建設資材データベーストップ > 話題の新製品 > 業務のワークフローを促進 シリーズ最上位商品『SketchUp Studio』をリリース

株式会社アルファコックス(本社:東京都世田谷区、CEO:廣瀬 繫伸)は3Dモデリングソフト『SketchUp Studio』を発売した。
 
SketchUp Studio
 
■概要
『SketchUp Studio』は、米Trimble社が開発しているモデリングソフトSketchUp Proに、点群データをインポートし3Dモデルと点群の合成や、点群を元にしたモデリングが可能。
「Scan Essentials」というプラグインソフトと、高解像度のフォトリアルレンダリングソフト「V-Ray 5」がバンドルされた建築、エンジニアリング、建設、土木、コンサルタント業向けの最上位シリーズとなり、以下のアプリケーション、サービスが同梱される(Windows64bitのみ対応。MacのBootcampは動作保証外) 。
 
・SketchUp Pro(3Dモデリングソフト)
・Scan Essentials(点群処理ソフト)
・V-Ray 5 for SketchUp(レンダリングソフト)
・LayOut(2Dドキュメントソフト)
・Style Builder(オリジナルエッジ適用ソフト)
・Trimble Connect(クラウド型コラボレーションツール.<データ容量無制限>)
・SketchUp Viewer for Moblile(iOS、Android対応モバイル対応ビューア)
・SketchUp Viewer for XR(AR/VR)
 
■Scan Essentialsの主な機能
・インポートした点群で直接モデル化。
・ポイントクラウドマネージャー機能で色や透明度を調整。
・モデルと点群を比較し、検査ツールでモデルの精度を確認。
・クリッピングボックス機能で点群を範囲選択し、効率よく3Dモデル化が可能。
・フィールド内すべてのスキャンデータと3Dモデルを同時に表示。
・点群データの断面作成
・回転、移動ツールで点群データを任意の位置に配置。
・LayOutに直接エクスポートして、点群データを2Dでドキュメント化。
 
■V-Ray 5の主な機能
・複数カメラアングルのイメージ生成
・360°パノラマ画像の出力
・Light Mixで安易にライティング調整が可能
・3D素材ライブラリー「Chaos Cosmos」の利用
・クラウドレンダリングサービス「Chaos Cloud」の利用※
 
※「Chaos Cloud」を利用する場合Chaosクレジットが必要。
 
 
■問い合わせ先
株式会社アルファコックス
https://www.alphacox.com/

 

同じカテゴリの新着記事

最新の記事5件

カテゴリ一覧

バックナンバー

の特集記事資料館フィード