建設資材データベーストップ > 話題の新製品 > エコモット『MET-EYE』と ザクティエンジニアリングサービス『CX-WE100』の セット販売開始

エコモット株式会社(本社:北海道札幌市、代表取締役:入澤 拓也)と株式会社ザクティエンジニアリングサービス(本社:大阪府大阪市、代表取締役社長:堂村 龍明、)は、公共工事の建設現場における効率化に向けて国土交通省が試行する遠隔臨場に対し、両社の強みを生かしたシナジーを図る製品のセット販売を開始する。
 

 
■特長
・高い耐環境性能
CX-WE100はIP65(USBプラグ部除く)の高い保護等級を持ち、使用温度範囲も50℃(※1)までと、過酷な自然環境におかれる建設現場においても安定的な稼働が期待できる。
 
・ブレない映像記録
CX-WE100は独自のブレ補正機能である「エクスタビライザ」を搭載しており、ウェアラブルカメラに共通する課題である映像のブレを極限まで抑え込み、メカレス(ジンバル等の不使用)でも作業者の揺れや傾きに影響されない安定した映像を提供できる。
 
・従来モデルとの上位互換
従来MET-EYEで使用していたカメラはCX-WE100とシームレスに交換でき、映像品質を国土交通省遠隔臨場の試行方針(※2)に準拠できるよう上位互換することが可能。
 
・高精細な映像のクラウド録画
映像のリアルタイム配信(ストリーミング)のほか、MET-EYEではHD画質の高精細な映像をクラウド上に録画できる通信技術やサーバー性能を持つため、現場からの記録媒体の送付を待たずに映像を再確認できるほか、記録媒体の紛失リスクも無用となる。
 
 
※1:風速1m以上での環境
※2令和2年5月7日事務連絡 別紙「建設現場における遠隔臨場の令和2年度の試行方針」
 
 
 

■問い合わせ先
エコモット株式会社
https://www.ecomott.co.jp/

株式会社ザクティエンジニアリングサービス
https://xacti-co.com/

 

同じカテゴリの新着記事

最新の記事5件

カテゴリ一覧

バックナンバー

の特集記事資料館フィード