建設資材データベーストップ > 特集記事資料館 > 建設ITガイド > 3次元データの利活用推進に向けて! −中国地方整備局におけるBIM/CIMの取り組み―

 

はじめに

中国地方整備局では平成24年度からCIMの試行を始め、平成28年度から始まったi-ConstructionによりBIM/CIM活用の拡大を図っているところです。本稿では、その取り組み状況の紹介をするとともに、今後の3次元データの利活用推進に向けた意見を述べます。
 
 
 

工事におけるBIM/CIMの活用

平成28年度までは、主に橋梁やトンネル等の大規模構造物の工事においてBIM/CIMの活用を行ってきました。活用事例としては、主に細部構造の照査(干渉確認)、施工シミュレーション(段取り・安全確認)、地元説明等でBIM/CIMモデルを利用しています。




 

ECIによるBIM/CIMの活用

BIM/CIMの取り組みは、調査・設計・施工・維持管理の建設プロセス全体を3次元データでつないでいく取り組みです。平成29年度からは、設計段階でのBIM/CIM活用拡大を目指して、岡山国道事務所の大樋橋西高架橋をモデルにECI方式によるBIM/CIM活用に着手しました。
 
ECI方式では、技術提案により選定した工事の優先交渉権者(施工者)の技術協力を得ながら設計コンサルタントが詳細設計を行います。
 
施工段階で活用可能なBIM/CIMモデルを設計段階で作成することを目標に現在、BIM/CIMモデルの作成を行っているところであり、属性情報の付与方法、自動的な数量・工事費・工期の算出、施工段階を見据えたCIMモデルの構築、情報共有および契約図書化に向けた検討を併せて実施することとしています。実施に当たっては、CIMLINKを活用し、国土技術政策総合研究所の助言を得ながら発注者、設計者、施工者が相互に情報共有を図り検討を進めています。設計段階で作成したBIM/CIMモデルは、施工段階で活用を図っていきます。
 

大樋橋西高架橋予備設計CIMモデル
(CIMLINKで共有した3DPDF)キャプチャ画像


 

3DA検討図面(CIMLINKで共有した
Navisworksデータ)キャプチャ画像




 

3次元データの利活用推進に向けて

さらなる3次元データの利活用推進に向けて、次の3つの課題について意見を述べます。
 
 
(1)活用効果が大きいICT土工等での3次元データ活用推進
 
BIM/CIMの活用は、橋梁やトンネル等の大規模構造物を中心に進められているところです。その一方で、3次元位置情報の利用により大きな施工の効率化が図られているICT土工の現場では、設計段階での3次元土工設計データ作成が求められているところです。ICT土工の現場からは、土工以外でも3次元データの活用はできるとの意見もあることから、今後は、ICT土工で必要となる3次元データ作成も視野に入れ、事業着手段階の道路や河川の予備設計、詳細設計でのBIM/CIM活用が必要であると考えています。
 
 
(2)3次元CAD利用による設計コンサルタント業務の効率化
 
BIM/CM活用業務では、現在、2次元データによる従前の設計に加え、3次元データの作成を行っているところです。2次元データ、3次元データ両方を作る必要があるため効率的ではないとの意見もありますが、コンサルからは最初から3次元データで設計することは難しいとの意見も聞きます。3次元データの利活用を推進するためには、3次元CADを利用した効率的な設計が行える必要があり、BIM/CIM活用業務におけるリクワイヤメント事項の検討を通して課題を抽出し、改善が図られていくことを期待します。
 
 
(3)発注者が納品された3 次元データを確認・利用するスキル向上
 
従前の2次元データによる報告書は、紙での印刷物やPDF等のデータで成果品を確認することができました。しかし、3次元データ、特にBIM/CIMのような属性情報を伴う成果品は、紙での印刷物ではその内容を正確に確認することができません。そのため、BIM/CIMによる成果品を確認するためのスキル向上が発注者に求められているところです。3次元データを確認する手法として、3次元PDFを使用することもできますが、現状では作成されたBIM/CIMデータを全て3次元PDF化することはできないことから、中国地方整備局では、3次元CADソフトのビューアソフトを活用して成果品を確認する試みを進めており、その一環としてBIM/CIMセミナーを開催しました。BIM/CIMセミナーでは、3次元データ利活用に関する座学と3つの3次元CADソフトのビューアを使った成果品確認の演習、3次元データの利活用に向けた意見交換を実施しました。現在、3次元データによる契約書化の検討が進められているところであり、今後は職員が3次元データを編集するスキル向上も図っていく必要があると考えています。
 

BIM/CIMセミナー開催状況(ビューアソフト
によるハンズオン演習)


 



 
 
 

国土交通省 中国地方整備局 企画部 技術管理課 建設専門官 浜田 健一

 
 
 
【出典】


建設ITガイド 2019
特集1「i-Construction×BIM/CIM」



 

 

同じカテゴリの新着記事

最新の記事5件

カテゴリ一覧

バックナンバー

話題の新商品