建設資材データベーストップ > 話題の新製品 > 遠隔監視を行えるモバイルモニタリングキューブカメラ『M-Cube』の提供を開始

株式会社イーエスエス(本社:東京都文京区、代表取締役:高杉朋仁)は、離れていても現場が見えるモバイルモニタリングキューブカメラ『M-Cube』の提供を開始した。
パナソニックi-PRO(アイプロ)センシングソリューションズ株式会社(本社:福岡県福岡市、代表取締役社長:尾崎祥平)が提供するクラウド型モニタリング・録画サービス「みえますねっと」を活用し、離れていてもカメラ映像で現場を見ることができる。
 
M-Cube
 
■概要
モバイルモニタリングキューブカメラM-Cubeは、設置して電源を入れるだけですぐに使用ができる通信端末内蔵型のモバイルモニタリングキューブカメラである。
クランプ付きで単管に設置してAC100Vにつなげるだけで利用が開始でき、レンタル費用は使った日数分だけ、基本料は無しの日割り価格(※)。
カメラもパナソニックi-PRO製の可動タイプ、全方位タイプ、固定タイプをラインナップし、従来機種に比べて大幅に小型軽量化し、より現場に合わせた柔軟な運用が可能になった。
 
今回、クラウド型モニタリング・録画サービス「みえますねっと」がサポートし、現場から離れていてもブラウザや専用アプリを使用して、手軽に映像を確認することができるようになった。
「みえますねっと」はパナソニックi-PROのカメラに最適化されたクラウドサービスである。
 
※14日保証金額設定。15日目から日割り料金が加算される。
 
 
■問い合わせ先
株式会社イーエスエス
https://www.eyes-sec.co.jp/

 

同じカテゴリの新着記事

最新の記事5件

カテゴリ一覧

バックナンバー

の特集記事資料館フィード