建設資材データベーストップ > 話題の新製品 > 複層ガラス仕様の樹脂窓で高い断熱性能と美しいデザインを実現した『エルスターS』

株式会社 LIXIL(本社:東京都千代田区、社長:藤森 義明)は、複層ガラス仕様の樹脂窓において高い断熱性能(熱貫流率)1.30W/㎡・Kと美しいデザインを両立した高性能樹脂窓『エルスターS』を開発し、北海道で2016年3月15日から、東北以南で5月1日から販売を開始する。
 
複層ガラス仕様の樹脂窓で高い断熱性能と美しいデザインを実現した『エルスターS』
 
■製品の概要
高い断熱性能を実現させるため、フレームの見付部分(正面から見えるフレームの幅)を細くし、熱を通しにくい高性能なガラスの面積を最大化するというハイブリッド窓「サーモス」の設計コンセプトのもと「エルスターX」で開発した、樹脂窓においてスリムなフレームを継承し、従来品と比べてガラス面積を約10%拡大した。
さらに、見込寸法を拡大して中空層(ホロー)を増やす多層ホロー構造で、フレームの耐久性と断熱性を向上している。
また、フレームのデザインにも磨きをかけ、美しい窓デザインとの両立も実現している。
引違い窓や、面格子付窓、縦すべり出し窓、勝手口ドアをはじめ、業界初の隠し丁番を採用したドレーキップ窓や、樹脂窓初となるフラットスライド構造の上げ下げ窓など、さまざまなご要望にお応えできる多彩な窓種をラインアップ。
さらに、トリプルガラスを搭載する高性能樹脂窓「エルスターX」とデザインや納まりを統一し、同一物件での使い分けも可能としている。
 
■問い合わせ先
株式会社 LIXIL
http://www.lixil.co.jp/

 

同じカテゴリの新着記事

最新の記事5件

カテゴリ一覧

バックナンバー

の特集記事資料館フィード