建設資材データベーストップ > 特集記事資料館 > 積算資料 > 「新しい生活様式」に対応したSA・PAを目指して

 

1. はじめに

中日本高速道路株式会社(以下,NEXCO中日本)は総延長2,151km(2020年4月1日現在)の高速道路を管理,営業しています。営業エリアでのサービスエリア・パーキングエリア(以下,SA・PA)は205カ所(2020年4月1日現在 上下線別)で,うち無人エリア等を除く156カ所のSA・PAについてNEXCO中日本が運営管理を行っています。
 
各SA・PAでは,地域の特色を生かした店舗づくり,魅力ある商品の販売,さまざまなニーズに応えるサービスの導入を進めるとともに,地域活性化や地域社会との連携強化にも取り組むなど,特徴と魅力あるサービスエリアづくりを展開しています。
 
2020年1月,国内で最初の新型コロナウイルス感染症の感染者が確認され,その後,感染が日本全国に拡大しました。同年4月には政府による都道府県をまたいだ移動の自粛を目的とした「緊急事態宣言」が全国に発令されるに至り,これを受けてSA・PAでも一部の店舗では営業時間の短縮や営業休止を行いました。同宣言は6月に解除されたものの,今なお国内の感染者数の増加に歯止めがかからない状況が続いています。このような中,NEXCO中日本ではお客さまとスタッフの安全・安心を最優先に考えた,衛生水準の高いSA・PAづくりに取り組んでいます。
 
本稿では,感染防止対策をはじめとしたNEXCO中日本のSA・PAでの取り組みをお知らせするとともに,お客さまにさらに快適にご利用いただけるよう,2020年7月にE1東名高速道路の海老名SA(下り線)を「EXPASA(エクスパーサ)※海老名」としてリニューアルオープンしましたので,併せてご紹介します。
 
 
 

2. 「新しい生活様式」に対応した取り組み

新型コロナウイルスの感染防止には,「3密(密閉・密集・密接)空間を避ける」「安全な距離(ソーシャル・ディスタンス)を保つ」「こまめに手を洗う」「室内換気と咳エチケットに留意する」などの取り組みが有効とされています。
 
そのためNEXCO中日本が運営管理するSA・PAでは,感染拡大防止に向けて「新しい生活様式」に対応した次の①〜④の取り組みを行うとともに,館内入口などに以下のようなポスターを掲示してお客さまにお知らせしています。
 


①入館されるお客さまへのお願い

入館時のマスク着用や館内入口での手指の消毒へのご協力のほか,体調が優れないお客さまにはご利用を控えていただくようお願いしています。また,フードコートでは「3密」を避けてご利用いただくようお願いしています。

②テイクアウトメニューの拡充

SA・PAの営業施設への入館や館内への長時間の滞在に抵抗を感じるお客さまに対しては,「Let’s Take out ! !」と題したキャンペーンを実施し,テイクアウトメニューの拡充を行うほか,大手出前会社と連携したデリバリーサービスの導入などを促進しています。

③キャッシュレス化の推進

お客さまとスタッフとの接触による感染のリスクを低減させるため,電子マネーやクレジット決済,QRコード決済やモバイルオーダーなどのキャッシュレス化を推進しています。

④店舗での取り組み

お客さまをお迎えする営業施設では,スタッフの衛生管理を徹底し,日々の体調管理のほかマスクの着用,手洗いやうがい,手指の消毒を徹底しています。また,感染防止に向けた以下の取り組みを行うことにより,お客さまが安全で安心して各店舗をご利用いただけるよう努めています。
 

  • 【定期的な換気】
    館内では,換気設備の適切な運転管理や窓などの定期
    的な開放による換気を実施。

  • 【飛沫防止シートの設置】
    店舗レジやフードコート提供口,エリア・コンシェル
    ジュカウンターなどに飛沫防止シートを設置。


  • 【レジ待ち位置の明示】
    店舗レジ前などにソーシャル・ディスタンス確保のた
    めの目印を設置。

  • 【定期的な消毒】
    呼び出しベルや買い物カゴ,券売機など店舗の定期的
    な消毒を実施。


  • 【飛沫防止のアクリル板の設置】
    飛沫感染を防止する工夫の一環として,客席にアクリ
    ル板を設置。

  • 【商品陳列方法の変更】
    商品を個包装するなど衛生に配慮。



 

3. EXPASA海老名のお知らせ

E1東名高速道路の海老名SA(下り線)は,これまで紹介してきた「新しい生活様式」に対応した取り組みを行った上で,2020年7月に「EXPASA海老名」としてリニューアルオープンしました。
 
今回のリニューアルでは,商業施設の東側・西側双方にショッピングコーナーを配置し,お盆や年末年始などの混雑時期にもゆったりとご利用いただけます。
 
フードコートでは,創業220年の江戸そばの老舗が高速道路に初出店するほか,全国各地の人気ラーメンを楽しむことができるラーメン専門店が新たにオープンしました。そのほか既存の店舗もリニューアルし,限定商品や新商品をご用意するとともに,座席数を増やすことで利便性を向上させて,お客さまをお迎えしています。
 
海老名SA(下り線)といえば,ギネス世界記録®にも登録された『ぽるとがる』の「海老名メロンパン」を思い浮かべる方が多いかもしれませんが,今後も世界に誇れるSAとしての進化を続けていきます。一例として,今回のグランドオープンに当たっては,AIを活用したエリア・コンシェルジュ(館内や周辺観光のご案内を行うデジタルサイネージ)を試行導入し,DX(デジタル・トランスフォーメーション)の推進と感染拡大防止に取り組んでいます。
 
 
 

4. おわりに

NEXCO中日本では,新型コロナウイルス感染症の拡大防止に向けて,引き続きお客さまとスタッフの安全を最優先に考えた衛生水準の高いSA・PAづくりを進めるとともに,「新しい生活様式」の下でお客さまが安心して快適にご利用いただける空間づくりに取り組んでいきます。
 
 


※EXPASA(エクスパーサ)とは,人気店の複数導入,選ぶ楽しさ・見る楽しさといった買いたくなる売り場づくり,ゆとりある快適空間,ぷらっとパークや地産地消による地域との交流などを追求した商業施設。
 
 
 

中日本高速道路株式会社 関連事業本部 サービスエリア事業部

 
 
【出典】


積算資料2021年1月号



 

 

同じカテゴリの新着記事

最新の記事5件

カテゴリ一覧

バックナンバー

話題の新商品