建設資材データベーストップ > 話題の新製品 > タンクレストイレ『SATIS Sタイプ』 新発売

株式会社LIXIL(本社:東京都江東区、取締役代表執行役社長兼:瀬戸 欣哉)は、INAX タンクレストイレ『SATIS S タイプ』を5年ぶりにフルモデルチェンジして、2021年6月1日より発売する。
 

 
■特長
1. 居心地を追求した座面
トイレ空間の居心地を追求し、従来よりもトイレ本体の横幅を広げ、さらに便座座面をなだらかな形状に変更した。座り心地を追求した便座形状の上に、さらにクッション性の高い取り外し可能な「便座用ソフトパッド」を別売で用意。着座時にかかる衝撃を和らげる効果があり、便座の上に載せるだけで使用でき、はがして水洗いすることも可能。
 
2.使う人に寄り添う細やかな機能
・オート洗浄に「便フタ閉後洗浄モード」搭載
便器洗浄する際に便フタが閉まってから自動で洗浄を開始する「便フタ閉後洗浄モード」を搭載。
 
・目に見えない菌に対する備えを強化
シャワートイレを使用したあとのノズル洗浄に、銀イオン水でしっかり洗浄する「ノズル除菌」を
新たに搭載。しっかりと洗い流すだけでなく、銀イオンの力で除菌をし、菌の繁殖を防ぐ。またシャープ社のプラズマクラスターイオンが便器鉢内のすみずみまで行き渡り効果的に除菌する「鉢内除菌」と合わせることで、トイレを利用しない時も除菌し、目に見えない菌に対する配慮もしている。
 
・「ほのかライト」をスマートリモコンに初採用
便座に座るとスマートリモコン下部がほんのりと5秒間点灯し、リモコンの位置を知らせる。
リモコン周辺の紙巻器も合わせてて照らすことで、紙巻器の位置も分かるため安心。便器鉢内と便器足元を照らす便器本体の「ほのかライト」と INAXトイレ手洗の自動水栓仕様で吐水時に手元を照らす「ほのかライト」を組み合わせて使用することで、部屋の主電源を点灯していなくても入室から退室まで、優しい光が導く。
 
3. 使う人の暮らし方に合わせた、すっきりと広い空間
・建築空間により溶け込み、すっきり広く感じられるデザイン
今回、従来タイプから陶器形状や横から見た時のサイドライン、便フタ接合部分のすき間を極力なくし、よりシンプルにノイズとなる部分を極力減らした。便器部分については、設計・製造に工夫を施し、陶器特有の丸みをなくし、きれいな直線基調を実現している。
 
・壁にすっきり納まるデザインのリモコン
おしり洗浄などの本体操作用リモコンと、温度設定などの設定リモコンの2つに分けることで、リモコン本体を薄く、シンプルなボタン配置にすることができ、壁にすっきり納まるシンプルなデザインと使いやすさを両立した。本体操作用リモコンはボタンを最小限にしたシンプルデザインで、厚さを従来品よりも約20%も薄くしている。設定リモコンは本体トップカバー内に収納しており、設定時は取り出して使用する。
また、また、スティック形状の「スマートリモコン」は、よりスタイリッシュになった。
 
 

※2021年4月現在(LIXIL調べ):便器前出寸法(シャワートイレ一体型便器)において
 
 
 

■問い合わせ先
株式会社LIXIL
https://www.lixil.co.jp/

 

同じカテゴリの新着記事

最新の記事5件

カテゴリ一覧

バックナンバー

の特集記事資料館フィード