建設資材データベーストップ > 話題の新製品 > ファサードエクステリア『みられ』 バリエーション拡充

三協立山株式会社・三協アルミ社(本社:富山県高岡市、社長:西 孝博)は、ファサードエクステリア『みられ』のバリエーションを拡充した。
 
ファサードエクステリア「みられ」 バリエーション拡充
 
■概要
『みられ』は、昨年3月発売以来、リアルに再現した湿式工法壁の質感と高級感が好評な乾式工法壁である。
今回は、裏面に壁材と比較し、アルミ壁材を組み合わせた「シングルタイプ」や、高さ2200mmサイズを追加設定した、裏面意匠を求めない施工プランやハイクローズスタイルのコーディネートなど、設置場所や好みに合わせて選べるバリエーションを拡充した。
 
■商品の特長
・「シングルタイプ」の追加設定
建物の壁面に隣接して設置する場合や、裏面意匠を求めない施工プランに最適。
アルミ壁材は、サンシルバー、アーバングレー、ブラックの3色から選ぶことができる。
 
・門袖壁タイプと目隠し壁タイプに「高さ2200mm」サイズを追加設定
高尺の門扉や門柱と併せて設置することで、ハイクローズスタイルの外構をコーディネートすることができる。
 
 
■問い合わせ先
三協立山株式会社 三協アルミ社
https://alumi.st-grp.co.jp/index.html

 

同じカテゴリの新着記事

最新の記事5件

カテゴリ一覧

バックナンバー

の特集記事資料館フィード