建設資材データベーストップ > 話題の新製品 > ダイキン工業がビル用マルチエアコン『VRV X』シリーズをモデルチェンジ

ダイキン工業株式会社(本社:大阪市北区、取締役社長兼CEO:十河 政則)は、ビル用マルチエアコン『VRV X』シリーズ(22.4kW〜118.0kW 全18機種)をモデルチェンジし、2016年4月20日より発売する。
 
ダイキン工業がビル用マルチエアコン『VRV X』シリーズをモデルチェンジ
 
■製品の概要
低負荷時の運転効率を向上し、年間の消費電力を大幅に削減したビル用マルチエアコンのハイグレードモデル。
今回、冷媒回路の見直しによりさらに効率を向上させ、高い省エネ性を達成した。
デシカント方式の調湿外気処理機『DESICA』と組み合わせることで、ZEB(ネット・ゼロ・エネルギー・ビル)を実現するための大幅な消費エネルギーの削減が可能。
また、天井カセット形の室内ユニットでは、従来の気流方式を根本から見直した「アクティブ・サーキュレーション気流」を採用し、足元から暖かく快適な暖房が実現できる。
さらに、輻射空調や床暖房などの風を感じない空調システムを簡単に導入したいというニーズに応え、冷温水を作り出す「冷温水ユニット」を新たにラインアップする。
 
■問い合わせ先
ダイキン工業株式会社
TEL:0120-88-1081
http://www.daikin.co.jp/

 

同じカテゴリの新着記事

最新の記事5件

カテゴリ一覧

バックナンバー

の特集記事資料館フィード