建設資材データベーストップ > 話題の新製品 > 玄関ドアのハンドルに電気錠を標準搭載した集合住宅用スマートドアの共用部システム『WAY PLUS』

YKK AP株式会社(本社:東京都千代田区、社長:堀秀充)は、玄関ドアのハンドルに電気錠を標準搭載した集合住宅用スマートドア「R’s SDX(アールズ エスディエックス)」「EXIMA80St(エクシマ ハチジュウ エスティ)」に、集合住宅の共用部エントランスの自動ドアや宅配ボックス、エレベーターなどにも対応するスマートドア共用部システム『WAY PLUS(ウェイプラス)』を2016年1月12日に発売する。
 
玄関ドアのハンドルに電気錠を標準搭載した集合住宅用スマートドアの共用部システム『WAY PLUS』
 
■製品の概要
各住戸のスマートドアのキーを使用してエントランスの自動ドアや宅配ボックスなどの共用部設備の解錠ができ、共用部設備と玄関ドアをすべて1つのキーで対応可能にしたため、建物全体のセキュリティと利便性が大きく向上する。
使用方法はスマートドアと同様で、キーをポケットや鞄に入れたまま、またはキーを近づけるだけで共用部設備の解錠が可能。
両手がふさがっていてもスムーズな入館・入室を可能にし、子どもから高齢者まで簡単に操作できる。
キーの検知を行なう「リーダー」を各共用設備に設置し、さらに宅配ボックスとの連動には「制御盤」を管理人室に設ける。
 
■標準価格(税抜き)
スマートドア共用部システム『WAY PLUS(ウェイプラス)』
マルチリーダー:127,000円
カードリーダー:61,000円
制御盤:521,000円
※運賃、工事費、諸経費別
 
■問い合わせ先
YKK AP株式会社
TEL:0120-20-4134
http://www.ykkap.co.jp/

 

同じカテゴリの新着記事

最新の記事5件

カテゴリ一覧

バックナンバー

の特集記事資料館フィード