建設資材データベーストップ > 話題の新製品 > トータルステーションが進化

株式会社トプコン(本社:東京都板橋区、代表取締役社長:平野 聡)は、世界最速・最小・最軽量(※1)のトータルステーションGTシリーズに、新開発のモーター制御技術『Smooth Drive Control (TM)』を搭載した。
 

 
■概要
GTシリーズは急激な加減速や高速回転が可能な超音波モーター(USM)を採用し、次世代型ロボティックトータルステーションとして世界最速の旋回スピードを実現、通常の測量作業に加え、建設機械の制御やUAV空中写真測量システムなど建設現場のあらゆるシーンで活用されている。
また小型軽量なボディーによる優れた可搬性やGNSS受信機と組み合わせて測量作業を行うハイブリッド・サーベイ・システムへの拡張など現場の作業効率の大幅向上を実現している。
このたび、このGTシリーズに搭載された新開発のモーター制御技術『Smooth Drive Control (TM)』は、追尾対象物であるプリズムの急激な変位や、建設機械に取り付けた際の振動などあらゆる建設現場の使用条件においてもスムーズな追尾を実現する。
また緻密な制御によりモーターへの負荷も軽減し、高い耐久性を実現すると同時に機械品質の向上も実現した。
 
 

*1 モータードライブトータルステーションとして。2020年8月同社調べ

 
 
 

■問い合わせ先
株式会社トプコン
https://www.topcon.co.jp/

 

同じカテゴリの新着記事

最新の記事5件

カテゴリ一覧

バックナンバー

の特集記事資料館フィード