建設資材データベーストップ > 話題の新製品 > 防火 遮煙機能に遮炎機能を加えたエレベータ用防火設備発売

ノハラガードシステムは、従来の遮煙機能に加え、遮炎機能も発揮する「スモークガード ?型」を発売した。火災時には、「煙突効果」により、エレベーターシャフトのようなたて穴区画を煙が毎秒3〜5mのスピードで避難時間のかかる上層階へ向かうという。「スモークガード」は、火災時の煙や炎を遮断するエレベーターシャフト用防火設備として?型(マグネット式)、?型(シャッター式)が開発されていたが、このほど?型と?型の機能を併せ持った?型を開発、発売した。加熱膨張材の発砲による高遮熱性と形状記憶合金の変形を併用、火災時のマグネット磁力低下をカバーしたもの。
 


■問い合わせ先
 ノハラガードシステム
 TEL 03-3357-2531 FAX 03-3357-2573
http://www.guardsystem.com/


 

 

同じカテゴリの新着記事

最新の記事5件

カテゴリ一覧

バックナンバー

の特集記事資料館フィード