建設資材データベーストップ > 話題の新製品 > 工事現場で飛散する金属片や飛沫などを防御する業界初の簡易型ポリカーボネート(PC)製フロントプロテクター『SHEED(シード)』など2製品同時発売

尼崎重機株式会社(本社:兵庫県尼崎市、代表取締役会長:山本 新太郎)は、『BORG 2.0(ボーグ2.0)』『SHEED(シード)』の2製品を同時発売する。
 

 
■商品開発の背景
1.『BORG 2.0(ボーグ2.0)』(ポリカーボネート(PC)製シリンダーガード)
作業員が簡単に交換でき、リサイクルにも対応した樹脂製のシリンダーガードである初期型「BORG(ボーグ)」の素材を、格段に高い強度と耐久性を持つポリカーボネート(PC)に改良した。
これにより、初期型よりも油圧シリンダーを保護する能力を高め、輸送時の風圧への耐久性も強化するなど、安心、安全と環境への配慮をより鮮明にした。
 
2.『SHEED(シード)』(ポリカーボネート(PC)製キャビンプロテクター)
厚生労働省により、運転室のない解体用機械は、現場において使用が禁止され、物体の飛来等による危険防止処置を講じなければならないという、国による規則が策定されたことが開発のきっかけとなった。
網型や柵型のプロテクターでは防ぎきれなかった、小さな鉄片やコンクリートの破片、作動油吹き出しなどから「SHEED(シード)」のポリカーボネート(PC)製透明樹脂パネルはオペレーターをしっかりと守る。
 
■商品の特長
1.『BORG 2.0(ボーグ2.0)』(ポリカーボネート(PC)製シリンダーガード)
素材のHDPE製(高密度ポリエチレン)を改め、ポリカーボネート(PC)を素材として採用し、工事現場や輸送時の耐久性を、初期型と比較し大幅に向上。初期型の金型に新たな工夫を盛り込み、基本的形状および取り付け方法は同様に大量生産が容易に行え、非常に安価に提供することが可能。
また極めて軽量かつシンプルにデザインされているため、万一破損した場合でも現場において、作業員1人でボルト、ナット2セットだけで簡単に交換が可能。
 
2.『SHEED(シード)』(ポリカーボネート(PC)製キャビンプロテクター)
工事現場での取り付け取り外しが簡単に行えることも考慮した設計で、本体フレームをミニショベルの手すりに六角ボルト、ナットとクリップで取り付け、そのフレームに、透明ポリカーボネート(PC)製プロテクターをボルトで固定するだけで装着完了。
さらに、炎天下での工事における照りかえし等に対応したサングラス型ポリカーボネート(PC)製プロテクターや、大きな瓦礫等が飛散する現場に対応できる金属製網型プロテクターをPC製プロテクターに重ねて取り付ける、3通りのパターンが可能。
本体フレームおよび、PC製プロテクターは、作業員一人、数分で脱着できるシンプルな構成になっており、また、プロテクターの素材は機動隊や警備会社の防護盾にも採用されているポリカーボネート(PC)製であり、飛散物からの防御効果が非常に高い。
加えて、従来の金属製網型、柵型と比較して低価格を実現した。
 
 
■問い合わせ先
尼崎重機株式会社
http://www.amajyu.co.jp

 

同じカテゴリの新着記事

最新の記事5件

カテゴリ一覧

バックナンバー

の特集記事資料館フィード