統一
 
 
・大開口の建築モジュール
最大製作可能サイズは幅(W)1,800㎜×高さ(H)3,000mm。
天井高3,000mmのフルハイトな大空間で開放感の演出や、一般的な柱間7,200mmを4等分するなど建築モジュール(基準寸法)に合わせた大開口が可能である。
 
大開口の建築モジュール〈ワイドスパン・フルハイト〉
 
 
・アルミ形材によるシャープな内観意匠
アルミ押出形材を用いることで、室内側の窓回りが引き締まって見える仕様になった。
また、ガラス押えはシーリング材を用いない形材嵌合式(はめ込み式)とすることでガラスの納まる見込み寸法(奥行)を極力抑え、すっきりとした印象を与える。
 
アルミ形材によるシャープな内観意匠
 
 
■商品概要
商品名:アルミ防火内窓「LAYLUS(ウインドウ仕様)」
窓種バリエーション:FIX窓
ガラス厚:6.5mm、8mm
参考本体価格:186,100円
サイズ:幅(W)1,200×高さ(H)2,500mm
発売日:2021年12月13日
 
 
■問い合わせ先
YKK AP株式会社
https://www.ykkap.co.jp/company/

このページの先頭へ




前の10件

最新の記事5件

カテゴリ一覧

バックナンバー

の特集記事資料館フィード