建設資材データベーストップ > 話題の新製品 > AIによって生み出された壁紙「NO.100」をリリース

野原ホールディングス株式会社(本社:東京都新宿区、代表取締役社長:野原弘輔)は、ピクシーダストテクノロジーズ株式会社(本社:東京都千代田区、CEO:落合陽一、以下 PxD)と共同で、「WhO(フー)」ブランドからAIを活用した壁紙の新柄を発売した。
 
AIによって生み出された壁紙「NO.100」をリリース
 
■AIによる壁紙
トレンドに則してデザインすることが一般的なインテリア業界における新たなデザインアプローチとして、PxDTの開発したデザイン生成技術「DeepWear」を用いた。
深層学習(AI)により、WhOの既存品番1,000点から100点が自動生成。
そしてその中から、オリジナリティある一点を選定した、PATTERNSシリーズの節目となる100品番目を飾る新柄がリリース。
自動生成された100点の中から選ばれたデザインは、学習した個々の特徴が複雑に組み合わされ、人の手ではなかなか再現しづらい、AIらしいデザインとなった。
 
■商品概要
商品名:NO.100
品 番:P100 A – J
カラー:10色
価 格:3,600円/m
    4,000円/m2
 
■DeepWear™ とは
筑波大学准教授の落合陽一氏が代表取締役CEOを務めるピクシーダストテクノロジーズ株式会社が展開する「機械がつくる人間には提案できないデザイン」をコンセプトに次々と新しいデザインを自動で生み出すAI システム。
深層学習を用いる事により、洗練されたデザインを大量かつ高速に生成することを可能とした。
 
■WhO(フー)とは
『WhO』は、より美しく、より愛され、より良い空間を目指した、新しい表現を模索する人のための壁紙ブランドである。
日本における壁紙の可能性を広げながら、日本の住まいや空間に適した、日本人の感性にあうデザインの壁紙を提供している。
 
 
■問い合わせ先
野原ホールディングス株式会社
https://nohara-inc.co.jp/

 

同じカテゴリの新着記事

最新の記事5件

カテゴリ一覧

バックナンバー

の特集記事資料館フィード