建設資材データベーストップ > 電子カタログ資料館 > 共通資材 > セメント・生コン・骨材・砕石 > 再生路盤材| 三州瓦シャモット|愛知県陶器瓦工業組合
NETIS登録番号:CBK-190002-A

 


  • 製品写真

  • 施工例



 

概要

「シャモット」は、自然粘土を原料とした愛知県の「三州瓦」の製造過程で発生する規格外瓦を、破砕・分級して製造されたリサイクル製品。
路盤材や路床材のほか、裏込材、裏埋材、埋立材、盛土材、排水材等として利用できる、安全で環境にやさしい資材である。
 
 

特長

1.軽量で扱いやすい
自然粘土を原料として1,100℃以上の高温で焼成して作られる三州瓦の内部には、微細な間隙が多く含まれる。
そのため瓦を破砕したシャモットの粒子も多孔質であり、砂質系材料の中でも最大乾燥密度が小さく、一般的な地盤材料に比べて軽量である。
一方で最適含水比は一般的な砂質系材料と同等であり、特別な処理や養生は不要なため扱いやすく、また非塑性で団粒化しにくいため、埋設物等の撤去・再設置・再締固めも非常に容易に行える。
 


  • 多孔質な内部構造

  • 軽量盛土材としての利用例



 
 
2.透水性に優れる
透水性は粒度によって異なるが、粒度分布が良く排水性も高い「0〜5㎜(透水係数1.20×10-5m/s)」および「0〜20㎜(透水係数9.15×10-5m/s)」のシャモットは、暗渠管の埋戻材や運動場の水はけ対策材としても利用されている。
特に、地中排水管を併用した運動場の水はけ対策として用いた場合、前日に雨が降っても翌日には利用が可能となるほど透水性に優れている(下図参照)。
 

 
シャモット(0〜20㎜)と地中排水管を併用して水はけ対策を行ったグラウンド。
改修前(写真左)は雨のあと所々水が溜まっているのに対し、改修後(写真右)では降雨翌日には水溜まりは見られなくなった。
 
 
3.摩擦性が高い
粘土瓦を破砕して製造されるため、全ての粒子が角張っており、摩擦性(内部摩擦角:0〜5.㎜ 45.1°、0〜20㎜ 44.6°)が非常に高い。このため安息角(自立する角度)も高く、擁壁等の裏込材として用いた場合には構造物に作用する土圧の低減効果が期待できる。
 

シャモット(左)と砂材料(右)
の安息角の比較。砂材料が31°
程度なのに対し、シャモットは
40°以上と安息角が高い。


 
 
4.耐久性に優れる
(一社)日本道路協会の「舗装施工便覧(平成18年度版)」に示される、アスファルト舗装におけるすり減り抵抗の各基準値(表層・基層:30%以下、上層路盤:50%以下、コンクリート舗装における粗骨材:35%以下)を満足している(すり減り抵抗:0〜5㎜ 29.5%、0〜20㎜ 28.4%)。
また粒径によらず高い摩擦性を示すため、局所的に粒度が細かくなっても地盤強度には問題ない。
 
 
5.安全性が高い
自然粘土を原料としているため、リサイクル材料の中でも特に安全性が高くさまざまな環境基準を満足している。
・土壌の環境基準(環境省告示第19号、第46号)
・農用地の環境基準(昭和59年環水土台149号)
・海洋投入の環境基準(環境省告示第13号)


 
 


電子カタログPDF

三州瓦シャモット の資料請求はこちらから

資料請求カートに追加

愛知県陶器瓦工業組合
TEL : 0566-52-1200     FAX : 0566-52-1203
http://www.kawara.gr.jp/

<< 商品詳細に戻る

 

同じカテゴリの電子カタログ

ご利用ガイド
掲載をご希望の方へ

カテゴリ一覧