• お問い合わせ
  • プライバシーポリシー
  • サイトマップ

建築資材、土木資材をはじめとした建設資材、機材、設備、工法等の
データを収録し、スピーディな検索を実現した建設総合ポータルサイト

建設資材データベーストップ > 話題の新製品 > 防災

カネソウ株式会社(本社:三重県三重郡朝日町、代表取締役社長:近藤 健治)は、コンパクトで安全な狭小部床用免震ブリッジ『MX77PTRF』を発売した。

MX77PTRF

■製品の概要
コンパクトで安全な狭小部床用免震ブリッジ。免震構造物が地震で大きく変位した際、クリアランス開口に人が落下したりインカバーが変形して破壊したりするのを防ぐ。免震ブリッジ幅を約40%小さくし、通常は人が通らない建物裏の狭小部に適している。変位量はXY方向±600mm、Z方向±50mm。

■問合せ先
カネソウ株式会社
TEL 059-377-3232
http://www.kaneso.co.jp/

このページの先頭へ




株式会社 エム&エム トレーディング(本社:東京都羽村市、代表:森岡 倫子)は、軽量で移動可能な球状防災シェルター『ノア』を発売した。

ノア

■製品の概要
津波や地震などの災害発生時、避難が間に合わないときに緊急避難するシェルター。地震、崖崩れ、水撃などの外圧や衝撃に強い球状で、素材には弾性に優れたFRPを使用。4人収容できるφ1200タイプ(写真)は約80kgと軽量で、大人二人で持ち運びでき、移動や設置が簡単。空気口を備え.携帯電話の電波も通す。

■標準価格
408,900円
※運賃・設置費別途

■問合せ先
株式会社 エム&エム トレーディング
TEL 042-569-7887
http://www.mmtrading.co.jp/

このページの先頭へ




三和シヤッター工業株式会社(本社:東京都板橋区、社長:木下 和彦)は、手動式防火シャッターの危害防止装置として、従来必要であった外部からの電源供給と専用バッテリー交換の手間をなくした電池式の手動式防火シャッター用危害防止装置『電池式非難時停止装置』を8月29日に発売する。

電池式非難時停止装置

■製品の概要
防火区画に設置される防火シャッターが火災時に熱や煙を感知して自動で閉鎖する際の挟まれ事故を防止するための装置。シャッター下端部の座板スイッチに障害物が接触すると、シャッターは一旦停止し、障害物がなくなってから再度閉鎖を始める。
本装置は、手動閉鎖装置に市販の電池を内蔵することで、従来の外部からの電源供給の役割と停電時用バッテリーを備えた連動中継器が不要となる。そのため配線工事が不要となり施工やメンテナンスが容易。また、新設・既設を問わず対応可能。

■参考価格(税込み)
945,000円
(仕様:電池式非難時停止装置付きA型スラット手動式防火シャッター一式 W=3,500mm、H=2,600mm)
※取付工事費、搬入費、諸経費含まず

■問合せ先
三和シヤッター工業株式会社
TEL:03-5998-9111
http://www.sanwa-ss.co.jp

このページの先頭へ




三和シヤッター工業株式会社(本社:東京都板橋区、代表取締役社長:木下 和彦)は、コードリールが不要で施工性を向上した『無線式避難時停止装置』を発売した。

無線式避難時停止装置

■製品の概要
同社がホーチキと共同開発した新通信システムの採用によりコードリールをなくした防火シャッター用危害防止装置。連動中継器と座板スイッチをコードでつなぐ従来のコードリール方式と比べ、無線式の送信機と受信機をシャッター本体に取り付けるだけでよく、施工を省力化でき意匠も向上する。新築・既設でも対応可能。

■参考価格
1,200,000円(幅3500mm×高2600mm 管理併用タイプ)

■問合せ先
三和シヤッター工業株式会社
TEL 03-3346-3011
http://www.sanwa-ss.co.jp/

このページの先頭へ




DICプラスチック株式会社(本社:さいたま市大宮区、代表取締役社長:豊嶋 潤一)は、最新技術を投入した高性能ヘルメット『AA11&AP11シリーズ』を発売した。

AA11&AP11シリーズ

■製品の概要
快適さ、軽量化、安全性などに最新技術の粋を投入したヘルメットのシリーズが発売された。
快適さの観点から内装システムを刷新した。上下に可変でき快適なサポート位置が得られるアジャスター、深被りとかぶり心地を追求し吸水性に優れたパッド、新型バックルによりサイズ調整が容易なアゴバンド、より薄型に設計されたアジャスターバックルなどを装備。4方向大型ベンチレーションシステムにより、真夏でも蒸れずに快適に装着できる。
シールド機構も全面刷新し、帽体も肉厚などを徹底して見直し、強度を落とさず大幅な軽量化を実現した。また、衝撃吸収ライナーとシールドを一体化して構造を簡素化し、後からシールド付にアップグレードできる。
危険な飛来物から目を守る内蔵タイプのシールドを大型化した。
ABS製のAA11と、ポリカーボネートPC製のAP11があり、それぞれ4タイプを用意。

■問合せ先
DICプラスチック株式会社
TEL 048-658-8857
http://www.dic-plas.co.jp/

このページの先頭へ




不二サッシ株式会社(本社:川崎市幸区、代表取締役社長:土屋 英久)は、BCPに対応可能な免震式サッシ枠『免震式サッシ枠』を発売した。

免震式サッシ枠

■製品の概要
地震時にサッシやガラスが破損しないだけでなく、地震後も重大な補修なく継続して使用できるサッシ。スライド枠と変位吸収材によりサッシ枠に伝わる面内方向の変位を軽減する免震構造により、日本建築学会仕様書JASS14の最高グレード4に相当する層間変位角1/100ラジアンで破損しない。ガラスやシーリング材への負荷を軽減でき、意匠への影響もない。

■問合せ先
不二サッシ株式会社
TEL 044-520-0034
http://www.fujisash.co.jp/

このページの先頭へ




最新の記事5件

カテゴリ一覧

バックナンバー

の特集記事資料館フィード