建設資材データベーストップ > 話題の新製品 > 強風や雪に強い折板カーポート『カーポートSW』『カーポートST』

株式会社LIXIL(本社:東京都江東区、取締役代表執行役社長兼:瀬戸 欣哉)は、強風や雪から暮らしを守る折板カーポート『カーポートSW』『カーポートST』を、2021年4月1日より全国で発売する。
また『カーポートSC』は、木調色を追加し、同時発売する。
 

 
■概要
折板カーポート『カーポートSW』『カーポートST』は、シンプルで直線的な機能美にこだわりながらも、「強風や雪から暮らしを守る」という性能を追求した。
『カーポートSW』は、業界最高水準の耐風圧強度46m/秒相当(※)を実現し、昨今の台風の大型化による強風対策としても安心し使える。
また、『カーポートST』はこの耐風圧強度に加え、最大200cm相当※の大雪にも耐える業界最高水準の耐積雪強度(※)を兼ね備えており、豪雪地域に対応する。
さらに、屋根と柱のみの最小限の構成で、さまざまな住宅に馴染む『カーポートSC』には木調色を、新たに3色(クリエモカ、チェリーウッド、オーク)ラインアップ。柱や梁、屋根などの形材には、木調色と相性の良いブラック色を設定し、高級感のある空間を演出する。
 
■『カーポートSW』『カーポートST』の特長
1.風に強い 耐風圧強度46m/秒相当※
『カーポートSW』は耐風圧強度46m/秒相当※という業界最高水準の強度を標準で設定。万が一の台風・強風に対しても実力を発揮する。
 
2.雪に強い 耐積雪強度最大200cm 相当※(「カーポートST」のみ)
積雪量は地域によってさまざまで、カーポートに求められる強度も均一ではない。
『カーポートST』は、地域ごとのニーズに応えるために、強度別に3タイプ用意している。
 

3.ファサード空間に快適さとデザインを
折板カーポートならではの直線的で骨太なデザインが、ファサード空間を立体的に演出。
梁や屋根の延長、連結も可能なため、カースペースを十二分に生かすことができ、使い勝手や意匠性も向上する。
 

※数値は目安であり商品保証値ではない。
※屋根への積雪荷重が長時間続くことを考慮した長期荷重設計。
※耐積雪強度・積雪量は比重0.3にて算出

 
 
■『カーポートSC』の特長
1.住宅スタイルと調和するミニマルデザイン
今回発売する木調色も屋根と柱のみの最小限の構成でどんな住宅にも調和する。
アルミを採用した屋根部分は、強度を確保しながら40mmの薄さを実現。
雨樋は屋根と柱に内蔵。
さらに、ネジ・ボルトなどのパーツは表から見えないよう配慮するなど、細部にわたってノイズレスなフォルムを追求している。
 
2.木調色を新たにラインアップ
木調色を新たに3色(クリエモカ、チェリーウッド、オーク)ラインアップ。
柱や梁、屋根などの形材には、木調色と相性の良いブラック色を設定し、高級感のある上質な空間を演出する。
 
3.ライフスタイルにあわせて選べる
木調色は、高強度(1500N)タイプを含め、1台用、2台用から駐輪場(サイクルポート)まで、全ての「カーポートSC」シリーズで展開する。駐車台数や用途に合わせて利用できる。
 
 
 

■問い合わせ先
株式会社LIXIL
https://www.lixil.co.jp/

 

同じカテゴリの新着記事

最新の記事5件

カテゴリ一覧

バックナンバー

の特集記事資料館フィード