建設資材データベーストップ > 電子カタログ資料館 > 土木資材 > 道路・橋梁・トンネル資材 > 橋梁関連資材|インテリジェント支承/支承部品落下防止対策用ネット、ロープ|一般社団法人日本支承協会

 

  • インテリジェント支承 操作イメージ

    インテリジェント支承 操作イメージ

  • 支承部品落下防止対策用ネット、ロープ 製品写真

    支承部品落下防止対策用ネット、ロープ 製品写真



 

【インテリジェント支承】

橋梁で用いられる支承は、重要な部材でありながらその構造や機能は周知されておらず、的確な健全度の診断ができていないケースがある。
こうした問題の解消を目指して開発された「インテリジェント支承」は、スマートフォン1台で支承管理を行うことができるサービスである。
 
新設・既設を問わず、支承の種類や製作時期といった情報をQRタグ(25mm×50mm)に登録することができ、これらの情報を現地でスマートフォン等(専用アプリをインストール)でQRコードから読み込むことで、現地での支承点検をより容易に行うことができる。
 
QRタグの本体はアルミプレートで錆びにくく、両面テープによって支承本体に貼り付けられている。両面テープは屋外用を使用しており、粘着性に優れ剥がれ落ちる心配もない。
・商標登録(6017001)、特許出願(17-097039)
 
QRコードに登録可能な内容
①支承種類(BP-A、LB等)
②支承図面
③製作または設置時期
④製作メーカー
⑤点検要領(発注者ごとの情報)
※その他個別条件の追加も可能(要相談)
 

スマートフォン画面イメージ

スマートフォン画面イメージ




 

【支承部品落下防止対策用ネット、ロープ】

「支承部品落下防止対策用ネット、ロープ」は、既設の橋脚上に設置されている支承からの部品落下を防ぐための資材。
設置性能以上の地震や経年劣化により、支承部品(サイドブロック、ボルト類他)の思わぬ落下が起こった際の橋下への二次災害を防ぐことができる。
 
落石防護ネットとしてNETIS 登録もされた「ネイチャーネット(HR-090011-A)」の素材(ポリエステル繊維製)を転用しており耐久性は高く、載荷試験の結果亀裂や断裂による落下がないことが証明されている。
 
条件により、ネットタイプとロープタイプの2種類から選択できる。
 
特長
1.取り付けが容易で設置時間がかからない。
2.組みばらしが容易に行える。
3.長期間(30年程度)にわたって機能を保持。
4.衝撃に強く、素材が合成繊維のため錆びない。
5.支承部材を傷つけない。
6.落下試験により性能確認済み。
 
取り付けイメージ(左:ネットタイプ、右:ロープタイプ)取り付けイメージ(左:ネットタイプ、右:ロープタイプ)
取り付けイメージ(左:ネットタイプ、右:ロープタイプ)


落下試験の様子

落下試験の様子




 
 


電子カタログPDF

インテリジェント支承 の資料請求はこちらから

資料請求カートに追加

一般社団法人日本支承協会
TEL : 03-3272-4476     FAX : 03-3281-8634
http://www.bba-jp.org/

<< 商品詳細に戻る

 

同じカテゴリの電子カタログ

ご利用ガイド
掲載をご希望の方へ

カテゴリ一覧