建設資材データベーストップ > 話題の新製品 > KL工法

プラスチック鏝を用いた橋梁床版コンクリート仕上げやコンクリート素地仕上げの表層部強化方法である。床版コンクリート打設後の仕上げを、従来の人力による金鏝仕上げから機械式特殊プラスチック鏝に変えた。これにより、コンクリートを十分に加圧できるため表層部が緊密となり、コンクリートの表面強度や防水性が向上するため、耐久性の向上が図れる。 NETIS登録番号KT-200155-A。
 
 
 
 
 
■問い合わせ先
モノリスコーポレーション株式会社
TEL:042-851-4077
https://www.monolith-c.co.jp/

 

同じカテゴリの新着記事

最新の記事5件

カテゴリ一覧

バックナンバー

の特集記事資料館フィード