建設資材データベーストップ > 電子カタログ資料館 > 建築工事 > 解体・改修、その他工事 > 外壁改修工事|Jfp工法|Jfp株式会社
  • Jfp工法 施工例
    Jfp工法 施工例(樹脂注入状況)
  • 穿孔後と施工完了時の比較
    穿孔後と施工完了時の比較

 
 

概 要

 
Jfp(ジャストフィットピン)工法は、従来のタイル・モルタル浮き補修工法における問題点を独自開発技術によって解決し、より確実に、より高強度にタイル・モルタルの浮きを押え止めることのできるピンニング工法である。
振動・騒音が小さく、粉塵は一切出ないため、居住者のいるマンションや仕事中のオフィス、病院などさまざまな建物に対して補修工事を行うことが可能。建物周辺の居住環境にも配慮することができる。
 
 

特 長

 
1.全てのタイル浮きに対応
2.粉塵(ホコリ)が発生せず、低振動・低騒音での施工が可能
3.躯体コンクリートの中性化を抑制
4.注入圧の調整による健全部の共浮き防止
5.ピン頭部による支持強度の向上
6.工期の短縮
7.産業廃棄物が少なく、環境問題に配慮
8.処理コストの削減
9.タイルと近似色での仕上げにより建物の資産価値を維持
10.洗濯物や玄関ドア、窓などの開放制限なし
 
 

従来工法との施工状況の比較

●従来工法(振動ドリル)による施工

  • 従来工法(振動ドリル)による施工
  • 従来工法(振動ドリル)による施工


  • 穿孔時に多量の粉塵が発生する(左)。
    また穿孔穴内に空気溜まりができるため、樹脂注入時にも粉塵および空気が混入してしまう(右)。
     
     
    ●本工法専用ドリル(jf10ドリル)による施工

  • 本工法専用ドリル(jf10ドリル)による施工
  • 従来工法(振動ドリル)による施工


  • 穿孔時には吸塵も行うため、粉塵が発生しない(左)。
    また穿孔穴内に空気溜まりができないため、樹脂中にも粉塵・空気がなく密に充填されている(右)。
     
     

    施工手順

    ①Jf10ドリルによる穿孔

  • Jf10ドリルによる穿孔


  • 湿式研磨穿孔のため、低振動・低騒音での施工が可能。またバキュームを使用するため粉塵が一切発生しない。さらにエアーミスト化したアルカリ水を用いることで、従来工法の問題点である湿式ドリル用冷却水による
    躯体の中性化を抑制する。
     
     
    ②タイル表面の面取り(座掘り)

  • タイル表面の面取り(座掘り)


  • 面取りによりタイル面をジャストフィットピン頭部と同形状にすることで、タイルとジャストフィットピンをフラットにできる。また施工箇所が目立たなくなるほか、ジャストフィットピンの支持力アップにつながる。
     
     
    ③孔内最深部よりエポキシ樹脂を注入

  • 孔内最深部よりエポキシ樹脂を注入


  • 孔内最深部から樹脂を注入するので空気溜まりが発生せず、孔内部に対して樹脂の確実な充填が可能。また、浮き箇所は建物に応じて事前に注入圧を設定することが可能で、注入圧による健全部の共浮きを防止できる。
     
     
    ④ジャストフィットピンを挿入(施工完了)

  • ジャストフィットピンを挿入(施工完了)


  • ジャストフィットピンはステンレス製で耐久性に優れているほか、頭部が半球型のためタイルとの接触面積が従来よりも大きく、より高い剥落防止効果が得られる。また、ピンの頭部にはタイルと近似色の焼付塗装を施すため、施工箇所が目立たない。
     
     


    電子カタログPDF

    Jfp工法 の資料請求はこちらから

    資料請求カートに追加

    Jfp株式会社
    TEL : 092-513-0224     FAX : 092-513-0225
    https://www.jfp-web.co.jp/

    << 商品詳細に戻る

     

    同じカテゴリの電子カタログ

    ご利用ガイド
    掲載をご希望の方へ

    カテゴリ一覧