• 建設資材を探す
  • 電子カタログを探す

電子カタログ

「摩擦低減材 ラブケミカ|型枠関連溶剤・コート剤|日本化学塗料株式会社」の資料請求はこちらから

摩擦低減材 ラブケミカ|型枠関連溶剤・コート剤|日本化学塗料株式会社

ラブケミカ施工例



 

概要

「ラブケミカ」は日本化学塗料(株)が開発した、摩擦力低減材(Friction reduce material)である。
 
ラブケミカをH鋼、鋼矢板、基礎杭などにあらかじめ塗布・乾燥して施工すると、塗膜が地中の水分や周辺固定液を吸収して膨潤体を形成する。
この膨潤体が潤滑層として働き、被塗物表面にかかる摩擦(フリクション)を著しく低減(リデュース)させる。
 
また、新製品としてアルカリ液中でのみ膨潤するタイプの「ラブケミカAL」も開発されている。
 
 

特長

1.「ラブケミカ」施工は、専用ラインを必要としない。
2.ハケ、ローラー等で塗装可能。
3.乾燥が早く、硬い塗膜になるので、被塗物の取り扱いが容易である。
 


ハケ塗装(左)、ローラー塗装(右)





 

摩擦低減(フリクションリデュース)の仕組み

「塗布直後」未乾燥塗膜の中に高吸水性ポリマーが浮いた状態で存在する。「硬化乾燥後」固化した塗膜の中に高吸水性ポリマーが固定した状態で存在する。「吸水膨潤後」高吸水性ポリマーが吸水し塗膜を膨潤させた状態で存在する。
「この膨潤した塗膜が潤滑層として作用する。」
 

ラブケミカの湿潤機構



 

引抜き性能試験

モルタル躯体に「ラブケミカ」「パイルロック(同社の止水材)」塗布と「無塗布」のフラットバーを埋設しオートグラフで引張り引抜き強度を比較した。
 

引抜き性能試験



 

試験結果

試験の結果を単位面積当たりの引抜き力としてグラフ化した。グラフ(左図)より無塗布品のフラットバーの引抜き力を比較対象として見るとパイルロック塗布品で1桁の低減が得られ、ラブケミカ塗布品でさらに1桁の低減を得られた。
[その他詳細は、要問い合わせ。]

 

「摩擦低減材 ラブケミカ|型枠関連溶剤・コート剤|日本化学塗料株式会社」の資料請求はこちらから

日本化学塗料株式会社 メーカーの製品一覧 >

住所 〒 252-1111 神奈川県綾瀬市上土棚北4-10-43 TEL 0467-79-5711 FAX 0467-79-5477
HP https://www.ncpaint.co.jp/

積算資料(単価情報)

掲載価格の条件 >
品名 規格
型枠関連溶剤 ラブケミカ 潤滑剤・負の摩擦低減材 内容量18kg

最終更新日:2024-04-08

「摩擦低減材 ラブケミカ|型枠関連溶剤・コート剤|日本化学塗料株式会社」

「型枠・木材」 同じカテゴリの電子カタログ

資料請求カートへ追加