建設資材データベーストップ > 話題の新製品 > 「不動産会社×施工会社」グループ会社間の取引情報を一元化

株式会社ダイテック(本社:東京都中央区、代表取締役社長:野村明憲)は、基幹業務システム『注文分譲クラウドDX』『グループ会社間連携』機能を、2021年8月より標準搭載する。
 
「不動産会社×施工会社」グループ会社間の取引情報を一元化
 
■開発の背景
『注文分譲クラウドDX』は、見込み客管理から商談・契約・実行予算・発注・査定・支払・アフターまで、住宅会社に必要とされる業務をクラウド上で一貫処理できるサービスである。
今回は分譲住宅の計画・施工・販売をグループで手掛けられるよう、『グループ会社間連携』機能を標準機能として搭載することとした。
 
■機能概要
『グループ会社間連携』機能では、グループ会社間で発生する見積のやり取りや受発注、請求/支払など、発注側と請負側で必要となる情報を一元的に管理することが可能になる。
また、会社間で発生する多重入力・管理などの業務ロスが大幅に削減されるため、グループ全体の効率化にもつながる。
 
 
■問い合わせ先
株式会社ダイテック
https://www.kensetsu-cloud.jp/

 

同じカテゴリの新着記事

最新の記事5件

カテゴリ一覧

バックナンバー

の特集記事資料館フィード