建設資材データベーストップ > 電子カタログ資料館 > 土木工事 > 上下水道工 > 下水道管渠更生工|自立更生管 KanaSlip(カナスリップ)工法 JSWA認定工場制度?類資器材登録材料(複合プラスチック製管更生材)|Kanaflex工法協会

 

  • 施工事例

  • 大口径KanaSlip(Φ600引込例)



 

概 要

老朽化した下水道管路の中に、工場で生産された自立更生管をそのまま挿入し、管口処理を施すだけのシンプルで経済的な非開削型の管渠更生工法である(※補助金対象)。
・2017年1月1日  公益社団法人 日本下水道協会 認定工場制度 Ⅱ類資器材 登録
・2020年3月17日 公益財団法人 日本下水道新技術機構 建設技術審査証明 取得
 



 

特 長

1.優れた耐震性
継手のない一体型の製品。1スパン50mまで対応しており、地震発生時に継手が外れる心配がない。また既設管への追従性(軸方向約20mm抜け出し量)もクリアしている。
 
2.優れた施工性
既設管の中に工場から搬送された管をそのまま挿入するだけのシンプルな施工方法。施工時間の大幅な短縮が可能。特殊作業車等を使用しないため、小スペースでの施工が可能。
 
3.高品質
現場での硬化・形成作業が不要な工場製品の為、品質が安定・均一。現場環境に影響されない。また、内面は鉄筋コンクリート管に比べ粗度係数が小さいため流下能力が落ちない。
 
4.優れた耐荷重性
下水道用硬質塩化ビニル管(JSWAS K-1)と同等以上の偏平強度。
 
5.経済性が高い
軽量で可とう性があるため、施工が容易で工期の短縮、施工費の縮減が可能。
 
 

システム概略図

本管をそのまま引き込むだけのシンプルな施工方法。工場製品のため現場環境に影響されず品質を安定・均一な状態で併用下の既設管へ引き込むことができる。
 



 

ラインアップ

優れた強度・耐久性を有し、耐薬品性に優れた可とう性を有する工場製品の自立更生管。φ400〜600が追加され、全8タイプから選べる。
 



 

施工実績

ご利用ガイド
掲載をご希望の方へ

カテゴリ一覧