建設資材データベーストップ > 電子カタログ資料館 > 土木工事 > 橋梁上部工 > 橋梁用伸縮継手装置設置工|荷重分散型ジョイント荷重分散型橋梁用伸縮継手|「ジョイント和」|山王株式会社
NETIS登録番号:QS-200045-A

 

  • 荷重分散型橋梁用伸縮継手「ジョイント和」構造図

    構造図

  • ジョイント和

    ジョイント和



 

概 要

本製品は、床版の損傷を抑えることを目的として開発された伸縮装置である。荷重分散鋼板を設けることにより、既設床版に分散荷重として荷重を分散させることができる荷重分散型伸縮装置である。
 
公共工事では、橋梁における伸縮装置設置工および取替工に効果を発揮する。
 
●特許番号6567920
道路橋の伸縮装置及び道路橋の施工方法
 
 

特 長

1.従来の技術では、床版に70mm程度の穴をあけ、差込アンカーを設置し伸縮装置を固定するため、床版にアンカーを通じて集中荷重が作用するため、床版の損傷が激しくなっていた。本技術は、荷重分散鋼板を設けることで、既設床版へ荷重を分散することで耐荷重の向上が可能となり床版への負荷が大幅に軽減できる。
 
2.従来、伸縮装置を固定するために鉄筋に溶接する作業が必要であったが、本施術では、伸縮装置の固定で溶接工が不要となり、着脱可能なボルト連結構造にした。また、荷重分散型伸縮装置は、4隅をアンカーボルトで設置することで施工時間を大幅に削減することが可能となった。
 
3.本技術は、止水ゴムを取り替えることが可能である(従来は、一次止水材の損傷で漏水がある場合、伸縮装置本体を更新する必要がある)。
 

 

適用条件

1.自然条件
・降雨、降雪、暴風時は施工不可。
 
2.現場条件
・施工スペースとして最大3.0m×6.0m=18㎡程度必要。
・補修の場合は交通規制や通行止めが必要。
 
3.技術提供可能地域
・全国で対応可能。
 
 

適用範囲

1.適用可能な範囲
・伸縮量:80mm以下
・床版遊間:140mm以下
・設置箱抜き高さ:100mm以上
・アンカー設置を4隅とする
 
2.特に効果の高い適用範囲
・交通量が多く、耐久性が求められる橋梁。
 
 

留意事項

1.設計時
・「道路橋示方書・同解説」に準拠すること。
・伸縮量、床版遊間、箱抜き高さの条件が必要。
・接着剤の接着強度は3.7N/㎟程度である。
 
2・施工時
・施工要領書に記載の順序に基づくこと。
 
3.維持管理等
・供用後の止水ゴムの状態を確認すること。
・耐用年数は、伸縮装置本体は30年、一次止水材(伸縮ゴム)は10年を想定。
 
4.その他
・受注生産で、1カ月程度を要する。h6>

 
 


電子カタログPDF

ジョイント和 の資料請求はこちらから

資料請求カートに追加

山王株式会社
TEL : 096-214-6850     FAX : 096-214-6660
https://www.kumamoto-sanou.co.jp/

<< 商品詳細に戻る

 

同じカテゴリの電子カタログ

ご利用ガイド
掲載をご希望の方へ

カテゴリ一覧